日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.04.24 Fri
断腸亭大いに怒る!・東京名所図会~北十間川と横十間川
最近の報道には、まったくもって、はらわたが煮えくりかえる。

夕べから今日にかけて、ある芸能人(草薙という人)が夜中に全裸で公園で一人で騒いでいたというニュースでもちきりである。
彼のやったことは、別に褒められたことではないが、果たして、国営放送までこぞって騒ぎ立てるような出来事であろうか。
誰かに暴力を振るったわけでもないし、ましてや国益が損じられたわけでもないのに、何という大袈裟な馬鹿騒ぎであろうか。

彼は、単なる芸能を生業とする30男にして、芸能職斡旋会社の社員に過ぎない。
同じく酒の飲み過ぎでイタリアで国際的破廉恥行為(しかも職務中)を演じた、インチキ政治家の中川元蔵相とはわけがちがう。

なるほど、今回のことで彼が出演したCM関連の会社は困っているだろうが、それは、彼の属する業界の問題であって、われわれとは何の関係もない。
ある会社員が公然猥褻罪で会社を首になって、彼が担当していた仕事が他社に迷惑をかけることがあったとしても、われわれとは何の関係もないのとまったく同じである。

その芸能人が、これほどの扱いを受けなければならないとしたら、中川元蔵相あたりは何回死刑にされても間に合わないというものだ。
その芸能人のことを「最低の人間」と言った総務大臣、こんなことで鬼の首を取ったような顔をして、偉そうにほざいたあなたは、弱い者イジメをして喜ぶ「最低以下」の妖怪です。

怒りのついでに言うが、先般の北朝鮮(という名称の国は実はこの世に存在せず、正しくは朝鮮民主主義人民共和国」だが、略して北朝鮮と表記する)の「ミサイル問題」に関する報道と日本政府の対応も反吐がでるほどひどかった。

まず、北朝鮮が発射した物が、「衛星」なのか、「ミサイル」なのか、結局分からないままに、「ミサイル」を発射したかのように、何の根拠もないままに報じられた。
広辞苑を引くと、「衛星」と「ミサイル」はまったく別の物であることが分かる。

なるほど、「衛星」と「ミサイル」は技術的につながっているので、たとえ衛星だとしても、ミサイル開発の可能性があるというのならば、われわれは、どこかの国が衛星を打ち上げるたびに、迎撃体制を整えて大騒ぎをしなければならない。

結局、真相は、米軍しか把握していないそうで、「衛星」か「ミサイル」かは分からないまま、ミサイルということになってしまった。
ヨーロッパの多くの報道では、「衛星」とも「ミサイル」とも限定されず、「ロケット」という言葉が使われていた。
これなら、中立的で問題はなかったのだが。

また、何万発も核弾頭を保有している国(米国)が、他国に対して、核を持ってはならないと「お説教」するのは、買春をしているオジサンが、女子高生に売春してはならぬとお説教をしているようで、人をだますつもりならもっと真面目にだましなさいと言いたくなる。

それに加えて、北朝鮮がロケットを打ち上げたというだけで、何というみっともない騒ぎか。
鶏を割くに牛刀を用いるかのような馬鹿騒ぎ(まるで怪獣映画のようだ)。
これでは、北朝鮮の思うつぼではないか。
望むらくは、報道でも扱わず、完全無視すればよかったのだ。

いや、それは違うという人もいるだろう。
北朝鮮は、明らかに、日本国を仮想敵国にしているし、北朝鮮の国営放送でもそう断言している。
したがって、北朝鮮とその軍は、日本国にとって、きわめて脅威であると。

なるほど、確かに、ミサイル配備を目論んでいるとされる北朝鮮軍は、日本にとって脅威の一つであることは認めよう。
しかし、私の知っている限り、北朝鮮軍に被害に遭った日本列島の人々はきわめて少数であることも事実である。

