日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.08.04 Tue
「味の横綱」(東向島)と「東京都水道歴史館」(本郷)
通勤の主力機であるフジのクロスバイク、4月に大々的にメンテをしてから、丸4ヶ月間、時たまチェーンに油を吹き付ける以外はまったくメンテも掃除もしていないので、変速に滑らかさがなくなったうえに、後輪のタイヤがすり減って、交換の時期にきている(そうそうチェーンはとっくに要交換)。
明日こそやろうと思いながら、なかなか腰が上がらない・・・。

そう言いながらも、今日もまた、フジクロスで出かける(ゴメンね)。

今日の昼食は、国道6号沿いになかなかよさそうなラーメン屋を見かけたので、行ってみることに。
その名ぞ、「味の横綱」(東向島)というラーメン屋である。
四ツ木方面から行くと、東向島の交差点をやや過ぎたあたりの左側にある、店名に似合わず、小さな店舗である。

IMG_2618.jpg
 (「味の横綱

自転車を止めて、さっそく入店する。
くの字のカウンター10席ほど(テーブルはなし)。
評判が良いのは、湯麺と餃子らしいが、そんなに空腹でもないので、湯麺のみ(580円)を注文。
そして出てきて、びっくり!

味の横綱

モヤシが、まるで富士山のように盛り上がっているではないか。
最初は、モヤシを食べるしかない。
でもシャキシャキしていて美味しいので、どんどんモヤシの山を食べると、やっと麺に到達する。
麺は、太麺 or 細麺が選択できるが、私は太麺にした(正解)。
腰のある麺と、適度にコクのあるスープのバランスが絶妙で、飽きることがない。
一心不乱に食べ続けて、スープまで全部飲み干してしまった。
ウマイ!!!
83点!

久しぶりにうまいラーメン屋を開拓できた喜びに打ち震えながら、ラーメン屋を後にして、本郷に向かった。

お袋は、昨日から腹痛がややひどくて沈痛な面持ちである。
病状は、常に一進一退。
でも、確実に快方に向かってはいる。
にもかかわらず、日々それを「体験」する本人にとっては辛いだろうな。
希望と絶望の繰り返し・・・。
お袋の保険証の期限が切れていて、更新しなければならにことが判明。
もしかしたら、銚子まで行かなくてはならないかもしれない・・・。

さて、今日は、病院の裏手に「東京都水道歴史館」(文京区本郷)なるものがあって、以前から気になっていたので、覗いてみることにした。

IMG_2546.jpg
(都税を投入して建設された立派な「東京都水道歴史館」・入館料は無料・館内撮影自由)

展示室は、1階と2階。
1階は、現在の上水道システムの解説展示。
2階は、近現代の上水道の歴史的な展示。

1階は、単にテクノロジーを自慢しているだけのような感じがして、私は、す~っと通過。
2階は、すこぶる面白い。

キャサリーン台風時の、私の見たこととのない写真があった。

IMG_2541.jpg
(キャサリーン台風時の災害写真・いつも通勤で走っている東四つ木付近の写真もあって、食い入るように見る)

部分的に江戸の長屋を再現して、井戸を復元した一角も面白かった。

IMG_2545.jpg
(江戸期の井戸)

また、八重洲の地中から発掘された武家屋敷の木製水道管の展示も圧巻である。

IMG_2544.jpg
(発掘展示されている武家屋敷の木製水道管)

私が一番惹かれたのは、水道橋の復元模型。
これが実に良くできている。

IMG_2542.jpg
(水道橋の復元模型)

この模型と、江戸期に描かれた水道橋の絵をためつすがめつ見比べる。

IMG_2543.jpg
(模型とは逆方向から描かれている)

今度、実際の水道橋にも行って、よく観察してみよう。

また、玉川上水の成立過程を、パノラマを用いつつ描いたビデオも良くできていて、二回も見てしまった。

東京都水道歴史館」は、夏の暑い最中に訪れるにはうってつけである。
絶えず水の流れる音がして涼しげであるし、実際、冷房がよく効いていて、つかの間の涼をとるには絶好の場所かもしれない。

受付の女性も実に親切で、ロッカーに入らないリュックやヘルメットも、こちらから頼むまでもなく、預かってくれた。

IMG_2538.jpg
(神田川筋にあった界隈地図板)

走行距離:36キロ(フジクロス)

小さな旅(自転車)    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
良い案内ですね Posted by 相子
お母様の胸一杯に不安が溜っていましょうね。高齢になりますと気長に治療を受けなければと思いますが、そう簡単には心がなりませんでしょ。

まー驚きましたね。モヤシでお腹がいっぱいになりそうです。良い点数を上げておりますね。

キャサリーン台風の被害はひどく、1948年に上京しましたが総武線から眺めますと平井や錦糸町あたり家の壁に水の高さが分かる線が付いていました。土地は舗装もされていなく泥水が溜まっていたり、ゴミの山があちこちに見られました。洪水の恐ろしさを感じましたね。

東京都水道歴史館は知りませんでした。教えて頂き有難うございます。
2009.08.05 Wed 10:36 URL [ Edit ]
水に富み水に悩み Posted by やまびこ
湯麺美味しそう~~~!!
こんな風にコッテリしたものが食べたくなってきました。

キャサリン台風では平和橋(現平和橋通りの平和橋)も流されたそうですよ。下を蛇行して流れる中川の川床がすごい勢いでえぐられた、と目撃した義父は言ってました。川端町の写真の臨時救助舟にも実際に乗ったそうです。
まさに下町は水害との闘いでした。

都水道歴史館、おもしろそう、今度行ってみま~す☆
2009.08.05 Wed 13:55 URL [ Edit ]
応えたと思います Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

まだまだ戦争の傷跡が癒えない時期の台風による大災禍は、被災者には本当に応えたと思います。

私は幸いにも、大きな自然災害には遭ったことがありませんが、関西の知り合いなどと話しをすると、彼らには克明に淡路地震の記憶が刻まれていて、私とは、数段、現実味が違うようです。

話しは変わりますが、(無料の)小博物館のような所が結構あるようです。
近くに寄った際に、見てみたいと思います。
2009.08.05 Wed 17:52 URL [ Edit ]
味も横綱でした Posted by 断腸亭髭爺
やまびこさん

「味の横綱」は、かなりおすすめです。
湯麺に関しては、私がこれまで食べた中では最高です!
もしかしたら、息子さんたちはご存知かもしれませんよ。
たぶん、化学調味料を使ってないと思います。
非常に「良心的」な味で、変なくどさがありません。
但し、駐車場はありませんので、電車か自転車で行って下さい。

葛飾区内を走っていると、時々、電信柱に「水害の際はここまで浸水する危険があります」というプレートがありますね。
場所によっては、私の頭の上です。
あのプレート、見つけると写真に撮るようにしていますので、たまったら、日記に書きます。
2009.08.05 Wed 17:59 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/353-fa74e349

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。