日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.06.19 Fri
断腸亭流・利根川図志3~経路指南
武蔵国(江戸)に住む人が銚子まで辿る経路は、その昔は3つほどあったと思われる。

1.千住から新宿(にいじゅく)を経て、佐倉(成田)道経由で陸路銚子に至る道(いわゆる「脇往還」)。
2.行徳から木下街道を陸路を北上して利根川に至り、船で銚子まで至る。
3.上記1の経路で新宿まで来て、そのまま水戸街道を進んで松戸宿。陸路、松戸から金ヶ作あたりを抜けて、布佐から利根川の舟運によって銚子に至る。

たぶん、1が一番古く、もしかしたら上古以来(千葉街道から成田道に至る経路も含む)。
2と3は、銚子から鮮魚を運ぶ経路が確立する江戸以降の経路であると思われる。

ただ、もっと古くは、霞ヶ浦も利根川も手賀沼も印旛沼も、現在よりも遙かに水域が広大(たぶん、当時の人には、一続きの巨大な内海のように思われたであろう)だったので、現在のわれわれには想像もつかないような舟運によるルートが存在したかもしれない(縄文時代の一時期まで、銚子半島は、ほぼ島だった)。

さて、話は急に小規模になるが、江戸川筋の水元(葛飾区)に住む私が、自転車で利根川経由で銚子に行く場合の、

1.手賀川から木下に抜けるルート
2.利根川サイクリングロード東端から銚子市街地に入るルート

を以下、ご紹介したい。

ただ、道にはその人の好みがあるので、万人が気に入るとは限らないということを付記しておく。

1.手賀川浅間橋から木下(利根川サイクリングロード)へのルート。

先ず、ココをクリックすると、地図が現れるので、それをご覧なりながら以下お読み下さい(「ふきだし表示」をオフにすると見やすい)。

手賀沼の東端の曙橋から手賀川の南岸を走って、(水色の)浅間橋に至る。
浅間橋で北岸に渡る(南岸をそのまま行くと道がなくなるので)。

IMG_0916.jpg
(手賀川南岸の道)

北岸には、途中から土手上に出来たてのきれいなサイクリングロードが付いているが、上がり口がないし、土手下の一般道の方が、車はほとんど来ないし、広々としていて走りやすいので、私は一般道を走る方が好きだ(左の森の向こうに「手賀沼終末処理場」あり)。
この川沿いの一般道は左に逸れるように曲がっているので、道なりに進む感じで迂回して、すぐ先にある「関枠橋」で南岸に、川沿いの道をそのまま走る(東進)。
2,3百メーター走ると、手賀川が分流して、六軒川(北流)と弁天川(南流)に名を変えるが、われわれは弁天川南岸の道をそのまま進む。
道なりに進むと川沿いの道が切れるような雰囲気になり、大きな通りにぶつかるのでそこを左折する。
この大きな通りが、実は、江戸時代には、銚子から江戸まで鮮魚を運んだ旧木下街道である(現在の木下街道(県道59号)は、この地点を右折した先にある「中の口」交差点を起点とする)。
その後は、この旧木下街道を東進すれば、昔の木下街道の起点である「銚子屋」の裏手にたどり着く。

IMG_0913.jpg
(利根川土手から見た「銚子屋」)

そこまで来れば、目の前に土手への上がり口が付いているので、それを上がれば、利根川サイクリングロードの「木下」に達する。
ここから、80キロほど下流の利根川河口までの遙かな旅路が始まるわけである。

IMG_0912.jpg
(利根川土手にある木下の説明板)

2.利根川サイクリングロード南岸の終点から銚子駅までの抜け道ルート。

先ず、ココをクリックすると、地図が現れるので、それをご覧なりながら以下お読み下さい(「ふきだし表示」をオフにすると見やすい)。

利根川サイクリングロード南岸の終点に達してから銚子の市街地に入るのに一番簡単な経路は、国道356号を東進することであるが、市街地近くになるまでは、路肩も狭く、交通量も激しいので、自転車ではなかなか走りにくい。

歩道に逃げようにも、まともな歩道はほとんどなく、あったとしても、急に途切れたり、どぶ板一枚の歩道だったりするので、基本的には、国道と平行して通る旧道を走るのが良い。

と言っても、途中で国道に合流してしまう区間があるので、その迂回路を含めて図示したのが、上記URLの地図である(途中、ややこしいところがあるが、お示ししたルートはもっともシンプルなもの)。

国道と合流する「野尻町」の交差点までは、立派な長屋門の農家などが並ぶ農村的な風景が続き、「野尻町」の交差点以降の川筋の旧道は、海辺の古い町の雰囲気が続く。

この道を東へ走ると、銚子大橋の橋桁に達する。
橋桁をくぐって、大通りを右折すると、銚子駅が見えてくる。
駅前の「観光案内所」で資料などを入手することができる。

是非とも、利根川ルートで銚子に旅する際の参考にされたい。

本日の走行距離:34キロ(フジクロス・本郷の病院往復)

旅(自転車)    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Great! Posted by kaccin
断腸亭さん、実に良いです。 銚子に到る道が目に浮かぶようです。木下経由や海運ルート、頭の中では前からイメージできていましたが、自転車乗りの視点で語られると、胸が躍ります。
2009.06.20 Sat 07:44 URL [ Edit ]
いずれ是非 Posted by 断腸亭髭爺
kaccinさん

いずれ是非、ご案内できればと思います。

まだ完全には把握しておりませんが、飯岡から、できるだけ坂道を回避しながら利根川サイクリングロードに至るルートも研究しておきますね。

今日は、雨ですね・・・。

2009.06.21 Sun 04:57 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/312-3c3fbb50

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。