日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.12.02 Wed
冬に慣れねば・・・
朝まだき、暗い内に、家を出る。
上半身は、(ユニクロの)ヒートテックと長袖ジャージとウインドブレーカーという出で立ちで出発するも、寒くて歯ががたがた鳴りだす。
しまった!もう一枚持って来るんだった。
秋冬用のレーパンも、そろそろ、上から何かもう一枚はかないと寒いなあ。

まだ、冬であることに心身が「慣れて」いないので、どうも、どの程度の物を着て出かければいいのか分からない。
今後は、大事をとって、予備の防寒着を備えることにしよう。

浅草あたりで、完全に夜が明ける。
身体も温まってきたので、寒さもあまり感じなくなったが、身体が冷え切っていたので、熱い缶コーヒーを買って、隅田川土手で休憩。

200912020637000.jpg
(早朝の隅田川土手・桜並木の葉もほとんど落ちてしまった)

今日の職場は、杉並区の永福で、片道約30キロ。
浅草で、ちょうど3分の1、四谷あたりで、3分の2ぐらいを走ったことになる。
通勤時は、10キロごとに小休止(or食事orトイレ)を取ることにしているので、隅田川土手と新宿御苑あたりで、休憩することが多い。
2回目の休憩を取った新宿御苑では、陽が差してきて、ちょっと暑いぐらいであった。

夜8時過ぎに、業務終了。

自転車にまたがると、やはり最初は寒いけど、朝ほど気温が低くないので、新宿で、ウインドブレーカーを脱いでリュックにしまう。

夜の国道20号線(甲州街道)は、まるで戦争のようで恐ろしい。
とりわけ、新宿駅のあたりでは、客を拾うために、タクシーが急に路肩に寄ってきたり、バイクが後からすれすれに追い抜いてゆくので、一瞬も気が抜けない。
また、新宿通り(国道20号線)は、左折専用レーンが多いので、交差点の直前で、直進レーンに移動するのが結構大変である。

それでも、竹橋ジャンクションから東に下る坂を降りると、クルマはぐんと少なくなる。
都市の空洞化現象のためであろうか。

この坂を下るのは、大変に気持ちがよい。
武蔵野台地の東端にあるこの坂を下りきると、竹橋交差点に出るわけだが、徳川幕府が江戸に開幕した頃は、竹橋あたりが陸と海との境だったので、このあたりから葛飾までは、ずっと低地である。
江戸初期には、たぶん、この坂のあたりは雑木林に被われていて、その下には葦原が広がって、さらに海に通じていたのであろう。

自転車で走ると、時として、その場所の原風景まで感じることができるのがありがたい。

途中、立ち食い蕎麦屋(「小諸」)で、遅めの夕食をすます。

夜の隅田川が美しかった。

IMG_3397.jpg
(隅田川夜景)

走行距離:60キロ(クロス)

小さな旅(自転車)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/435-dcdbdf68

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。