日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.05.31 Sun
菖蒲祭り・新撰組・飯塚の渡し・明神の湯
週の後半、飲み会が続いたので、何となくお疲れ気味。

朝は、いつものように、水元公園を散歩。
6月5日(金)から2週間、「葛飾 菖蒲祭り」が開催されるので、露店の枠組みを組み立てたり、ステージ周りの準備も始まっている。
ここ水元公園の1万4千株の花菖蒲も、祭りに合わせて日に日に多くの花を咲かせつつある。

IMG_2206.jpg

呑ちゃんの起床を待って、自転車で「明神の湯・大谷田温泉」に出かける。

途中、中川に架かる「飯塚橋」を渡る。
この橋の上からの眺望が好きなので、必ず自転車を止めて、休憩する。

IMG_2212.jpg
(飯塚橋より中川上流を眺む)

この橋は、葛飾区と足立区を結ぶ重要な橋で、現在の飯塚橋は、1992年に完成した新しい物だが、その前の古い橋は、1950年に架けられた。
それまでは、飯塚の渡しが運航していて、人々の往来に大いに寄与していた。
当時は、この渡しを利用するしかなかったのだが、車で葛飾~足立を行き来するには、下流の亀有まで廻って「中川橋」を渡っていたのであろう。
その中川橋の架かっているところが、旧水戸街道である(現国道6号は、さらに下流の中川大橋を通っている)。

話は飛ぶが、1868年、綾瀬の金子家に逗留した新撰組は、もしかしたら、その後、旧水戸街道経由ではなく、この飯塚の渡しを渡って、流山に向かったのではないだろうか。
というのは、旧流山道は、中川の東岸沿いを走って、現在の西水元を通って大場川沿いに抜けるルートだったので、流山に行くのならば、当時としては最短ルートだったはずである。
いずれ、その検証をしてみたい・・・。

今日は、入浴後、足もみマッサージ(20分)もやってもらった。
本当は、身体もみをやりたかったのだが、先々週木曜に、墨田で信号待ちをしていたら、女子高生の自転車に激突され、腰をぶつけて、まだ痛みが残っていたので足裏マッサージにした。
気持ちよかった。

そうそう、今回もまた、贔屓にしている四ツ木の飲み屋の店主と浴場でばったり。
いくら懇意にしていると言っても、全裸で出くわすと、さすがに何だか変な感じがするものである。

IMG_2209.jpg
(明神の湯の御休処)

走行距離:13キロ(6速ママチャリ)

小さな旅(自転車)    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
勉強になります Posted by 相子
毎度のことながら勉強になります。新撰組のルート。検証をお待ちします。
追突とは驚きましたでしょ。女子高生はキチンと謝りましたか。
2009.06.01 Mon 08:02 URL [ Edit ]
今後の課題 Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

新政府軍は、当然、新撰組の動向を詳しく掌握していたはずです。勝海舟も、綾瀬の新撰組屯所に訪れていたぐらいですから。

新政府軍の取り締まりは、当然、水戸街道筋が堅固だったにちがいありません(慶喜の縁の地にだけは行かせたくなかったはずです)。

私が局長(近藤)だったら、極力、水戸街道は避けます。
警備の薄いはずの飯塚の渡しを利用したいと思うはずです。

ただ、このときの新撰組は、江戸市中で新組員を募兵したために、約280人の大所帯になっていて、しかも、火薬の原料である炭を満載した大八車も何輌も従えていたので、小規模な飯塚の渡し舟にその運搬ができたかどうかが疑問です。

もしかしたら、水戸街道の渡し(中川橋付近)と飯塚の渡しの両方に人員や物資を振り分けたのかもしれません。

私にぶつかってきた女子高生は、その弾みで、自ら電信柱に激突転倒しました。
私はすぐに起きあがって、カゴから飛び出た鞄を拾い上げてあげましたが、教科書が一杯入っていたので、真面目な学生なんだと判断しました。
彼女は、ぼけっとしていて前方を見ていなかった自分の非を詫び、私の身体と自転車のことをしきり心配してくれました。
転倒したときの身のこなしが鮮やかだったので、たぶん、何かのスポーツをやっている学生だと思います。

2009.06.01 Mon 08:50 URL [ Edit ]
感謝です Posted by 相子
何事でも「自分だったらは?」と考えますと世界が広まり楽しいものですね。

早速お教え下さり有難うございます。

女子高生のことも良かったです。
2009.06.01 Mon 11:00 URL [ Edit ]
初めまして・・・ Posted by dejavuewords
痛風で参ってるんですが、調子次第では明日はハナショウブの撮影に行こうかと思ってます。
有難い情報に(^-^)//""パチパチ
2009.06.01 Mon 22:09 URL [ Edit ]
もしもあのとき・・・ Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

「もしもあのとき・・・」ということを考えるのはとても楽しいことです。
ただ、自分の「歴史」については、それは御法度にしています。
後悔先に立たずがいいですかねえ。
2009.06.02 Tue 03:56 URL [ Edit ]
今のうちがいいかも・・・ Posted by 断腸亭髭爺
dejavuewordsさん

はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

痛風とは、大変ですね。
私の同僚にも、痛風持ちが二人います。
飲み屋では、プリン体ゼロの「ホッピー」を飲んでます。
内一人は、現在、トルコに行っているのですが、トルコにはホッピーがないので困ると言ってました(そりゃそうだろうなあ)。

菖蒲まつりは、金曜からですが、祭りが始まると騒々しいので、今のうちにご覧になる方がいいかもしれません。
箱庭風がお好みなら、堀切菖蒲園。
大自然風がお好みなら、水元公園です。

2009.06.02 Tue 04:04 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/299-8b675e0b

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。