日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.06.01 Mon
旧街道の地蔵様
最近は、梅雨も間近になって、天候が不順になってきた。
久々に太陽が顔を出したので、朝から洗濯。

フジクロスに乗って、出発。

いつも通る道すがら、国道6号に出る直前に、旧水戸街道を思い出す縁(よすが)となる場所がある(地図は、ここをクリック)。
そこには、松の大木があって、何となく一里塚風ではある(実際は違うが)。

IMG_2074.jpg
(旧水戸街道・正面が北)

この写真の左下から右上に走る道路が、北へのびる旧水戸街道である。
現在の国道6号とほぼ平行に走るこの道は、金町駅の手前で国道6号といったんは合流して、新葛飾橋の手前でまた国道から分かれて江戸川の土手沿いに向かい、「松戸の渡し」に至ることになる。

旧街道筋で昔を忍ばせる物はあまり多くないが、当時からあった葛西神社とこの場所が、まあ、旧街道が存在したことを今でも主張している。

IMG_2071.jpg
(葛西神社・12世紀末創建)

ご覧の通り、石碑や地蔵像がずらっと横並びになっているが、黒大理石のひときわ新しい石碑があって、この場所に関する説明が彫られている。

IMG_2073.jpg

なるほど、10年ほど前、このあたりの道路の拡幅工事が行われた際に、旧街道沿いにあった石碑石像類をひとまとめにここに移設したということなのである。

何と不憫なことか。
地蔵様は、場所と結びついている物なので、本当は、動かしてしまっては意味がないのだが。
ただ、博物館行きよりはマシかな。
私が地蔵様だったら、せめて野外に立っていたいものである。

IMG_2076.jpg
(享保年間の地蔵様たち)

これら三体の地蔵が彫られたのは、いずれも、享保三年の十月で、西暦で言えば、1718年の暮れ近く(陽暦)である(吉宗の時代)。
この三体の地蔵は、よく見ると、夫婦と子どものようにも見える。

1718年の暮れ。
その日は、雪の降る寒い日だったのかもしれない。
子ども連れの若い夫婦が、葛飾は新宿(にいじゅく)までやって来て行き倒れになったのか・・・。
想像は尽きない。

せめてもの救いは、今でも、近隣の「良民」が花を手向けていることである。

私もお地蔵様の前で手を合わせると、自転車に跨って、トラックの車列が轟音をたてている国道6号線の方に向かった。

走行距離:36キロ(フジクロス)

小さな旅(自転車)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/300-16c9604d

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。