日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.11.18 Wed
自転車通勤本格再開~事故後の快復状況
始業前に、職場(今日は杉並区の方)でやらなければならないことが山ほどあったので、夜明け前に出発することにした(新クロスバイク)。

秋冬用のレーパンに、長袖のジャージーを着て暗闇の中を走り始める。
自転車で走るとき、初めはちょっと寒いぐらいがちょうど良い。
20分もペダルを漕いでいると、だんだん身体が温まってきて、汗ばんでくるからだ。

ただ、去年もそうだったけど、冬に向かう季節には、その「ちょっと寒いぐらい」というのが、いったいどのぐらいの「塩梅」なのか忘れてしまって、結局、寒くて仕方がないので、四ツ木橋で、リュックからウインドブレーカー(防風衣)を取り出して着込む。

IMG_3320.jpg
(夜明け前の四ツ木橋・国道6号線)

夜中、雨が降っていたようで、路面はじっとりと濡れていて、滑らないように注意して走る。
早朝だというのに、今朝はクルマの量が多いように感じた。

腹が減ったので、向島の100円ローソンでおにぎりとサンドイッチを買うが、まだ真っ暗だし、ベンチもびしゃびしゃなので、隅田川の土手で食べるのはやめて、少し明るくなってから食べることにする。

浅草橋を過ぎたあたりで、夜が白みはじめる。
白山通りから平河門に出て、江戸城趾の堀端で朝食とする。
温かい飲み物が恋しいなあ。

IMG_3321.jpg
(平河門を臨む小公園で朝食)

内堀通りから新宿通り(甲州街道)を走って、職場に到着。
しかし、時間が早すぎたのか、まだ門が閉まっている。
守衛さんに声をかけて、開けてもらう。

ヘルメット・レーパン・ジャージ姿の私を見て、守衛さんは、「いったい、あんたは何者ですか」という、いかにも誰何(すいか)した気な顔をしている。
メガネをはずしてヘルメットを脱ぐと、やっと私の面(メン)を認識したようで、笑顔で対応してくれた。

昼下がり。
仕事もすっかりすんで、自転車に跨る。
心がはずむようである。

事故に遭って以来、駿河台の職場(片道17キロ)へは自転車通勤を再開していたが、ここ杉並の職場は片道30キロあるし、都心を抜ける幹線道路を走るのが、事故後の恐怖症もあって恐ろしく感じたので、ずっと控えていた。
でも、鉄道で通勤すると、特に帰りが嫌で、また電車に乗るのかよ、と思うとうんざりしてしまう・・・。

事故後、ほぼ3週間、ほとんど自転車には乗らなかった。
そして、自転車を再開して、約2週間が経過した。

明らかに筋力は低下していたが、心肺力は、思ったより低下していなかったのは不思議だった。
今では筋力も大分快復したが、最初のうちは、傷ついた箇所をいたわりながら走っていたせいか、関係のない箇所の筋肉が痛くなったりしたが、この1週間、やっとそういうこともなくなった。
でも、事故による恐怖症は未だに完全には払拭できていないような気がする・・・。

食いはぐれた昼食を、途中、神田の立ち食い蕎麦屋(「小諸そば」)で済ます。
靖国通りから蔵前橋通りに出る。
やっぱり、今日はクルマが多いような気がする。

墨田区に入るとほっとする。
駿河台(もしくは本郷台)より東は、坂もなく、なだらかで、しかも、どことなくのんびりとした雰囲気がある。
もちろん、走り慣れているということもあるだろう。

隅田川土手で一休み。
缶コーヒーを飲む。

IMG_3323.jpg
(隅田川土手で休憩)

遊覧船が、のんびりと川を下って行く。

IMG_3324.jpg
(隅田川の遊覧船)

再び自転車に乗れるようになったことの幸せをつくづくと感じる。

国道6号線から、今日も、曳舟川親水公園沿いの道を走る。
こんな看板を見つける。

IMG_3299.jpg
(曳舟川の説明板)

こんな小舟で通勤できたらどんなに楽しいだろうかなどいう、途方もないことを考える。
さて、帰るかなと自転車に跨ろうとしたら、落ち葉が一枚、サドル上に舞い降りていた。

走行距離:62キロ(クロスバイク+ママチャリ)

小さな旅(自転車)    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
完全復調、おめでとう! Posted by しゃあ あずなぶる
よく言われることですが「怖さ」は残っている方がいいかも。です。
2009.11.19 Thu 04:54 URL [ Edit ]
同感です Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

私もそう思います。

再開してからしばらくは、恐怖感からオドオドとした走り方になってしまいがちでした。

オドオドとした走り方と注意深い走り方とは、根本的に違っていて、オドオドと走っているとかえって危険ですからね。

やっと落ち着いてきたという感じです。
2009.11.19 Thu 08:46 URL [ Edit ]
重々お気をつけて Posted by 相子
杉並までと言う長い距離を走る事が出来るようになられ、良かったですね。
寒さの中頑張り緊張されて走るのでしょうがお気をつけて下さい。
2009.11.19 Thu 17:26 URL [ Edit ]
堪能しました♪ Posted by たすけ
金町酒場、すっかり堪能しましたぁ♪
ありがとうございました(~0~)/
そしてなにより、愉快な時間を堪能しましたぁ♪
しかも、超しゃあずなぶるな....もとい
しかも、超りぃずなぶるな値段にびっくり!
大力単位...私にとって今年の流行語大賞です!(笑)
2009.11.20 Fri 01:15 URL [ Edit ]
感謝 Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

あたたかいお言葉、ありがとうございます。
雨の日や、宴会のある日は、無理をせずに、鉄道を利用しようと思います。
2009.11.20 Fri 07:58 URL [ Edit ]
いやぁ~楽しかった Posted by 断腸亭髭爺
たすけさん

いやぁ~楽しかったですね。
定期的にやりましょうかね。
今度は、「モツ焼き街道」の方にも足をのばしてみましょう。
2009.11.20 Fri 08:00 URL [ Edit ]
隣人 Posted by dais
私のロードレーサーも近日中には出来上がります
来月には、また乗ることも出来ると思いますので、ツーリング誘ってください。宜しく御願いいたします。
2009.11.20 Fri 12:57 URL [ Edit ]
今後ともよろしく Posted by 断腸亭髭爺
dais(隣人)さん

コメント、ありがとうございます。

ほんの数メートルの所にお住まいの人に、ネットで交信するのも、何だか、不思議な感覚です。

レイダック、そろそろ完成ですか。
早く見たいですね。

ツーリング、是非、ご一緒して下さい。
2009.11.20 Fri 22:35 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/423-9b479889

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。