日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.11.11 Sun
伊豆一周の旅
土日を使って一泊で伊豆に行ってきた。

一日目は、沼津から西伊豆を南下して、二日目は、東伊豆を北上したので、伊豆半島を一周したことになる。
道理で道中が長かったわけだ。

伊豆半島は、山と海がせめぎ合う温暖の地。
私のお気に入りの地域のひとつだ。

特に西海岸沿いは、天然の入り江を縁取るように小さな漁港がいくつも点在し、その向こうには、光る駿河湾が広がっている。
また、中央の緑なす山間部の街道を行けば、こんな所にも集落があるのかと思うようなような小さな村と出会ったりする。

約800年前、頼朝が伊豆に「島流し」にされたことは有名だが、鎌倉幕府より前は、伊豆半島はよほど人里離れた僻地だったようだが、しかし、現在なお、その面影がある。

われわれが先ず向かったのは、戸田(へだ)港。
小さな海を抱くような小さな港町。
博多湾の形にそっくりで、言ってみれば、博多湾を100分の1ぐらいのミニチュアにしたようなかわいらしい港である。

高足蟹(たかあしがに)。
駿河湾の深海に棲息する巨大蟹で、甲羅の大きさが約30センチ。
その長い足を広げれば、ゆうに1メートルは超える。
その巨大な足の関節をポキッと折って引っ張ると、中の身が、ずるずると出てくる。
これに蟹味噌をまぶしてむしゃぶりつくわけである。
最後に、大鉢のような甲羅に熱燗を注ぎ、蟹味噌を溶いて胃の腑に流し込む。
絶品である。
戸田高足蟹

地図を見るとわかるが、駿河湾の中心部は異様に深い。
従って、太平洋岸のお馴染みに魚以外に、伊豆半島では、深海の魚介類を出す店が多い。
有名なのは、金目鯛で、今回の旅では、その30センチ級を丸ごと煮付けにしたものを食した。
また、メヒカリという深海魚の一夜干しなぞは、酒の友には、絶好の逸品である。
071111_1323~01.jpg

伊豆半島の価値を上方に轟かせたのは、北条家と頼朝だが、戦国時代初期、関東一円を押さえて、上方を震え上がらせたのは北条早雲。
しかし、その後、伊豆の名を天下に高からしめたのは、江戸初期に発見された「土肥金山」であろう。
土肥金山2

金山としては、1965年に閉山し、今は、砂金体験や、金山に関する博物館や、坑道に当時の様子を再現した見学コースがある。
博物館には、250キロで時価8億4千万円の金塊の実物が展示されており、プラスチックケースの小さな穴から手を入れて触れられるようになっている。
実際、私も触れてみた。
何か、御利益があるだろうか。
土肥金山

下田港では、サスケノハナ号というペリーの艦船を模した遊覧船に乗った。
071111_1032~01.jpg

ペリーが来航したとき、吉田松陰は、わざわざ長州の萩からこの地へやってきて、小舟でペリーの船に近づき、米国までの密航を依頼するが、断られるという有名な事件があった。
松陰は、その後、幕府に自首して、謹慎の沙汰となる。
071111_1317~01.jpg

伊豆は、天下の楽天地と見た。
今度は是非、自転車で周遊してみたいと思ったが、アップダウンの多いあの道を通うには、相当な訓練を積んでからじゃないと無理と見た。

----------------------
この二日間の走行距離:2キロ(金町駅往復)
今月の積算走行距離:178キロ
----------------------
----------------------
1日目;
朝食:コーヒーのみ(家)
昼食:高足蟹(戸田)
夕食:宿の海鮮料理(松崎)
----------------------
----------------------
2日目;
朝食:宿のバイキング(松崎)
昼食:金目鯛の煮付け定食(下田)
夕食:パン(足柄PA)
----------------------

   Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
健脚。 Posted by しゃあ あずなぶる
伊豆で英気を養ったというワケですね。
さらに高足蟹ですから、ペダルを漕ぐ足にも、力が漲るってヤツだ~!
今日は天気もまずまず。チャリ出勤再起動には、なによりですね。
2007.11.12 Mon 15:29 URL [ Edit ]
そうそう。 Posted by しゃあ あずなぶる
呑ねぇに ヘルメットのアゴ紐を、付けて貰った方が
宜しいかと思います。
我々の職場でヘルメットが役立つ時は
1.飛来 2.落下 3.転倒です。

2と3は直接 頭から落ちたりする事よりも、肩などが
地面に接触してから、その肩などを支点に(中心と言うべきか)首を振るようにして頭を打つので、アゴ紐は是非とも必要です。
アゴ紐は、作業服を扱うお店で売っていますよ。
2007.11.12 Mon 15:46 URL [ Edit ]
Posted by 呑
うーん!高足蟹も食べたいし、金塊にも触りたいぞっ☆

しゃあさん、アドバイスありがとう♪
あご紐って売ってるんだ~今度探してみます(*^^)v
2007.11.12 Mon 19:40 URL [ Edit ]
Posted by やまびこ
メヒカリの唐揚げ大好き☆
白身がホクホクして美味しいよね!

キンメは市山いけすのとどっちが美味しいかなあ(^^)

「サスケノハナ」っておもしろい名前。「佐助の鼻」??
2007.11.12 Mon 21:06 URL [ Edit ]
Susquehanna Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん、呑ちゃん

アゴ紐、やっぱり必要ですね。
ただ、買ったキャップ式ヘルに、アゴ紐を取り付ける部分があったかどうか。
調べてみます。

やまびこさん

伊豆は、なぜか、古代的な香りのする土地です。
惹かれます・・・。

ペリーの乗っていた旗艦の名は、Susquehanna。
ペンシルヴァニア州を流れるサスケハナ川から取ったそうです。
正しくは、「サスケハナ」号ですが、日本人が発音すると「サスケノハナ」号になります。
いかにも、日本語の船の名前のようで面白いですね。
2007.11.13 Tue 07:07 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/33-6f59b9af

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。