それにひきかえ、たとえば、戦後だけでも、米軍が日本人に加えた厄災は計り知れないほどである。
太平洋上での数々の核実験(第五福竜丸事件等)。
沖縄やその他の基地周辺に於ける米軍機や米軍車両による日本人の犠牲者(土地略取、騒音など)。
米兵による夥しい犯罪行為(レイプや殺人)。
米軍基地による深刻な環境破壊(辺野古基地問題など、ここに挙げきれないほど多数)。
年々、米軍に支払っている莫大な予算。
米軍が日本列島に居座ることによる軍事的脅威(標的にされる)・・・。

客観的に見れば、というより、事実に即すだけで、われわれにとって、米軍の方がはるかに、しかも、日常的にも恐ろしい存在なのに、そのことはまったく問題にせず、北朝鮮の脅威ばかりを一方的に煽る。

結局喜ぶのは、国威を示したい北朝鮮と、仮想の脅威が増大したことによって、他国(日本)に軍事施設を置き続ける根拠が強化され、しかも日本から大枚の上納金を巻き上げることができる米国。
北朝鮮と米国の二国だけが得をする。
(米国は、お前の店を「敵」の暴力団から守ってやると言って勝手にやって来ては上納金をせびる暴力団だとすれば、そのもう一つの暴力団が北朝鮮である。結託してんじゃないの、あんたらは?と考えるのがむしろ普通である)。

もぉ~、頭に来た!
インチキもほどほどにしろ!
腐った偽善の臭いがするぞ!

聞けば、次次回のオリンピックを東京でやるべく、税金300億円を使うという(私は賛成した覚えは断じてない!)。
あんまりにも馬鹿らしくて、私は、開いた口がふさがらない。
どんなに口当たりのよい言葉で飾ってみたところで、オリンピックの正体は、歪んだ国家主義と儲け主義と環境破壊である。
やれ、オリンピック招致による社会資本の充実だの何なのともっともらしいお為ごかしをほざく暇があったら、ほとんど崩壊寸前の医療制度を立て直すことに専念せよ!
オリンピックをやったところで、喜ぶのは、一部の政治家と土建屋だけ。
これ以上、また東京を破壊しようというのか。
築地は、ずっと現在のままであってよい(お願いだからいじくらないでほしい)。

疲れて来たので、オリンピックについては新たに書く・・・

閑話休題。

さて、日記である。

走行には支障がないレベルだったのだが、フジクロスの変速がやや切れが悪かったので、調整を試みる。
先日フロント周りを全交換してから、リア周りとの馴染みが今一つという感じ。
原因は、やはり、フロントの方で、アウター側とインナー側の幅を広がるように調整したことで大分快調になった。
変速調整は、リアよりも、フロントのがはるかに難しいなあ・・・。

調整したフジクロスに乗って昼前に出発。
昨日は、昼食に560円も支出してしまったので、今日は、いつもの墨堤通りの激安250円弁当を購入。

隅田公園内水戸藩下屋敷跡のベンチで食す。

IMG_1816.jpg

そうそう、因みに今回は唐揚げ弁当。
やはり、野菜無しで、まことに潔い。

IMG_1817.jpg

隅田川土手を北進する。
桜並木にはすっかり葉が繁り、これから夏にかけて、ここを散策する人々に格好の日陰を作ってくれるだろう。
しかし、いつも思うのだが、この、江戸時代以来の景勝地たる隅田川に、鬱陶しく覆い被さるように通る首都高には辟易とする。
せっかくの日本橋(東京の橋のなかではかなり美しい部類)も、上から首都高に封殺されてしまっていて、息も絶え絶えといった景観を呈しているが、これもまた、東京オリンピックの負の遺産である(そうそう、表参道をあんな下品な通りにしてしまったのも、東京オリンピックの仕業)。

吾妻橋の手前で、隅田川に東から流れ込む小さな川が、北十間川である。
駿河台まで行くにはちょっと大回りになるが、北十間川沿いを走ってみることにする。

IMG_1818.jpg
(正面の青い水門の向こうが隅田川。右の鉄道は東武伊勢崎線。正面のピンクの架橋が首都高)

