日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.05.23 Sat
根津の思い出・葛飾デルタ同盟饗宴
洗濯、水元公園散歩、部屋の掃除。

フジのクロスバイクに乗って、本郷の病院へ。
土曜日なので、多少、道が空いている。

途中、中川筋を走っていると、職場の同僚にばったり出会う。
散歩中だという。
住所が葛飾区青戸だということは知っていたのだが、私が毎日通勤路として使っているこの川筋の道は、彼の散歩コースでもあったのだ。
そのうち一緒に散歩しましょうということで別れる。

お袋は、検査がすっかり済んで、さっぱりした気分なのか溌剌としていた。
心は、もう明日の退院のことに飛んでいて、明日の昼は牛タンを食べたいと言って、笑っている。
じゃあ、明日!と言い残して病院を後にする。

今日は、午後から、「葛飾デルタ同盟」のメンバー(びんなんさん)の祝引越ホームパーティがあるので、その足で、足立まで向かうことに。

東京大学を右に見ながら本郷通りを北上して、農学部の校舎の所で裏道に折れる。
元加賀藩邸だった東大の敷地は、今でも緑が多くて、通りに緑がこぼれ出さんばかりである。

根津神社の裏から、かつて、自家製マッコリの飲みすぎて4週間ばかり入院したことのある日医大病院の前に出る。

懐かしいなあ・・・。

病院を抜け出して、近くの焼鳥屋で飲んでいたら、ちょうど折悪く、仕事明けの看護婦さんたちが飲みに来てばれてしまい、大目玉を食らったっけ。
「どうして患者だとわかったのですか?」と聞いたら、「点滴スタンドを持ち込んで飲んでいれば、誰だって患者だと分かりますっ!」と言われて、なるほどと思った。
四六時中、点滴スタンドを押しながら生活していると、それが身体の一部のようになっていまい、他人からは見えないはずだと思いこんでしまうものなのである。

男子学生が毎日のように、大挙して、見舞いに来てくれたっけ。
教師思いの学生がたくさんいてオレは幸せだなあと感動していたら、実は、学生たちのお目当ては、看護婦さんだった。
Mさんという、気立ての良い看護婦さんがいて、私も「一目置いていた」のだが、学生たちも、Mさんに夢中で、仕舞いには、ファンクラブ化していた。
私が退院しても、病院に通ってくる学生がいて、病院から注意を受けて諦めたという後日談までついた。

懐かしい根津界隈を抜けて、谷中墓地の脇道を通り、西日暮里駅に出る。
京成線高架と並行して走る道をたどって、町屋を抜けて、尾竹橋で隅田川を渡り、西新井橋で荒川を渡る。
本木新道を北上して、先ずは、買い出しのために、西新井大師へ。

ここでしゃあさんと待ち合わせることになっているが、約束の時間より早く着いてしまったので、西新井大師境内を散策。

IMG_2159.jpg
(藤棚の前には美しい池)

ここは、藤棚が有名なのだが、時季はずれ。
面白い看板を発見したので、写真に撮る。

IMG_2160.jpg

IMG_2161.jpg
(この看板は特に傑作!)

参道をとぼとぼ歩いていると、背後で自転車のベルが鳴ったので、振り向くと、満面の笑顔のしゃあさんが赤い折りたたみ自転車に跨っている。
なんと舎人ライナーを3駅だけ「輪行」して来た(?)という。
いつもながら、何とも不思議な行動をする人である・・・。

さっそく二人で、私の(学校の)先輩が営むお肉屋さんに赴く。
先輩は、所用でお店にはおられなかったが、先輩の奥さんが懇切に対応して下さる。
しゃあさんと相談しながら、ローストビーフ1キロ、コロッケ10個、シュウマイ10個、大学芋などを購入(後輩のよしみで割引していただいた・感謝)。

買った物をリュックに詰めこんで、会場のびんなん邸(三階の戸建て)まで、しゃあさんと約2キロの「ツーリング」を楽しむ。
本木新道は、古い商店街の風情が残っていて、走っていて結構楽しかった。

われわれが到着すると、続々といつもの仲間たちが集まってきた。
はるばると岐阜から出てきたメンバーもいた。
料理とお酒は持ち寄り制で、テーブルの上には、どっさりとご馳走が並んだ。

IMG_2162.jpg
(ローストビーフとコロッケ・絶品)

こうして、宴会が始まった矢先に、窓の下で何やら不穏な人の動きが見えた。

IMG_2163.jpg
(窓から下を眺めると、こんな奇異な光景が!)

「あらっ、またオウム事件かしら・・・」。
「いや、インベーダーの襲来だ!」。

私は、飲んでいた薩摩焼酎のグラスを投げ出して(本当は、置いただけ)、やおらカメラを手に取ると、つっかけを履くのももどかしく、外に飛び出した。

白衣にマスクの人におそるおそる尋ねると、「インフルエンザ発熱外来訓練」だという。
なるほど、東京でも感染者が出たので、この病院でも訓練をしているわけである。
テレビの取材もきていて、かなり大がかりなのでびっくりした。

IMG_2165.jpg
(テレビ取材も)

事情が分かって安心したわれわれは、ウイルスに対抗すべく、五臓六腑のアルコール消毒に精を出した。
精を出しすぎて、仮死状態に至る者もあり。

IMG_2170.jpg
(いっちゃん、岐阜からご苦労様)

こうして楽しい夜は更けて、次回は、花菖蒲の花見大会をやりましょうということで、解散!

