日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.11.21 Sat
迷宮体験~「八か村落し親水緑道」の末路
私の住む葛飾区は、東京都の北東の端っこにある。
しかも、私の住む水元は、その葛飾区の中でも、北東の一番端っこにある。
北は埼玉県、東は千葉県と接している。

因みに、私の故郷である銚子は、江戸時代の歌人古帳庵をして、こう詠ましめた

ほととぎす 銚子は国の とっぱずれ 

だからなのか、私にとって、生来、端っこは居心地がよいのかもしれない。

それはさておいて、葛飾区には、江戸川、中川、荒川という比較的大きな川がほぼ南北に流れている。
なので、自転車で南北方向に移動するときは、これらの川筋を走ればよいので至極便利である。
自転車は、川筋の道、ないしは、川筋と平行して通る道を走るのに適した乗り物だからである。

ところが、こうした地理的傾向(高低差)から、葛飾区周辺には、東西に流れる河川が少ないので、東西に移動しようと思うと、途端に難儀する場合が多い。

たとえば、以前、石神井公園(練馬区)に用事があって、自転車で出かけたことがある。
何と言っても一番簡単で早いのは、飯塚橋(中川)を渡って、大谷田陸橋から環七をず~っと西進することなのだが、いかんせん、環七という道路は、自転車にとっては、たぶん、日本で一番走りにくい地獄道なのではないか。

クルマの交通量は、四六時中、殺人的に多いし、路肩も狭い。
しかも、足立区内の環七は、何本もの鉄道を飛び越えるために陸橋が架かっているのだが、そのいくつかは自転車通行禁止なので、自転車を押して歩道を上がったり下がったり、でなければ、踏切を探して迂回したりしなければならない。

だから、私は、多少大回りにはなるが、中川橋を渡って、亀有から旧水戸街道を西進して小菅付近に出て、そこから荒川筋に出る経路を長らく使ってきたが、これとて、走っていてあまり楽しい道ではない。
結構交通量も多いので、クルマに追い立てられている感じがつきまとう。

そこで、今日は、飯塚橋から小菅・梅田付近への、走っていて楽しい抜け道を探しに出かけた。
くねくねの路地を走ることを予想して、クロスバイクに乗って出発。

飯塚橋(葛飾から足立へ)を渡って、中川公園外周を縁取るように付いている遊歩道沿いに時計回りに回り込むと、環七にぶつかる。

環七を渡って、「中川緑道」という看板のある道を西に入ると、こんな立派な看板が建っていた。

IMG_3334.jpg
(「八か村落し親水緑道」の地図)

八か村落し親水緑道」というのは、これまでにもたまに地図などで目にしたことはあったのだが、このように体系的に示された地図を見たのは初めてで、頭の中がすっきりした感じがした。

「八か村落し親水緑道」は、「八ヶ村落堀」という江戸時代に掘られた用水路を緑道化整備したもので、上の地図によると、十字に交差するような形をしているらしい。
しかも、南北に流れる方の水路は、葛西用水の東を平行して流れている。

私は、東西に延びる緑道を西進してみることにした。

だが、緑道らしいのはほんの数十メートルで、すぐに葛西用水と交差して、クルマも走れる普通の一般道になってしまう。

IMG_3335.jpg
(横切る赤茶色の道路が「八か村落し親水緑道」。正面が「葛西用水」)

ここからさらに行くと、完全な一般道になってしまうけど、道の南側には、細い水路がついていた。

IMG_3337.jpg
(一般道としての「緑道」には細い水路がついている)

また、路傍には、こんな説明板がある。

IMG_3336.jpg
(「八か村落し親水緑道」の説明板と地図・右奥に見える並木道は葛西用水)

金属板に描かれた地図は、実に詳細なものであるが、小さくて見にくい。
目をこらしてよく見ると、この「緑道」をずっと西進すれば、小菅付近に出るようである。

とにかくまっすぐ走ってみようと道なりに走っていって、交差する道を渡ると、クルマ止めが現れて、道は突然細くなって、歩道になっていまう。

IMG_3340.jpg
(突然、歩道になってしまった「緑道」)

おお、これはこれでいい感じだなあと思いながらちょっとだけ進んでいくと、急に趣のある道になる。

IMG_3341.jpg
(趣のある道になる)

ところが、この道は、そのまま大きめの児童公園に吸い込まれて、姿を消してしまったではないか。

IMG_3342.jpg
(「緑道」は、公園の池となって消滅)

あたりに何か、案内板らしきものはないかと探してみたが、見つからないので、公園の脇に東西にまっすぐついている道を、とにかく西進してみることにした。

すると、細長い公園と交差した。
そうか、「東綾瀬公園」だな。
この公園には、別のルートで何回も来たことがあったので、すぐに分かった。
同時に、今どのあたりにいるのかも分かって、ちょっと嬉しい。

IMG_3343.jpg
(交差した「東綾瀬公園」)

さらに、西へと走り続けると、またしても、「東綾瀬公園」と交差した。
そうなのだ、この公園は、U字型をしているので、東西に突っ切ると、2度は交差することになるので、珍現象ではない。

IMG_3344.jpg
(2度目に交差した「東綾瀬公園」)

しかし、この2度目の交差の後、道は、職業訓練所の敷地にぶつかって消滅してしまった。

もはや、この時点で、いったい自分が「八か村落し親水緑道」の跡を進んできたのかどうかさえ怪しくなってきて、とにかく、方位磁石を手がかりに西へ西へと走るしかなくなった。

