日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.07.23 Thu
6速ママチャリで通勤
雨の日通勤用のルイガノクロスの後輪の歪みはかなり深刻で、もしかしたら、自分では直せないかもしれない。
こういうとき、インター8(バブ内装型8段変速機)は弱い。
外装式なら、スプロケを予備のホイールに付け替えればそれで事は済むが、内装式はそうはいかない。
振れ取り台も持ってないし、持っていたとしても、自分でできるかどうか。
まあ、しばらくは、6速ママチャリに頑張ってもらって、考えることにしよう。

曇り時々雨というような天気予報だったし、今日の職場は駿河台で、比較的近いので、6速ママチャリ(この自転車の仕様については、過去の日記を参照のこと)で行くことにした。
この自転車、昨日は、一日中、児童公園で雨ざらしになったので、チェーンに油を吹きかけて、カゴに鞄を放り込んで出発(カゴは、はっきり言って、便利です)。
う~ん、さすがに車体が重いので、スピードは出ないけど(でも、筋トレにはなる!)、この自転車だって、ホイールとタイヤをまともなものに交換すれば、結構よく走るような気がする。

IMG_2439.jpg
(謎の杭が現れている中川)

自転車を職場前の歩道に止めていると、誰かから声をかけられた。
振り向くと、顔見知りの自転車部の学生であった。
歩きながら、しばらく話をする。
さっそく、夕べの事故の話をして、どうすればよいか意見を聞いてみた。
彼の話に寄れば、乗っているうちに自然と出る振れならスポークテンションで直せるけど、外部から衝撃を受けた場合、リムの交換が必要とのこと。

ついでに、いろんなことを聞いてみた。
月に何キロぐらい走るの?
種目にもよるけど、ロードレース系の選手(学生)は、学期中は月3000キロ、夏期休暇中などは月4000キロだという(いずれも、自主連込み)。
ということは、年間4万キロ以上(地球一周だ)を走っていることになる。
さすがにすごい!
私の4倍ぐらい走っていることになる(道理で授業には顔を出さないはずである)。
因みに自転車部の今年の夏合宿は山形だという。
「オレも、この夏、山形に行くから、訪ねるかもしれんよ~」と言うと、「マジっすか?」とその学生。

夕方、病院へ。
昨夜は、腹痛をおこして、痛め止めをうってもらったとのこと。
一進一退だなあ。
桃屋の「江戸むらさき」を買ってきてくれとお袋。
分かった、特大のを買ってくるよ。
いやいや、一番小さいのでいいんだよ・・・。

夕食は、玄米ご飯を炊いて、呑ちゃんの買ってきてくれたお総菜でもりもりと食べる。
やっぱり、玄米は美味しいなあ・・・。

走行距離:35キロ(6速ママチャリ)

小さな旅(自転車)    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
川の中の杭 Posted by やまびこ
想像をかきたてられますね。
昭和39年以前、中川ではサッパと呼ばれた小さい舟が川辺の生活で活躍していたようです。
それらの船を繋留するための杭か、
あるいは当時葛飾の重要産業のひとつであった染物の布を吊るしておく為の杭だったのか・。
またはその染物をする際に出る糊が流れだしそれを餌に集まってくる小魚を採る為の網をかける杭だったのか・。
染物の布が高い物干し台に翻っていた光景を幼い頃よく眺めたものです。
今でも一軒だけ四ツ木~立石の線路脇で染物を庭に干しているお家がありますね。

お母様、少しづつでも食事ができるようになってよかった。我が家の親たちも入院するたびに「江戸むらさき」を持ってこいと言います。
2009.07.24 Fri 08:50 URL [ Edit ]
凄いのですね Posted by 相子
自転車もいろいろあり、部品もいろいろあり、読むたびに吃驚します。
変速が出来る自転車など乗ったこともありませんから、感心の連続です。
最近は道の駅に止めてある自転車をよく眺めます。
それでも何だか、どうなっているのか見当が付きません。
世界が広がったような気分でおります。
2009.07.24 Fri 13:23 URL [ Edit ]
入院患者の定番 Posted by 断腸亭髭爺
やまびこさん

中川の他の場所にも、同種の杭が現れているところがあります。
いったい何なんでしょう?

どなたか、ご存知の方がおられたら、是非、教えて下さい。

やっぱり、「江戸むらさき」は入院患者の定番でしたか。
「江戸むらさき」は、今はシリーズ化されていますが、一番の元祖らしきものを届けました。
2009.07.26 Sun 01:35 URL [ Edit ]
説明できない楽しさ Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

自転車は、あれでも、同じ頃発明されたミシンに較べればかなり単純な構造だと思います。

ただ、20世紀になって出てきた変速機は、やや複雑で、大小の歯車にチェーンを「脱線」させて架け替える仕組みになっています。

私が気に入っているのは、そういう仕組みが全部露わになって見えるということです。

うまく説明できませんが、そこんところが楽しいのです。
2009.07.26 Sun 01:44 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/341-d3229e83

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。