日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.10.15 Thu
キツネ、タヌキ、キツツキ・・・?
イギリスを旅すると、至る所にあるパブで、昼食を食べることが多くなる。
酒類はウマイが、食事類はマズイので、あまり気が向かないのだが、特に田舎に行くと、パブしかないし、また、比較的早くて安くて便利なので、パブでの食事が多くなるのだ。

大概のパブに、「ステーキ・アンド・キドニーパイ」という定番メニューがある。
値段も手頃なので、最初にパブに入ったとき、私はこれに飛びついた。

その名称からして私が想像していたのは、牛ステーキと「キドニーパイ」なるものが並んで出てくるのだろうということ。
「キドニーパイ」というのが如何なるものなのか知らなかったが、「キドニー」というのは腎臓(じんぞう)という意味なので、きっと腎臓を混ぜ込んだパイ(ここで、ちょっと「うなぎパイ」を連想)のようなものかなあと思って、出てくるのを待っていた。

いよいよ出てきた。
だけど、ステーキはなくて、皿に載っているのはパイだけ。
そうか、ステーキは別皿で出てくるんだな。
なるほど、パイのが先にできあがったので、先に出てきたというわけか。
蕎麦屋で、天丼定食を頼むと、先に蕎麦が出てきて、少したってから、天丼が出てくるのと同じだな、などと勝手に納得。

さっそくナイフとフォークで、「キドニーパイ」(結構大きい)を割って食べてみると、まるで洋風「モツ煮込み」のようなものが入っていて、結構美味しい。
こうして、ビール(私の好みはビター)を傾けながら、「キドニーパイ」を食べ始めたが、一向に肝心のステーキが出てこない。
おかしいなあ・・・。

昼時なので、ここロンドンはヴィクトリア駅(東京の上野駅のような所)近くのパブは、昼飯を食いに来たネクタイ姿のサラリーマンで、とても混み合っている(しかも、ほとんどの人がビールを飲んでいたのには驚いた)。
私の周りにも、「キドニーパイ」を食べている人がたくさんいたが、誰も、ステーキを食べている人はいない。
しかも、メニューには、「キドニーパイ」の単品はないので、そうか、私が今食べているこのパイのことを「ステーキ・アンド・キドニーパイ」というのだなと納得した。

そう言えば、牛肉の赤身(厚切り)もパイの中身に入っていて、これをもって、「ステーキ」と称しているわけだ。
その時は、何だかだまされたような気分になったものである・・・。

kidnypie.jpg
(英国の伝統料理・「ステーキ・アンド・キドニーパイ」。どんな料理にも大量の「チップス」[=フライドポテト]が添えられているのも英国風)

ことほど左様に、メニューの名称というのは難しい。

でも、イギリスのパブ以上にメニューの名称が難しいのは、日本の(立ち食い)蕎麦屋ではないかと思う。

たとえば、私は立ち食い蕎麦屋でよく「たぬき蕎麦」を食べる。
東京では、「たぬき蕎麦」と言えば、天かすののった蕎麦が出てくる。
当たり前である。
しかし、大阪で同じ注文をすれば、揚げののった蕎麦(東京で言う「きつね蕎麦」)が出てくるのである。

では、大阪で、「たぬきうどん」を注文したいとする。
しかし、大阪の蕎麦屋には、何と「たぬきうどん」というメニュー自体がないので、注文することができないのである。
大阪では、天かすはカウンターに置いてあって、無料でトッピングすることができるので、品書きに書くことができないというわけだ(関東では、「天かす」を入れただけで、ほぼ50円増しとなり、「タヌキ」になる。関西では、そもそも、「タヌキうどん」というメニューそれ自体が、前提として成り立たない。ただし、京都では「あんかけうどん」のこと)。

関東の場合、蕎麦屋における「タヌキ」は「天かす」という意味で、「キツネ」は「揚げ」という意味(蕎麦であれ、饂飩であれ、同じ)である。

私も、最初、関西の立ち食い蕎麦屋(饂飩屋)に入って、その違いにびっくりした。

ただ、この「キツネ」と「タヌキ」は、確かに、名古屋あたりを境に、大別はできそうだが、もっと複雑な「分布地図」があるようだ。

それを比較的簡明にまとめたページが以下。

http://we.freeml.com/chousa/kitutanu01.html

(『きつねとたぬき、地域によって違う?』)

ところで、上記頁ののタヌキ・キツネの調査結果で不思議なのは、関東以北と九州が同じ範疇に入っていること。
何故なんだろう・・・?