ただ、北十間川の川辺にきちんと道がついているところはあまりないので、すぐに迂回を強いられる。
北十間川沿いの無計画な乱開発振りは、この川が、戦後ずっとどぶ川扱いにされてきたことを物語っている。

IMG_1819.jpg
(さらにもう一本東側の橋から眺めた北十間川)

さらに東へ遡ると、こんな奇妙な格好の、船を象った施設が現れる。

IMG_1820.jpg

一応、「公園」のようだが、回り込んで見てみると、「墨田区 仮設駐輪場」と書いてあった。
どこに駐輪するのか、確認はしなかったが。

さらに川沿いを東進すると、巨大な工事現場がその醜い姿を現す。
建設中の押上タワー(新電波塔)である。

IMG_1821.jpg

あ~あ、何とひどいことをするんだ。
周辺に点在する下町の風情が台無しじゃないか。
これを二度と目に入れたくないので、今後、この周辺には来ないことにしよう。

北十間川はさらに東に延びているが、これ以上東進すると、目的地の駿河台からさらに遠のいてしまうので、北十間川と南から合流する横十間川沿いに曲がって南下する。

IMG_1822.jpg
(横十間川)

この、北十間川と横十間川(いずれも江戸時代に開削)の合流地点は、江戸の昔から景勝地であったらしく、「江戸百景」の一つとされている。

柳しま
(二つの川がT字形に合流。上が北で、左が浅草方面。遠景の山は筑波山)

次に行ったときには(なるべく、新電波塔を見ないようにしながら)、合流地点の写真も撮ってこよう。

横十間川を南進すると、国道14号(京葉道路)にぶつかったので、そこで右折して、両国橋を渡って駿河台の職場に到着。

次は、横十間川をさらに南下して、仙台堀の方まで走ってみたいと思う。

走行距離:43キロ

小さな旅(自転車)    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
失礼します Posted by はずかしい
>北朝鮮が発射した物が、「衛星」なのか、「ミサイル」なのか、結局分からないままに、「ミサイル」を発射したかのように、何の根拠もないままに報じられた。
広辞苑を引くと、「衛星」と「ミサイル」はまったく別の物であることが分かる。


ヒント
弾道ミサイル計画に関連するすべての活動を停止するよう求める国連安全保障理事会の決議

広辞苑????苦笑

>北朝鮮軍に被害に遭った日本列島の人々はきわめて少数であることも事実である

過去はそうかもね!
だから今後もそのようなことはあり得ないということですか?

核開発を再開するそうですな。

アメリカに関するエントリーには同意します。

唐揚げ弁当うまそうですね。

2009.05.04 Mon 16:07 URL [ Edit ]
温故知新 Posted by 断腸亭髭爺
はずかしいさん、書き込み、ありがとうございます。
そして、はじめまして。

部分的に、書き込みくださった文章の意味が私には解読できませんでしたが、国家単位での危険度は、ほぼ、その軍事力に比例すると私は考えます。
一番危険な国は、何と言っても、アメリカ、その次に中国かロシアが来ると思います。
そういう番付では、北朝鮮は、かなり下の方ではないかと思います(北朝鮮自身はそう思ってもらっては困るでしょうが)。

しかし、それは、私個人の考えに過ぎないので、無論、「未来」を拘束するものではありません。

普通は、過去と現在からしか物事を見ることができないのですが、私は、なかでも、過去(歴史)を重んじます。これは、主義というより、「癖」のようなものです。
味噌汁から箸を付ける人もいれば、お新香からの人がいるのと同じです。

そうなんです。
あそこの弁当は、結構、美味しいのです。
あの唐揚げ弁当(新版)のタマネギですが、火の通し方が絶妙で、あの種のあんかけの野菜の処理の仕方としては出色でした。

お近くでしたら、是非、お試し下さい。
2009.05.04 Mon 21:18 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/266-3d4a2a58

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。