道が途絶する度に、違う道に乗り換えて、とにかく西へ進むと、目の前に堤防と橋が現れたので、その橋を渡る。
案の定、綾瀬川であった。

IMG_3345.jpg
(綾瀬川を渡る)

綾瀬川は、もっと南に行くと、荒川(放水路)と並んで流れるようになるが、このあたりでは、「一人ぼっち」で流れている。

まあ、このまま西へ走れば、いつかは荒川と逢着するはずだと、さらに西へ進む。
この時点で、既に「緑道」追跡のことは完全に忘れていた。

しかし、この後が大変だった。
行く道行く道がぶつぶつと途切れ、袋小路だらけ。
梅田(足立区)付近の迷路地帯に迷い込んで、あっちに行ったり、こっちに行ったり。
梅田の住宅街界隈は、世田谷や、市川の真間や、葛飾の堀切や四つ木の住宅街に匹敵するラビリンス(迷宮)で、方位磁石がなければ、簡単には抜け出すことができないであろう。

やっとのことで、迷路を抜け出して、荒川の土手らしきものが見えてきた時には、本当にホッとした。
土手を上がって、いったいどのあたりかを確認すると、西新井橋付近で、友人のびんなんさんが住んでいる近くだった。

IMG_3346.jpg
(荒川土手・「西新井橋」付近)

びんなんさんの家を訪ねてみようかとも思ったが、あまりに突然の訪問は憚られたし、昼までには家に戻りたかったので、そのまま荒川サイクリングロード(左岸)→堀切橋経由で、いったん帰宅することにした。

やれやれという感じで、帰宅して、すぐに、呑ちゃんと一緒に水元公園に繰り出す。
水元公園は、晩秋の気配を深めて、紅葉している木々もあった。

IMG_3347.jpg
(水元公園の紅葉)

IMG_3348.jpg
(水元公園水辺)

水辺を散策していると、釣りをしているオジサンがいたので、話をする。
今日は、あまり釣果があがっていないとのこと。
バケツの小魚を掌(て)で掬い上げて、子どものように嬉しそうに見せてくれた。

IMG_3351.jpg
(釣果の小魚)

これらの魚や小エビは、食べるのではなくて、家の水槽で飼うのだという。
食いしん坊の私は、ちょっとモッタイナイなあと思ったりする。

空腹が極限まで達したので、洋食屋の「NAKAMURA」(水元)で昼食。
私は、魚介類のフライを食べた。

IMG_3353.jpg
(洋風料理「NAKAMURA」)

その後、私は、一人で、水元公園・三郷公園を周遊して、やっとすっきりした気持ちで帰ることができた。

IMG_3355.jpg
(水元公園・晩秋の林)

走行距離:44キロ(新クロスバイク)

小さな旅(自転車)    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
道路予算。 Posted by しゃあ あずなぶる
ぶつ切り道路はいけませんね。

エコを政策とするなら、自転車専用道路を作って欲しいです。
ボクはクルマばかり乗っていますが、お互いの安全を考えれば必要でしょう。
田舎にタヌキしか通らない道路は要りませんが、
クルマの多い都市部には是非、作って欲しいものです。
2009.11.23 Mon 10:58 URL [ Edit ]
足立区は鬼門です Posted by 断腸亭髭爺
足立のしゃあさん

以前、スカイラークに行った時の、舎人からのルート、今度、地図上で教えて下さい。

あれは、なかなか良いルートだったと思います。

私にとって、足立区は鬼門です。
2009.11.23 Mon 22:14 URL [ Edit ]
Posted by 屋根付き橋少年
断腸亭髭爺様  屋根付き橋少年です。
MY HP アクセス有難うございました。最近は1:上越市2か所。山梨県2か所 930km。2:安曇野市、弥彦村、石川県白山市 計4か所 960km。3:浜松市、南足柄市、横浜市、茨城筑波山神社 計4か所 1090km巡って来ました。後当面所在が分かっている所福岡県、松江市、丹波市、三郷市、東京晴海、長浜市、黒部ダム等7か所です。屋根付き橋の写真確認、所在地、訪問の走行計画等現地訪問、まとめと相当ボリュームがあります。橋だけではなくお城(128か所の天守閣訪問済み)、灯台:45か所訪問済み、海に架かる橋:40か所訪問済み、路面電車:19か所訪問済み、
屋根付き橋:113か所訪問済み、高さ100m以上のタワー:24か所訪問済み等など色々セットにして今も巡っています。 断腸亭髭爺様のブログ拝見させて頂いていますがサイクリングという行動の素晴らしさ、ブログの内容の素晴らしさにはただただ頭が下がり敬意を表します。今後も健康に留意されて安全サイクリング エンジョイして下さい。 屋根付き橋少年
2009.11.25 Wed 14:25 URL [ Edit ]
恐縮です Posted by 断腸亭髭爺
屋根付き少年さん
http://www.geocities.jp/yanetsukibashi2/

過分なるお褒めの言葉にあずかり、恐縮しております。
ありがとうございます。
お言葉通り、健康(事故を含む)には十分気をつけながら、あちこちを走りたいと存じます。

屋根付き橋だけではなくて、様々なアイテムにも、挑戦なさっていること、HPでも拝見して、驚いてました。

押上の新東京タワー完成の暁にもいらっしゃるんでしょうね。
どこかでお会いできることを楽しみにしております。
2009.11.25 Wed 17:34 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/426-2a8ce975

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。