われわれ日本人は、これでもまだうどんや蕎麦の知識があるからいいかもしれないが、たとえば、欧米の人が立ち食い蕎麦屋に入ったら、大変に困るに違いない。

多少ひらがなが読めたとして、和英辞典を引くことができたとしても、「きつね蕎麦」が如何なる食べ物であるかを想像するのはきわめて難しいであろう。

彼は、「kitsune」を辞典で調べる。
foxと書いてある。
ほぼ間違いなく、彼は、狐の肉の入った蕎麦だと思うであろう。

梅若
(「梅わかうどん」・私が関西に行くと必ず注文する一品・梅干しとワカメがのっている)

【メモ】

蕎麦と饂飩の考古学。

蕎麦の原産地は、どうも不明のようだが、「大陸」のどこかであることは間違いないが、随分大昔、つまり、縄文以前に日本列島に存在したことは分かっている。

縄文遺跡からも、蕎麦が発見されているが、もちろん、麺として食されていたのではなく、団子にして食べていたようだ。
蕎麦を麺(蕎麦切り)にして食べるようになったのは、どうも、江戸時代の初め頃の17世紀だったようである。

小麦がいつ頃日本列島に伝来したかは、分からないが、最初はやはり団子として食していて、麺として食べ始めたのは、蕎麦よりもずっと前だった可能性が高いらしい。
つまり、麺としては、饂飩類がはるかに先。

蕎麦粉は、その性質上、「延ばす」ことができないので、小麦粉を混ぜることによって、麺に仕立てることが可能になった。
日本列島の蕎麦粉は、麺(そば切り)になるまでに、伝来数万年から数千年の時を必要としたわけである。

走行距離:3キロ(ママチャリ)

   Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
シャレですかね。 Posted by しゃあ あずなぶる
キツネはキツネ色の「揚げ」
タヌキは天麩羅だと思ったら天カスだけで「狸に化かされた」ってんでタヌキ?
稲荷寿司と太巻きの「助六」なども粋なネーミング。
シャレが効いてんのかな?
2009.10.16 Fri 05:25 URL [ Edit ]
一ひねり Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

キツネやタヌキだけではなく、桜鍋、牡丹鍋、すき焼き、かっぱ巻き、上がり(お茶)、紫(醤油)、ボール(元祖型チューハイ)、ハチノス(牛の胃袋)、がんもどき、テッポウ(直腸)、ホーデン刺(豚の睾丸)、キンカン(鶏モツの卵)・・・。

日本のメニューの名称は、一ひねりあるものが多いですね。
外部の人が聞いてもよく分からない業界用語にも似ているような気がします。

2009.10.16 Fri 09:01 URL [ Edit ]
極めれば何事も Posted by 相子
キツネとタヌキでもこうも検証出来るのですね。面白く拝見。
戦後の東京ではタヌキ用の天かすが出るほど豊かな食生活ではありませんでしたね。
1952年頃になって出てきたような記憶があります。
天ぷら屋ではお好きなようにと袋入りの天かすをレジに置いてある店もありますね。
2009.10.16 Fri 11:46 URL [ Edit ]
多いな。 Posted by しゃあ あずなぶる
ステーキ・アンド・キドニーパイ。
ポテトも多いけどグリンピースも多いですね。
写真は英国のモノですか?盛り付けもアバウトですね。
キドニーって内臓肉の総称的な言い方なのですか?
腎臓だけってワケではなさそうですが・・・。

BMWをキドニーって言い方するそうですね。
確かにフロントグリルは、そう見えます。
2009.10.16 Fri 14:31 URL [ Edit ]
天かすとエレベーター Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

関東以北の立ち食い蕎麦屋でも、ごく稀に、カウンターに無料の天かすが置いてあるところがあります。

天かすは、「粉」文化が隆盛な近畿地方ではよく使いますね。
タコ焼き・お好み焼き・焼きそばなど。
関東では、天かすは、やや貴重視する傾向(故に、有料)があったのかもしれません。

面白いなあと思っているのは、キツネ・タヌキの分布と、エレベーターの左右待ちの分布がほぼ一致していることです。
関東以北と九州は、右側を空けます。
近畿地方は、左側を空けます・・・。
2009.10.17 Sat 04:59 URL [ Edit ]
「腎臓(マメ)」のこと Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

イギリスでは、何を頼んでも、信じられないぐらい大量の「チップス」(=フライドポテト)が付いてきます。
イギリスに一月もいれば、平均的な日本人が一生をかけて食べるほどのフライドポテトを食べることになるでしょう(油のとりすぎ!)。
私は、フライドポテトがあまり好きでないので、ほとんど残してしまいますが・・・。
(豆は、こんなには付いてきません)。

キドニーというのは、日本語の「モツ」と違って、臓物の総称ではないようで、ずばり、「腎臓(マメ)」のこと。
「ステーキ・アンド・キドニーパイ」の作り方をご参照。
http://www.jlba.or.jp/recipe/y_26.html
2009.10.17 Sat 05:09 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/399-880cb0de

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。