日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.06.05 Fri
死の街
お袋を砂町(江東区)の病院に連れて行くべく、早朝に出かける。

お袋と一緒だし、ラッシュアワーの鉄道に乗らなくてはならないので、折りたたみ自転車の輪行も諦める。
朝7時頃、家を出て、千代田線金町駅→(大手町駅乗換)東西線南砂町駅。
ぎゅうぎゅう詰めの車輌に乗るのが初めてのお袋は、とにかくびっくりしている。
「日本のお父さんはエライねえ」というのがお袋の感想。

砂町は、奇しくも、お袋自身が戦争中に暮らしていた街(その後、銚子に移住)で、多少は、思い出の断片でも残っているかと期待していたようが、いざ駅に降り立つや、何とも未来都市風な光景にお袋は言葉も出ない。
幾何学的な公園と高層マンション群と工場。

まるで、「歴史」を排除し尽くしたたような光景に、私も殺伐とした気分になって、ムンクの「叫び」に描かれているような孤独な焦燥感を覚える。

munchsakebi.jpg
(ムンク「叫び」)

こんな街に3ヶ月も暮らそうものなら、私は気がおかしくなってしまうかもしれない。
もし、次次回のオリンピックが東京で開催されることになったら、あの愛すべき築地も、こんな「死の街」になってしまうのだろうか(何としても阻止したいものである)。
青山の表参道も下劣きわまりない街だが、ここもまた、いわば、規格化された虚栄の街の象徴で、インチキ社会主義国の悲愴(かつ、皮相)感に似たようなものを背負わされているようである(すみません、あくまでも「個人の感想」です)。

IMG_2228.jpg
(南砂町の公園と工場)

お袋の話では、当時(戦争中)は、よく水が出て家が浸水したもので、地面を掘るとすぐに水が湧き出してきた。
父(私の祖父)は、このあたりの工場で働いていたのだが、当時の面影はまったくない・・・。
銚子の醤油工場から誘いがあって引っ越すことになったが、米軍の空襲も激しくなってきていたこともあって、一家喜んで銚子に移り住んだと・・・(しかし、銚子でも米軍の空襲に悩まされることになる)。

病院に到着。
PET検査というのは、投影剤を注射してから、体内のアミノ酸の吸収量を捕捉する検査のことで、癌細胞の有無などを明らかにするためのものらしい。
2時間半ほどかかるというので、私は病院の周りを傘をさして散歩することにする。

よくもこんなつまらない公園を造ったものだと、歩くほどに呆れるほかないようなものだが、そこに植えられている梅の木には、ちゃんと実がついている。

梅の実4個を収穫。
帰ったら、私の愛飲している焼酎瓶に入れよう。

IMG_2227.jpg
(収穫した梅の実4個)

梅の実を収穫したことでやや晴れやかになって、病院に戻る。

ちょうど、検査が済んで、お袋と再会。
近くのデパート(?)内の回転寿司で昼食をとった後、逃げるように地下鉄東西線に乗った。

船橋駅でお袋を見送る。

帰り道、京成電鉄から葛飾の下町の風景を見て、やっとほっとした気分になれた。

走行距離:1キロ(ママチャリ)

身辺雑記    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
お疲れ様ッス。 Posted by しゃあ あずなぶる
お母さん。病人なのに満員電車は辛かったですね。
お大事に。
ボクは明後日、母の手術に立会いです。
2009.06.08 Mon 04:36 URL [ Edit ]
それぞれに Posted by 相子
生きた歳月が心に残す姿を振り返ると全てが変わり果てたという場所や風景がありますね。

孫たちの見る街の風景はどうなっていることでしょうね。

想像を超えていそうです。効率と利便性だけが強調されているかも知れませんね。

食糧事情と人口増加で国民全員給食になったりとか。恐ろしくなります。
2009.06.08 Mon 07:49 URL [ Edit ]
二人で一杯 Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさんのお母さんも、手術ですか。
私の母は、今月中下旬頃になりそうです。
一段落ついたら、二人で一杯やりましょう!

2009.06.08 Mon 09:19 URL [ Edit ]
醜悪な街 Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

機能と効率だけに特化された街というのは、本当に味気ないものですが、そこに「虚飾」のようなものが被さると、耐え難いほど醜悪な姿になりますね。

でも、若い頃は、そういうことをあまり感じませんでした。
年を取ったということなのかなあ・・・。
2009.06.08 Mon 09:25 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/303-2391e1ac

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。