日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.12.24 Thu
人間と自転車を「ドック」する~バーテープ交換
今日は、待ちに待った(まさか?)「人間ドック」の日である。
「人間ドック」という言葉も、ハローワークやオドイーター(消臭剤)と同じように嫌な言葉である。
どうして、たとえば、「精密健康診断」などという言い方にしなかったのだろうか。
そもそもが日本語でも言える言葉を無理矢理に英語を使った場合、常に嘘っぽさと嫌らしさがつきまとう・・・。

今年は、職場の健康診断期間に自転車事故に遭ってしまい、受診できなかったので、こうして人間ドックに入る運びとなった。

夕べは、酒を断って、今朝は、水さえも飲んではならない。
空腹と渇きを我慢しながら、早朝、クロスバイクで出かける。

ドックを受ける病院は、職場と同じ駿河台にあるので、いつもの経路を走る。

今日は、久々に桜橋を渡ってみる。
隅田川のこのあたりは、右岸(西岸)よりも左岸(東岸)の方が走りやすいので、桜橋を渡ることは少ない。

IMG_3533.jpg
(桜橋から下流を見る・向こうに見える橋が言問橋)

IMG_3534.jpg
(桜橋から上流を見る・向こうに見える橋が白髭橋)

私が受診する病院は、駿河台の明大通り沿いにある、元は「大久保彦左衛門 屋敷跡」に建っている病院である。

IMG_3535.jpg
(「大久保彦左衛門 屋敷跡」)

私は、喉の渇きを感じながら、一連の診断を受診した。
まるで、宇宙飛行士の訓練のような胃袋の検査では、あまりに喉が渇いていたものだから、出されたバリウムを飲み干すや、「う~ん、マズイ!、もう一杯!」というような心境だった。
そして、検診も、午前中で何とか終了。

さっそく水をがぶがぶ飲んで、近くの立ち食い蕎麦屋(「小諸蕎麦」)でたぬき蕎麦を食べる。
まだ早い時間だったが、今日ばかりは、早く帰りたい一心で、帰途に着く。

家に着いて、朝飲めなかったコーヒーを飲んで、一息つく。

約1週間後に迫った新年を迎えるに、人間も「ドック」したのだから、自転車も「ドック」した方がいい(「ドックする」というサ行変格活用はたぶん、日本語の正しい用法ではないので、真似はしないで下さい)のではないかと思いついた。

そうだ、ロードバイクの汚くなったバーテープを換えてやろうではないか。
大分、ばばっちくなって、換えてやらないと、自転車に文句を言われそうである。

IMG_3537.jpg
(汚くなったバーテープ・1年ぐらい使用)

ただ、バーテープの交換の仕方そのものは、私などがうんぬんするよりも、以下のようなページを参考にするのがよい。

http://www.cb-asahi.co.jp/html/size/bartape/index.html

私が普通とやや違っているのは、緩衝材を巻き込むことぐらいである。
緩衝材をわざわざ巻き込むのは、私はクッション付の自転車専用の手袋を使用せずに、100ショップダイソーの手袋を使用するからで、その理由は、自転車専用の手袋は馬鹿みたいに高いからである。
バーテープに巻き込む緩衝シートは、専用の物も売っていたり、東急ハンズのソルボセインシートなるものを巻き込むのが定番であるが、これまた馬鹿みたいに高いので、ダイソーの「EVAボード」(厚さ2ミリ)を利用している(もちろん、100円)。

IMG_3536.jpg
(ダイソーの「EVAボード」とこれから巻くDIXNAのロードバーテープ茶色)



(ゴルフのグリップ素材を使用したDIXNAのロードバーテープ・吸い付くようなフィット感が気に入っている)

まず、古いバーテープをすっかり剥がす。

IMG_3538.jpg
(バーテープが剥がされた状態)

この状態で、STIの位置などを確認して補整する。
今回の場合、何回も転倒したり、ぶつけたりしたものだから、左のSTIが右に較べて1センチぐらい下がっていたのには驚いた(鈍感な私)。

それから、振動を受け止めそうな箇所に、上記緩衝材「EVAボード」をハサミで適当なサイズに切り分けて、ビニールテープで留める。

IMG_3539.jpg
(緩衝材「EVAボード」を巻く)

その上から、新しいバーテープを巻けば、出来上がり。
緩衝材が内側にあるので、バーテープはやや巻きにくいだろう。

IMG_3540.jpg
(新しいバーテープは、色違いの同製品)

新しいバーテープは、薄茶色を選んでみたが、結果としては、あまりマッチしてない感じかなあ。
次は、やはり、赤か黒にしよう。

走行距離:37キロ(クロスバイク+6速ママチャリ)

自転車    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
教科書にします。 Posted by nebaneba
断腸亭髭爺 さま
バーテープの交換の仕方ご教授ありがとうございました。
まだ私自身で交換した事がありません。
茶色も渋くていいじゃないですか
2009.12.26 Sat 06:22 URL [ Edit ]
決して良い手本ではありません Posted by 断腸亭髭爺
nebanebaさん

変速機をいじるのは好きですが、それ以外のブレーキやバーテープは苦手です。

でも、バーテープは、ネクタイと似ていて、物によって、自転車全体の雰囲気がガラッと変わるのが楽しいですね。

私は、良い手本には到底なりませんが、是非、やってみて下さい。
失敗したら、またすぐ換えればよいだけの話なので・・・。
2009.12.26 Sat 08:04 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/454-c3f0d65f

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。