日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.05.13 Wed
東京名所図会~聖橋より望む神田川百景
仕事の準備のため、3時半起床。

だらだらと仕事をして、風呂に入って6時過ぎに出発。
生憎、外は小雨に煙っている。
夜通し降っていたようで、かなり路面が濡れているので、泥よけ付のルイガノクロスで行くことに。
カッパを着るほどではないと見て、レーパン&ジャージーでよしとする。

いつものように、100円ローソンでおにぎりとサンドイッチを買って、今日は、向島百花園隣りの小公園で朝食。

IMG_2082.jpg
(ベンチが濡れていたので、立ったまま喰う)

浅草あたりで雨が止んで、朝日に路面が光っている。
喉が渇いたので、平川門近くの堀端で休憩。
内堀通りが「日本の道百選」に入っているなんて初めて知った。

IMG_2084.jpg
(「日本の道百選」の碑)

堀端の風景は、何回見ても飽きない。
連休前より、いっそう緑が濃厚になったのが分かる。
雨上がりので、これがまた、いつもより美しい。

IMG_2085.jpg
(江戸城内堀)

今日は、新宿通り(国20号)の裏道を走って四谷の手前に出たけれど、通学児童や抜け道狙いのタクシーが結構多くて、結局、あまり快適とは言えない。
最初から新宿通り(国20号)をぶっ飛ばした方が、気持ちが良いかもしれない。
今後とも、要研究。

仕事が済んで、午後から本郷の病院に入院しているお袋を見舞いに行く。
その前にちょっと時間があったので、聖橋から神田川の風景を眺める。
江戸の昔から、神田川沿いのこのあたりは「茗渓」として知られ、今でも面白い風景で、本格的なカメラをぶら下げてあちこちを撮影している人も見かけた。
興に乗って、私も、安物デジカメで何枚か撮影してみる。

IMG_2087.jpg
(聖橋より、御茶ノ水橋方向を眺む)

IMG_2090.jpg
(聖橋より、昌平橋方向を眺む・前景の斜めに架かっている鉄橋が丸ノ内線、遠景の斜めに架かっている鉄橋が総武線、遠景の小さな橋が昌平橋)

IMG_2089.jpg
(聖橋より。ちょうど丸ノ内線の車両が地下に潜り込むところ。向こう岸にへばり付くように建っている雑居ビル群は、実に風情がある。私が学生として上京した頃には、洗濯物が干してある部屋もあって不思議な郷愁を感じたものである・・・)

IMG_2091.jpg
(聖橋より。ニコライ堂。往古、高さを競った「白雲なびく駿河台」は、ビル群に邪魔されて今は見えない)

IMG_2088.jpg
(聖橋より、湯島聖堂を眺む)

明治時代にほぼ同じ方向から撮影した写真が見つかったので、ここに貼っておこう(無論、聖橋はまだ存在しなかった)。

湯島昌平黌
(湯島昌平黌)

病室のお袋は、社交的な性格を存分に発揮して、同室の入院患者と世間話をしていた。
先日持って行ったドナルド・キーンの『明治天皇』初巻を読み終わってしまったので、二巻以降が欲しいと言っていたので全巻届ける。
しんどい検査の日々にもかかわらず、声は明るく、元気な様子で、ちょっと安心。
点滴針で青く腫れた両腕が痛々しい。

明日また来るよ、と言って別れるが、お袋は、六人部屋のその病室が自分の家であるように、廊下まで見送ってくれた。

病室で合流した呑ちゃんと夕暮れの昌平坂を下る。
気持ちのよい西風が背中を押すようで、気がついてみると、昌平橋まで出てしまった。
昌平橋からの神田川夕景がこれまた美しい。

IMG_2092.jpg
(昌平橋からの神田川夕景。上流方向を眺む)

上の写真左手の煉瓦造りのガード下に、ちょっと面白そうなスペイン風居酒屋があったので、そこに入ってみる。

入店するや、いきなり、ハモン・セラーノ(骨付き生ハム)のお出迎えである。

IMG_2095.jpg
(ハモンセラーノ)

天井からも、立派なハモンセラーノがぶら下がっていた。

IMG_2096.jpg
(ハモンセラーノ)

表面がてらてらと脂で光って、こうして店に置いてある間も熟成を続けているようである。

こうしてわれわれは、スペイン料理(ハモンセラーノやパエーリア)に舌鼓を打った後、昌平坂の対岸にある淡路坂を登った。
神田川上流から吹く風が、サングリアで火照った頬には爽快であった。

走行距離:68キロ(ルイガノクロス)

小さな旅(自転車)    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
お見舞い。お疲れ様です。 Posted by しゃあ あずなぶる
お母さん。早く良くなりますように。
2009.05.14 Thu 13:33 URL [ Edit ]
涙が出ます Posted by 相子
明るいお母様で何よりですね。読む本も凄いですね。
スペイン風居酒屋は残念ながら知りませんでした。お茶の水、聖橋あたり、また神田川の写真はどれも懐かしく、よーく眺めました。
2009.05.14 Thu 14:20 URL [ Edit ]
感謝 Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

ありがとうございます。
今日(15日)は、病院の創立記念日にて、診療がない日なので、もしかしたら、外出許可が出るかもしれません。
2009.05.15 Fri 05:09 URL [ Edit ]
御茶ノ水界隈の「おもしろさ」 Posted by 断腸亭髭爺
相子さん

東京(江戸)は、そもそも東の方から開発されたわけですが、西に行くほど味がなくなりますね。
御茶ノ水界隈の「おもしろさ」は、学生時代には気づきませんでした。
惜しいことをしました。

そのスペイン居酒屋は、「エル・チャテオ・デル・プエンテ」という店名です。
覚えにくい名前ですね。
http://r.gnavi.co.jp/g095632/
神田川沿いにベランダ席がありますが、鉄道がうるさいかもしれません。
一度、お試し下さい。

2009.05.15 Fri 05:20 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/279-f5273970

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。