日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.09.18 Fri
ディズニーランド異聞
昨日は内陸部(印旛沼)に行ったので、今日は、海が見たくなった。
四ツ木にちょっと用事があったので、木根川橋から、久しぶりに荒川サイクリングロード(西岸)を走る(フジクロス)。
曇天にて、たまに霧雨が降るが、強めの北風(追風)に押されて、快走する。

IMG_3114.jpg
(江東区新砂あたりの荒川河岸・正面の観覧車の見える所が葛西臨海公園)

清砂大橋(橋上からの景色は抜群)を渡って、葛西臨海公園(あまり好きじゃない)で小休止。

さて、ここから、旧江戸川沿いに北上するんじゃ、いつものパターン通りなので、舞浜大橋を渡って、浦安のディズニーランドの方へ行ってみることにする。

舞浜駅前を経由してディズニーランドあたりに出て、私は、名状しがたい、この世ならぬ風景に、心底、ぶったまげる。

最後にディズニーランドに来たのは、約10年ほど前のこと。
その時は、誰かにタダ券2枚をもらったので、当時小学生だった次女を連れて、年末のディズニーランドを訪れたのだった。
その時のことは、某掲示板に書いたものが残ってたので、このブログの過去の日記として、再録しておいたので、ご関心の向きは、ご参照のこと(「ディズニーランド訪問記」2000年12月)。

あれから10年。
自分とは、微塵も縁のない場所と思っていたディズニーランドは、自転車で来てみると、とにかくびっくりするような場所だった。

IMG_3115.jpg
(ディズニーリゾートの滝と私のフジクロス)

ディズニーランドを取り囲むようにして、自転車で走っても実に気持ちの良い車道と遊歩道が付いている。

ディズニー地図
(ディズニーランド周辺地図)

私は、これらの道を爽快に走り回ることができたのだが、まるで異空間に迷い込んだようで、不思議な興奮を覚えた。

IMG_3117.jpg
(まるで、フロリダにやってきたかのような棕櫚の街路樹・但し、私はフロリダに行ったことはありません)

たとえば、このホテル。
ルネサンス様式あり、ロココ調あり、ビザンチン式あり、イスラム式ありで、様々な様式が不思議な形に混在している。
良く言えば、「万国(国際)」的、悪く言えば、高速道路のインター付近によくあるような、ラブホテルの巨大バージョンである。

IMG_3116.jpg
(ラブホテルの殿堂のようなディズニーランドのホテル)

前述の如く、このあたりは、自転車で走るには持ってこいの場所で、実に気持ちよく走れる場所であるが、腹が減ってきた私が困ってしまったのは、沿線に、ラーメン屋などの食堂が一軒もないことである。
「消毒」され尽くしたが如くに、そういう一般的な食堂は、あらかじめ「消去」されていて、米国風の取り澄ました棕櫚の並木道があるだけなのである。

帰り道、旧江戸川沿いに、やっと、一軒の食堂を見つけた(店名失念)。
昼間から、「一人宴会」をやっているオジサンたち(港湾労働者)のたまり場のような食堂で、ディズニーランドからもほど近い。
私は、その店のテーブルで、オジサンたちの世間話を聞きながら、一杯のラーメン(疑似トンコツ風)を啜った。

それは、あの、巨大なラブホテルが建っている場所から、ほんの150メートルのところにある食堂だったのだが・・・。

IMG_3118.jpg
(旧江戸川沿いの舟だまり)

走行距離:75キロ(フジクロス+6速ママチャリ)

小さな旅(自転車)    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
私は怒っています Posted by 相子
ディズニーランドには孫のお供で数年前まではよく行きました。

メインイベントのショーの指定席を取るのに1時間以上も並び、席に着くと中止とは、許せません。
雨だ、風だと中止。替わりのショーはありません。チケットの裏面に中止の場合もあると書いてはあります。でも遠くから来る家族にも近くに住む子ども達にとってもお目当ての一つはショーです。
チケットには期待権が入っていると思うのです。
大金を使い入園する人の心を思い遣る所がありません。

買い物をする子どもや孫を待つ老人はスポンサーです。その人たちの座る場所がありません。
皆さん建物の隅に腰を落として中腰で座るようなことです。

今は改善されたかどうか知りませんが、私は酷い場所だと怒っております。
何度も中止に出会い以来行きません。

アナハイムのディズニーランドのメインショーの場所は屋根付きです。
一人勝ちなんてもてはやすから、心を入れない商売に徹しているのでしょうか。
それでも我が家の孫たちは一年に何回も行っております。そして私の怒りをよく知っております。
表現の仕様がありません。
2009.09.23 Wed 10:43 URL [ Edit ]
ディズニーランド的な世界の蔓延 Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

なるほど、それはひどいですね。
さぞかし、お疲れになったことでしょう。

ディズニーランドは、そんなひどい運営をしていても、今のところ、世間では、遊園地の横綱なので、威張り腐っているのだと思います。

まあ、ディズニーランドがディズニーランドであるのは仕方がないことだとして、世の中までもが、張りぼてのディズニーランド的な世界(現実逃避的空間)になりつつある方が深刻な問題だと思います。
2009.09.24 Thu 03:34 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/377-335eccc6

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。