日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.07.18 Sat
墨東墨西放浪記
天気予報によると、午後から雨かもしれないということだったので、早めに病院へ向かう。
しかし、早朝、フジクロスに乗って走り出すや、既にポチポチと雨が落ち始める。
それでも、カッパを着るほどの雨にはならなかった。

東京の坂の中でも私が一番好きな「昌平坂」を登って、本郷の病院へ。

IMG_2445.jpg
(昌平坂・右に見えるのが湯島聖堂)

お袋は、昨日の夕飯にはアイスクリームが出たという。
あんまり美味しかったものだから、全部食べたら、腹痛をおこしてしまって参ったらしい。
すき焼きと餃子が食べたくて、夢の中では何回も食べた。
早く退院して、すき焼きを食べに行きたい。
よ~し、わかった!
東京で一番美味しいすき焼きを食べに行こうね。
洗濯物を預かって、病院を後にする。

病院からの帰りに、往きで登った昌平坂を下るのは、一つの楽しみである。
東京医科歯科の前のT字路の信号が青になってから、風のように昌平坂を下って、秋葉の街を貫通する中央通り(中仙道)を疾走するのは、何とも気持ちがよい。

IMG_2447.jpg
(秋葉原の街を貫いて通る、通称「中央通り」だが、実は国道17号で、現中仙道でもある)

中央通りの電気街を走っていると、何とも面白い看板がでかでかと掲げられていた。

IMG_2446.jpg
(ひざまくら みみかき・山本耳かき店の看板)

なるほど、膝枕で耳かきか、男性を刺激する、なかなか壺を押さえた商売かもしれない。
しかし、耳かきが如くで「30分で2700円」もふんだくられるんじゃ、たまったもんじゃないぞ。
私だったら、下町のモツ焼き屋で、豚のレバ刺と耳刺で元祖チューハイを呷る方を選択するだろう。

蔵前橋通りを走って、いつものように、浅草に出る。
東京最大の観光地だけあって、浅草は年中お祭り気分であるが、今日は、まだ朝が早いので、人出もまばらである。
私のような飲み助が、毎日のように通る浅草で「引っかからない」で済んでいるのは、観光地値段で飲み屋の勘定が高いからである。
安かったら、毎晩でも寄り道してしまうかも・・・。

IMG_2442.jpg
(朝の伝法院通り)

IMG_2443.jpg
(浅草寺境内)

しかし、さすが浅草、ちょっと細い路地に入ると、芸術品のような街並みが現れる。

IMG_2444.jpg
(浅草の路地)

下町で幅をきかせている電信柱の不細工な有り様といい、雑然と置かれた自転車といい、目的意識のない植木鉢といい、東京の路地には、奥ゆかしいとも言える、自然成長的雑多性の美学がある。
こういう路地に入るとわれわれは、ここが「正しい」かどうかを問われるのではなく、ただ、「好き」かどうかを問われるのである。

隅田川沿いの土手や橋には、隅田川花火大会をにらんで転落防止のための鉄パイプの柵が組まれている。
また、川筋のあちこちに、花火大会当日の「案内図」の看板が立てかけられている。

IMG_2448.jpg
(「隅田川花火大会総合案内図」)

来週の土曜日は、浅草界隈は大混乱になるので、病院に行くときは大回りをしなければならないかもしれないな。

今日は、隅田川東岸沿いに白髭橋まで出て、永井荷風の作品世界の舞台となった「玉の井」界隈を抜けて、四ツ木橋西詰から荒川を渡る。

IMG_2449.jpg
(旧玉ノ井・いろは通り・この四つ角の錯綜した電線を見よ。この街区が権力によって支配できないことを象徴しているのである)

いつものように、四ツ木橋を渡って、古代東海道ルートを抜けて、中川筋に出る。
次第に日が高くなって、あまりに暑いので、青戸橋(環七)の下の日陰で一休み。

IMG_2450.jpg
(青戸橋下・この橋の上には、表参道と並んで、東京で最低最悪の道路「環七」が通っている)

ペットボトルのお茶をラッパ飲みしている私の脇を、警官が内装3段のママチャリで通過していった。
そうか、警官がヘルメットを被って自転車に乗るようにならないとダメかもなあと思う(最近、ノーヘルの初心者が増えたので)。

こうして私は、中川大橋(国道6号)を渡って、家に帰った。

IMG_2451.jpg
(中川大橋より下流を見る・最近水量が少なくて、砂州が現れるように)

午後は、呑ちゃんと三郷方面に出かけて、寿司を食べて、帰りに三郷公園の「ほたる池」に寄ってみたが、ほたるは一匹も目撃できなかった。

走行距離:42キロ(フジクロス+6速ママチャリ)

小さな旅(自転車)    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
下町はいいなー Posted by 相子
東京一の美味しいすき焼き。お母様は喜ばれることでしょうね。

好き好きはあるでしょうが江戸は下町ですね。昌平坂は良い坂ですね。

玉の井の風景は知りませんでしたのでじっと拝見しました。大江の言葉も良いですね。

学生との団交で夜中に吉原に寿司を買いに行きました。すでに55年ほど経ちました。そうそう東武線の玉の井駅ありましたね。だんだん記憶が戻って来ます。有難うございます。
2009.07.19 Sun 22:37 URL [ Edit ]
すき焼きが目標 Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

お袋はまだ、粒物がダメで、すき焼きまでの道は遠いようですが、すき焼きを目標に頑張るそうです。

墨田区のあのあたりは、何回行っても、ちょっと路地に入ると途端に迷ってしまいます。
きちんと道を把握するまでは、まだ数年はかかりそうです。
2009.07.21 Tue 02:44 URL [ Edit ]
目標があるって良い事です。 Posted by しゃあ あずなぶる
ボクも本日、母に付き添って駒込病院まで。

「全部食べたら、お腹をこわす」なんて、ちょっと酷だなぁ。
患者には、食事は少ない楽しみの一つだろうに・・・。
病院側が考えて欲しいものです。

ウチは、娘がまだまだ甘えん坊なので、親の心配<子供の心配です。
肉親についての心配事って、尽きないんだろうな。

断腸さん。お互い早く良くなるよう祈ります。
2009.07.21 Tue 05:31 URL [ Edit ]
「親があっても子は育つ」 Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

お袋は、乳製品が苦手なようです。

かつて、檀一雄が、「親がなくても子は育つ」をひねって、「親があっても子は育つ」と書いていたのを読んだことがあります。

火宅の人であった檀であっても、ちゃんと子は育つものだという意味なのかなあ・・・。
2009.07.21 Tue 08:42 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/337-65f2db48

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。