日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.05.30 Sat
花菖蒲と金町南口の名店
午前中、花菖蒲の咲き具合を確認するために、呑ちゃんと霧雨の水元公園を散歩。
雨に煙る公園の風景もまた乙なものである。

IMG_2194.jpg
(水色の鉄橋は、園内に架かる最大の橋「水元大橋」)

IMG_2195.jpg
(園内にはたくさんの水路が通っていて、これがこの公園に「水郷」の風情を添えている)

花菖蒲は、まだまだまばらながら、先週に較べると、大分花をつけてきた。

IMG_2196.jpg
(花菖蒲畑と雨の日通勤用のルイガノクロス)

睡蓮の花も咲いていた。

IMG_2200.jpg
(この池には、毎年、ウシガエルが大発生する)

夜は、久々に呑ちゃんと金町駅前の「太助」で一杯。
再開発のため日々醜悪化しつつある金町駅南口だが、その難を逃れて、私の大好きなお店たち(「大力」「ゑびす」「そばっ子」「太助」など)はすべて、ビルの谷間で今なお健在である。

IMG_2205.jpg
(私にとって、立ち食い蕎麦屋の理想型「そばっ子」)

太助」の入口は、間口半間ほどしかなく、しかも自販機に埋もれているようなので、何だか入りにくいような気がする。

IMG_2204.jpg
(自販機を「掻き分ける」ように入店する「太助」)

扉を開けて眼に飛び込んでくるのは、カウンターだけで、あ~やっぱり小さな店だと思いきや、カウンターを抜けると、かなり広い空間が広がっていて、テーブルが並んでいる。

店内は、自然な時の経過こそが歴史を作り上げるものだということをひしひしと感じさせる「古さびた雑然性」が充満していて、私は全身から嬉しさがこみ上げてくる。
値段も安く、品数はきわめて豊富で、とりわけ、マスターの焼酎に関する蘊蓄はものすごい。

IMG_2202.jpg
(この古さびた値段表とその安さを見よ)

IMG_2203.jpg
(酎ハイ類の値段表・日本酒や焼酎の種類も多数ある)

われわれは、あんかけ焼きそば(300円)と酎ハイ(250円)を手始めに、心ゆくまで金町の夜を堪能したのであった。

IMG_2201.jpg
(あんかけ焼きそば・昔懐かしい赤いウインナが嬉しい)

走行距離:8キロ(ルイガノクロス+ママチャリ)

   Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
なんとしても「大力」へ。 Posted by しゃあ あずなぶる
昨日は御一緒出来ず、残念でした。
また、行きたいですね。
2009.05.31 Sun 08:37 URL [ Edit ]
ゴチャゴチャ大好きです Posted by 相子
良いですね。美しい緑濃き公園を歩き、すっきりとした空気を吸った後、美味しい店に立ち寄る。羨ましいです。

私はゴチャゴチャが大好きで、香港や台北などの雑踏の街を歩き、眺めるのは楽しみの一つです。

最近は飲み屋に行く機会は全くありませんが、若い時にはよく行きましたね。
2009.05.31 Sun 09:16 URL [ Edit ]
明神の湯 Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

ご令息の焼き肉屋誕生日会はいかがでしたか?

今日は、これから、足立の「明神の湯」(大谷田温泉)に行きますよ。
よかったら、顔出して下さい。

それから、ローラー台の件で書き忘れましたが、サイクルメーターを自転車に取り付けると、速度や距離や消費カロリーが分かって面白いですよ。

一番安いこれで十分(ママチャリでも小径車でも取り付け可能)

http://item.rakuten.co.jp/thepowerful/cc-vl110/
2009.05.31 Sun 09:55 URL [ Edit ]
雑踏の美学 Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

路地。
雑踏。
裏通り・・・。

そういう言葉を聞くだけで、私はわくわくしてしまいます。
人間の暮らしの息づかいが、魅力的な空間を作り上げているようです。

しかも、そういう場所には、まるでそこから「生えてきた」ような飲み屋があるものです。
2009.05.31 Sun 10:09 URL [ Edit ]
ブラジリアにはがっかりしました Posted by 相子
南米に行くのに当時東京の遷都問題が話題になっていましたので、希望でブラジリアの入っているツアーを選びました。
人々の生活感がどこからも感じられなく、ホテルの中でさえ人の息吹も感じれませんでした。
指輪やアクセサリなどの土産物を売る人が車で次々先回りしていたのも外国旅行でもここだけでした。土地の物がないのです。土産を買う楽しさも感じることができませんでしたね。
無味乾燥の街です。
東京は一極集中の危うさもありますが、人々の営みがまだまだ見られますね。
何車線もある大通り、立派な建物。公務員は週末はこの街から出て行くそうです。
そういうのと比べ日本の路地裏の風景や雑踏、また普段着で行き交う人の姿に安らぎを感じます。
2009.05.31 Sun 11:37 URL [ Edit ]
相子さん。断腸さん。 Posted by しゃあ あずなぶる
ごちゃごちゃは・・・。
ボクは街の雑踏に、飲み込まれ溶けていくような快感を覚えます。
同時にその事に恐怖します。戻れないのではないかと。

日本の政治家は無味乾燥の中で純粋に仕事に取り組んで欲しい。
政治家も公務員も「ちゃんと出来るまで還しませんよ」ってね。

ローラー、欲しいのですが、なかなか時間がなくて。
スクワットで誤魔化しています。
情報、有難う御座います。
2009.05.31 Sun 12:06 URL [ Edit ]
無計画都市 Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

東京は、良くも悪しくも、無計画都市で、しかも、明治以後、関東大震災と米軍による大規模な空爆もあったため、市街地の建設は、事実上、個々の住民の「勝手な=自由な」意志に委ねられたようなところがありますね。

しかも、ある程度計画的に道路やビルを造る段になると、市民の利益は無視されて、土建屋系政治家の利権主義が幅をきかすので、都市の姿はどんどん混沌としてくる・・・。

ただ、私が面白いなあと思うのは、現在の歓楽街や、地域の商店街は、戦後の闇市的なものから「自然成長」したようなところがあって、これが、妙な人間臭さや迷路性を醸し出しているのだと思います。

計画都市は、大抵の場合、権力(や資本)の原理で作られるので、無機質なものになりがちですね。
越谷レークタウンや筑波エクスプレス沿線の新駅周辺などは、無機質さと安ぴかの張りぼて都市になりつつあります。

「開発」よりも、既に在る街区の充実に力を入れる必要があるような気がします。
2009.06.01 Mon 03:28 URL [ Edit ]
メーター Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

ローラーは、下手をすると、自転車より高いので、まず、メーターだけ付けることをお勧めします。
速度や距離が分かると、それだけで乗るのが楽しくなるものです。
室内でエクササイズするよりも、自転車で商店街に買い物に行った方が気晴らしにもなるはずです。
2009.06.01 Mon 03:39 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/298-366b74bd

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。