日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.06.24 Wed
雨のち曇、東奔西走~杉並区永福までの経路
今日は忙しい一日だった。
同じ日にいろんな用事が重なってしまって、あちこちを走り回る羽目になった。

その概要。
自宅(葛飾区水元)→職場(杉並区永福)→本八幡(千葉県市川市)→病院(文京区本郷)→自宅(葛飾区水元)。
夜、帰宅して、集合住宅の二階まで自転車を担いで階段を登る際に、軽い立ち眩みを覚える。
メーターを確認すると、99キロも走っていた。
自分でも驚いた。
仕事のある日にこんなに走ったのは初めてかもしれない。
道理で疲れるわけだ。

それはさておき、(今年度の)私の職場は2箇所あって、一つは、前の日記でご紹介したように、駿河台(千代田区神田)、もう一つは、永福(杉並区)である。
大概は駿河台の方に通うわけだが、週に1度か2度ぐらいは、杉並の職場にも行かなくてはならない。

駿河台は、比較的近い(片道約17キロ)のでもう完全に慣れてきたが、杉並の職場は片道約30キロあるので、今でも、やや緊張する。
緊張する理由はその距離の長さだけではなく、都心のど真ん中をを貫く経路を通らなければならないため、その交通量の多い幹線道路をば、事故をおこさないように細心の注意を払いながら走らなければならいからだ。

とは言っても、幹線道路ばかり走っていると疲れるので、途中、裏道を「塩梅」(この言葉、好きです)しながら、経路を選ぶことになる。

今日は、その自宅(葛飾区水元)→職場(杉並区永福)までの経路をご紹介したい。

距離が長くなればなるほど経路のバリエーションは多くなるのは当然で、順列組み合わせ流に勘定すれば、100種類ぐらいあるだろうが、現時点で最も「気に入っている」経路である。

この経路は、葛飾からだと、浅草や秋葉原や四ッ谷や新宿あたりに用事が生じたときにも重宝する。

先ずは、地図を。
「大きな画面で見る」をクリックすると、地図が現れる。
「ふきだし表示」をオフにすると見やすい。



前回の雨の日用の経路とは違って、葛飾区の青戸あたりも街中を抜ける距離が短く、首都高高架下の隅田川土手にもそう拘っていない。

靖国通りの「岩本町」から白山通りの共立女子大までの抜け道は、これと平行して走る靖国通りがこのあたりは蛇行しているので、やや距離が短くなるので有効だが、全線一通なので、帰りは、「一ツ橋」交差点から一本南を走る道を走って、「東神田」付近で靖国通りと接続する経路を取る。

確かに、自転車は、クルマが一通の道でも、そのほとんどは適応外(合法)なのだが、やはり恐いので、なるべく一通路の逆走は避けるようにしている(なるべくね)。

「千鳥ヶ淵」交差点から一番町を抜けるルートも、「半蔵門」経由で新宿通りを辿るよりも、多少近道になるから。

「西新宿」から旧玉川水道道路(都道431号角筈和泉町線)を西進する経路は、途中、車道の路肩にブルーの自転車走行帯もあって、比較的走りやすいので、お薦めである(但し、時間帯によっては交通量多し)。

IMG_2141.jpg
(旧玉川水道道路の自転車通行帯)

今日は、朝はかなり本格的な雨で、職場に到着したときは、靴の中からちゃぷんちゃぷん音がするほど水が溜まった。

IMG_2351.jpg
(雨の日本橋川)

靴より上は、カッパを着ているから良いものの、靴への水の侵入はどうしたらよいものやら・・・。

走行距離:99キロ(ルイガノクロス)

小さな旅(自転車)    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by じて通マン
通勤経路100通りもあるんですか?私はまだまだ修業が足りない…
2009.06.26 Fri 04:03 URL [ Edit ]
縦横無尽 Posted by 断腸亭髭爺
じて通マンさん

お互い、雨が多くて困った一週間でしたね。

自転車は、ほぼ一通がないのと、どんな細い路地にも入れるので、まさに縦横無尽です。

好天で時間があるときは、努めて、走ったことのない通りに挑戦してみます。

思わぬ発見があって、わくわくしますよ。
2009.06.27 Sat 08:39 URL [ Edit ]
「おかわり」自在。 Posted by しゃあ あずなぶる
宗教関係で山登り。
最初は登山靴でしたが、何回目からか地下足袋です。
濡れるのは同じですが、予備を複数携行出来るので
休憩後や翌日に、乾いたモノが履けるのは爽快です。
慣れるまで、足の裏が痛いですが・・・ね。

自転車に地下足袋は、合いませんね。
2009.06.27 Sat 13:40 URL [ Edit ]
地下足袋 Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

実は、地下足袋でロードバイクに乗っている人を一度だけ見かけたことがあります(荒川サイクリングロードで)。
なるほどと思いました。
ズボンの裾もからげることができるし、フィット感は最高だろうし。
人力車の車引きも、地下足袋ですね。

そこで、私も調べたことがありますが、もしかしたら、分厚いゴム底の付いた長い物は自転車にも適していると思います。
脱ぎ履きが面倒なのを除けば、特に冬場はいいかもしれません。
雨に強いかどうかは、私には分かりませんが。

見てくれは確かによくありませんが、私はファッションモデルではないので、関係のないことです。

研究してみます。
2009.06.28 Sun 08:31 URL [ Edit ]
走行99キロとは Posted by 相子
東海道線で99キロと言いますと東京駅から伊豆山あたりまでですね。

雨の中よく頑張りましたね。腿の太さがラガーのように凄いのでしょうね。
2009.06.28 Sun 11:43 URL [ Edit ]
そうですか Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

小分けにして走ったので、そんなに長距離を走っているという自覚はありませんでした。
それと、知らない道を走っていると、長く感じるのですが、知っている道の場合、そうでもないんですね。

熱海には、自転車で何回か行きましたが、小田原までは楽ちんなのですが、伊豆半島に入ってからの坂には参りました。

腿はそうでもありませんが、ふくらはぎは確かに太くなりました。あと、案外太くなったのは腕です。
自転車を漕ぐときには、腕の力を結構使っていることが分かります。
2009.06.29 Mon 05:57 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/316-9c1ef965

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。