日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.11.05 Thu
「世界で一番美味しい鱈子スパゲッティ」の作り方
欧米人は、キャビアを除けば、魚の卵を概して気持ち悪がって食べないか敬遠するが、日本列島では、ご馳走である(但し、地中海沿岸の人々は、結構魚卵を食す)。

イクラ、筋子、数の子、カラスミ、鱈子(辛子明太子)・・・。
また、卵そのものではないが、鮒鮨、子持ちカレー、蟹のうちこ、ハタハタ、シシャモ、子持ち鮎、ウニ(われわれが食べているのは、実はその「卵」巣である)・・・。

とにかく、われわれ列島人は、魚介類の卵が大好きである。

ついでだが、鶏卵も、西洋人は、まず、生では食べない。
必ず、火を通して食べる(たとえレアーででも)。

今日は、魚の卵の中でも一番庶民に近づきやすい、鱈の卵の塩漬け、即ち、鱈子(タラコ)を使った料理をご紹介したい。

「鱈子スパゲッティ」である。

な~んだという声が聞こえてきそうだが、私の「開発」した鱈子スパは、これまでどんな店で食べたものよりも美味しいと断言できるので、普段から、これをば、「世界で一番美味しい鱈子スパゲッティ」だと豪語しているわけだ。

この料理は、スパゲッティが茹であがる間にできてしまう(これが、スパゲッティ料理の基本だと思う)ので、まず、沸騰したお湯に塩を入れ、麺を茹で始めよう。

そして鱈子(ないしは明太子)。
分量は、まあ、一人分一腹(ハラ)と言ってよかろう。

鱈子を包丁で縦裂きに切って、ボールの中でほぐす。
そこに、日本酒を注ぐのだが、かなり多めに入れることがきわめて重要である。
どのぐらいかと問われれば、一腹につき、50cc~70ccぐらいだろうか?
多すぎると思われるかもしれないが、このぐらいがちょうどよいのである。
そこにさらにマヨネーズを、味を確認しながら、加える。
場合によっては、塩と唐辛子粉を微量加えてもよいが、あくまでもお好みで調整。
あとは、まぜまぜをよくして、コショウをふったら、ソースは出来上がり。
酒の分量が多いので、見た目には、随分水っぽいと感じるかもしれないが、そのぐらいがちょうどよい。

さて、麺が茹であがったら、手早くザルにあげて湯を切り、ソースの入ったボールに放り込み、よく混ぜ合わせる。そして、皿に盛る直前に少量のバターと、多めのレモン汁(必須)を入れ、また少し混ぜ合わせる(麺の湯切りの際に、ザルの下に皿を置いておくと、皿が熱せられるので良い)。

皿に盛ったら、刻み海苔(及びパセリ等)をふりかけて出来上がり。

世界一美味しい鱈子スパゲッティ、日曜のお昼あたりに、是非、お試しあれ。
なお、冷たい日本酒か、白ワインとの相性が抜群。

走行距離:31キロ(クロスバイク+ママチャリ)

   Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
是非とも食べたい。 Posted by しゃあ あずなぶる
今度、御馳走v-271して下さい。
2009.11.07 Sat 12:59 URL [ Edit ]
Posted by nic
想像するに、とてもおいしそー(^¬^)ですね。
僕もぜひ「世界で一番美味しい鱈子スパゲッティ」に
挑戦してみます∠(^_^) うまくできるかな~?
2009.11.07 Sat 18:30 URL [ Edit ]
是非とも Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

是非どうぞ。
2009.11.09 Mon 22:33 URL [ Edit ]
「塩梅」 Posted by 断腸亭髭爺
nicさん

光栄です。

私は、料理を作るときに計量器類をまったく使わないので、レシピーを書くときに、分量をどう表現していいか分からずに困ります。

少なくとも、一度お作りになれば、「塩梅」が分かると思います。
2009.11.09 Mon 22:39 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/413-747dc3c0

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。