日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.11.25 Sun
里見公園~小さな旅
休日出勤が二日続いたので、心身が解放を求めている。

そこで、自転車による「小さな旅」を思いついた。

基本的には、江戸川土手サイクリングロードを20キロほどをゆったりと回るというもの。
水元公園の桜土手から、江戸川右岸土手に出て、サイクリングロードを市川橋の手前まで走って、京成江戸川駅前のフレンチレストランで昼食。
市川橋を渡って、今度は、江戸川左岸土手のサイクリングロードに乗り、里見公園内をしばし散策。
その後、新葛飾橋を渡って、帰ってくるというコース。

デルタ同盟の掲示板に同行者を募ると、やまびこさんからメールあり。
フレンチレストランで落ち合うことに。

秋晴れの暖かい日和なので、水元公園も、江戸川土手も、河川敷も、たくさんの人が散歩を楽しんでいる。

江戸川土手に出て、江戸川が緑の中を蛇行する雄大な風景を見ると、いつも、心がのびやかになる。
土手道では、最近の健康診断で引っかかったのだろうか、苦しみで顔を歪ませてジョギングしているオジサン。
時速40キロ近くで後から風のようにわれわれを抜き去って行くロードレーサーに乗った自転車ライダー。
犬を連れて、のんびりと散歩をするオバサン。
みんなが、この好天の川筋を通り過ぎていく・・・。

目当てのフレンチレストランに到着。
しか~し、何と、開店していない。
電話をしても、店の中でむなしくベルが鳴るだけで、誰も出ない。

そうこうしているうちに、やまびこさんたちも到着。

結局、スーパーで、おにぎりやビールを買って、里見公園で食べようという「名案」が浮かぶ。
さっそく食料を買い込んで、出発。

市川橋を渡り、市川側の自転車道に出る。
すぐに、市川の関所跡に出会う。
市川関所

江戸時代までは、小岩から市川に渡ると、この関所を抜けなければならなかったわけだ。
関所跡

国府台下の自転車道は、素晴らしい。
左にはすぐ川が広がり、右には緑の崖がそそり立つ。
古来、景勝の地として有名な国府台。
その名残は、確かに今も健在である。
里見紅葉

その後、紅葉の里見公園へ。
園内の木製テーブルで、乾杯。
やっと、昼食にありつけた・・・。
071125_1252~01.jpg

大和政権時代から、この近傍に国府(こくふ)と国分寺が築かれ、当時の関東地方における権力の中心だったところ。
前に(江戸)川を控え、低地に突き出た台地の突端であったため、弥生時代から江戸時代まで、様々な勢力が城や陣地を置いていた。

ちなみに、幕末の頃、西軍(新政府軍)内部には、この国府台一帯に拠点を置くという案もあったほどである。
つまり、江戸が無血開城されなかった場合、ここに陣地を築いて、江戸川を境に東軍と対峙するという案で、房総の広大な穀倉地帯と利根川水系の水運を頼みに、江戸城を攻略しようというものだったという。
もしこの「江戸戦争」がおこなわれていれば、江東はおろか、江戸全体が火の海になったはずである。
しかし、実際には、江戸は無血開城され、逆に退却する東軍が一時ここに陣を敷くことになた。

凹凸が多いこの公園は、たとえば、水元公園とは大分趣が違う。
数々の戦(いくさ)の舞台となったため、多くの戦士の血を吸い込んだ土地であるからか、その暗い雰囲気と相まって、何となく気味の悪い場所である。
里見家の武将たちが埋葬されたという場所には、「泣き石」なるものがあって、夜になると、無念のすすり泣きの声がするという。
071125_1333~01.jpg

その後、この鬱蒼たる常緑樹に被われた国府台の森から、江戸川河川敷に降りると、急に明るく開けた感じになり、不思議な開放感がある。
やはり、里見公園には、やはり、何か暗い呪縛のようなものがあるように思う。
071125_1217~01.jpg

(里見公園内に移築された北原白秋旧居)
----------------------
本日の走行距離:18キロ
今月の積算走行距離:385キロ
----------------------
----------------------
朝食:コーヒー+トースト(家)
昼食:おにぎり+揚げ物類+漬け物等(里見公園)
夕食:金目鯛の煮付+桜海老としらす+温野菜のサラダ(家)
----------------------

   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/47-736c36ab

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。