私は、荒川筋を走って、帰途に着いたのであった。

走行距離:48キロ(フジクロス)

思い出    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by 呑
がははは★いっちゃん超笑えます!
この寝顔、土日で5回以上見ました♪^m^
2009.05.24 Sun 19:43 URL [ Edit ]
夜の荒川は心強かった Posted by やまびこ
忙しい一日御苦労さま~~!!
ふたつの看板に爆笑(^0^)

びんちゃんちへの往路、途中で河川敷の道を東武電車の鉄橋に阻まれたので土手下の道を走りました。往路もそのルートで走ったのですが、今度は荒川と綾瀬川が並ぶ前の綾瀬川沿いに出てしばらく迷い、首都高の下の危なげな暗い道をおそるおそる走り、やっとこさ荒川に再会することができました。
懐かしい友達に久し振りに会ったときのようにほっと安心した瞬間だった♪

2009.05.24 Sun 22:37 URL [ Edit ]
お世話になりました Posted by 相子
昔、大学の診療所の医師は日本医大の医局から見えておりましたが、今はどうですか。
夫が胆石摘出で入院していた時、警察庁長官だった森田さんが入院していました。警備は千駄木の駅から、本郷通りまで物々しく、夫は安心して入院しておりました。
根津神社の境内、本郷通りの喫茶店、病院前の変なそばや。思い出しました。

私が消化器の検査を受けた時、空気を腸に入れられ、検査が済むと爆発かと思うくらいの大きな音をだし空気が出て行き、往生しました。会計が済んでも音が怖くて外に出られませんでした。

肉屋さん凄いですね。創業大正10年とは。
ローストビーフの色が良いですね。食べ過ぎませんでしたか。
それにしても良く走るのですね。
2009.05.24 Sun 23:23 URL [ Edit ]
不思議な行動の しゃあ で~す。 Posted by しゃあ あずなぶる
いや~。楽しかったですね。皆さん。有難う。
遣り残した仕事が有ったのと、翌朝の仕事が早かったので、途中リタイア残念でした。
帰りも輪行しようと思ったのですが、自転車を畳むのが面倒でウチまで走っちゃいました。

断腸さん。ふくらはぎ(脹脛って書くんですね。知らなかった)の筋肉が凄いです。
恐れ入りました。
2009.05.25 Mon 03:58 URL [ Edit ]
見世物としての宴会 Posted by 断腸亭髭爺
呑ちゃん

いっちゃんは、面白い!
これで、BAJAさんやスジャさんが揃えば、われわれの宴会の様子は、ほとんど「見世物」になるんじゃないかな。
2009.05.25 Mon 04:51 URL [ Edit ]
夜の荒川自転車道 Posted by 断腸亭髭爺
やまびこさん

帰り道、後を走っているはずだと思って、しばらく荒川自転車道で待っていましたが、綾瀬川沿いの道に行ってしまったんですね。

あのあたりは、往き(上流へ)はいいんですが、帰りは、とにかく一番最初に荒川に取り付いてしまわないと、合流する綾瀬川や複数の鉄道の交差に惑わされて、方向音痴になりやすいです(特に夜は)。

かく言う私も、夜の荒川自転車道がつまらなくなって、途中から一般道に出て、環七沿いの裏道を目指しましたが、見事に道に迷いました。

荒川土手下の一般道は、かなり危険なので避けた方がよいと思います。

空豆と鰹の刺身、美味しかったです。
やはり、やまびこさんの持ち寄りは、季節感がありますね。

2009.05.25 Mon 05:01 URL [ Edit ]
Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

そうだったんですか。
日医大病院には、お互いに縁があるんですね。

私が入院していたのは、たぶん、7年ぐらい前かと思います。
あのあたりは、散歩するにも持ってこいの地域で、もし今度入院するときがあったら、やはりあの病院がいいなあと思っています(教え子も看護婦として勤めていますし)。

旧鴎外邸の道や、不忍通りの南を通るくねくね道は、なかなか風情がありますね。

例のお肉屋さん、今度、我孫子支部で西新井大師をお参りする機会などがありましたら、ご案内しますよ。
西新井大の縁日は見物です!

http://danchotei.blog75.fc2.com/blog-entry-198.html

http://danchotei.blog75.fc2.com/blog-entry-242.html
2009.05.25 Mon 05:16 URL [ Edit ]
次は手賀沼 Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

これで露払いはできましたね。
さてお次は、手賀沼です。
我孫子駅まで輪行という手もありますよ。
よく練習しておいて下さい。
2009.05.25 Mon 05:18 URL [ Edit ]
訂正します Posted by 相子
今朝食事中に突然思い出しました。警察庁長官は国松さんでした。

どこかの森田さん失礼お許しください。
2009.06.06 Sat 13:22 URL [ Edit ]
私も思い出しました Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

私も思い出しました。
あの犯人、まだ捕まっていないですね。
あれ、プロの犯行だと思います。
2009.06.07 Sun 04:23 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/291-107ba6bb

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。