日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.07.02 Thu
隅田川下流・梅雨慕景
小糠雨の中、ルイガノクロスで出かける。
カッパを着るほどではないが、30分ほど走っていると、眼鏡に集まった水滴がしたたり落ち始める。
こういう中途半端な雨が一番困る。
最近は、常にカッパを携帯しているので、もう少し本格的に降り出せば着るのだが、それほどでもない雨。
でも、今のような夏場なら、この程度の霧雨ならば、走ることによって生じる風で、衣服(半袖+レーパン)は濡れる尻から乾くので、カッパを着なくてもよいようである。

いつもは鬱陶しいばかりの隅田川東岸の首都高だが、こういう日だけは助かる。
ちょっと大回りになるが、今日は、6号から白髭橋まで出て、そこから吾妻橋のあいだの約2.5キロを、首都高下の、いわば、天蓋付の道を走る。

しかし、こういう日は、みんな同じことを考えるもので、その界隈中の散歩者と、この界隈中のホームレスも、この首都高下の道に集中するので、やや渋滞気味になることもある。

高架下で昼間から賑やかに酒盛りをしているホームレスたちの傍らを、できるだけ、羨ましいなあという表情を読み取られないように走り去る・・・。

私の好きな昌平坂を登って、お袋の入院する本郷の病院へ。
数日前に一般病棟の個室に移ったお袋は、今日行ってみると、さらに元に居た複数者用の病室に戻されていた。
ということは、看護士さんの手がかからなくなったということで、快癒が前進したということでもある。

今日から水を飲んでもよいという許可が出ているので、ストローで水を飲む。
うまいか?と聞くと、別にうまくはないという。
明日から、廊下で歩行練習をしたいので手伝ってくれと言われる。
ガッテン!である。

夕方、用事があって、八丁堀まで出る。
やや時間があったので、隅田川沿いまで降りてみる。

下流方向に、佃島の摩天楼群が、あたりを睥睨するように屹立している。

IMG_2381.jpg
(霧雨にむせぶ佃島)

川沿いをやや上流に走ると、永代橋がある。
永代橋の真ん中まで出て上流をみれば、そこには、日本橋川の河口が口を開いている。

IMG_2382.jpg
(永代橋から見た日本橋川河口)

江戸時代、利根川経由で、遠路はるばる銚子から運ばれてきた鮮魚は、最終的には、隅田川からこの日本橋川に入って、日本橋の河岸(魚市場)に運ばれたわけである。
魚を満載した小舟が、日本橋川河口付近に殺到する光景が見えるようである。
しかし、通り過ぎる遊覧船の水音にふと我にかえれば、今は、微塵の魚臭さもないのである。

江戸日本橋.
(19世紀中頃の日本橋・江戸八景 日本橋の晴嵐(渓斎英泉)・大きな魚を担いでいる人が見える)

八丁堀の用事がすんで、通りに出ると、なんと、私のお気に入りのパキスタンカレー店「デリー」があるではないか。
私は、上野店しか知らなかったので、びっくりした。
写真は撮り忘れたが、ここのカレーは、私としては、東京で一番ウマイと思う(95点)。

帰路に着いた。
町の灯りに照らされた隅田川の川面が幻想的である。
四ツ木あたりでまた、霧雨が降ってくる。
カッパを羽織るまでもなかった。

IMG_2383.jpg
(下流に向かう遊覧船)

走行距離:40キロ(ルイガノクロス)

小さな旅(自転車)    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
良かったですね Posted by 相子
お母様日に日に回復へと向かっておいでのこと、良かったですね。

酒盛りをするホームレスを何気なくという風に走る。
こういう気分は電車に乗るとよくあります。

遊覧船はこの数年何回か乗りましたが、毎回新しい発見をします。

デリーのカレーは娘も大好きですが、矢張り上野店しか知りません。
断腸亭さんの評価95点と娘に伝えておきます。
2009.07.03 Fri 09:25 URL [ Edit ]
八丁堀 Posted by kaccin
おはようございます。魚市場じゃないんですが、八丁堀は鉄の町だったんですよ! というのは関東大震災の後、堀に鉄板を渡して、その上に、瓦礫の中のあっちこっちから集まった各種鋼材を売買する市場が出来て賑わったそうです。実際バブル前までは小さな鋼材問屋が、あの町には集まっていましたが、今は数が減っています。いや、全くの閑話休題でした。
2009.07.04 Sat 07:40 URL [ Edit ]
デリー Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

ありがとうございます。
お袋は、基本的には、快方に向かっていますが、三歩進んで二歩退がるというような感じです。

隅田川界隈のホームレスは、どうも、互助的な結束があるらしく、テントの下に敷く木製の枠などを協力して作るなどしているようです。
私がよく弁当を食べるベンチ周辺に住んでいる人は、既に私の顔見知りになりつつあり、挨拶をしたり、話しをかわしたりすることもあります。
みんなとても良い人です。

やはり、デリー、ご存知でしたか。
やはりあそこのカレーはウマイですね。
上野店とレイアウトはよく似ていますが、やや広々としています。
メニューはまったく同じだと思います。
店員の接客も大変に行き届いています。
上野店と違って、閑散としたオフィス街にぽつんとある感じです。
是非、お嬢さんに教えてあげて下さい。
2009.07.04 Sat 07:46 URL [ Edit ]
八丁堀 Posted by 断腸亭髭爺
kaccinさん

そうなんですか。
さすが、クロモリと鉄鋼のkaccinさん。

八丁掘と言えば、まあ、鬼平ぐらいしか知りませんでした。

八丁掘から築地にかけてのあのあたりは、幕末から明治にかけて、国家の重要施設や学校などが多かったようですが、大震災でがらっと変わってしまったようです。

もしかして、震災の後、神田鍛冶町あたりから、鉄鋼関係の人が移り住んできたんですかねえ。

私が知らないだけかもしれませんが、あのあたりには、あまり古い街並みは残っていません。
ただ、記念碑の類は、かなりたくさんあります。
2009.07.04 Sat 08:13 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/321-2cf4e75f

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。