日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.04.17 Fri
東京名所図会~昌平坂の湯島聖堂
今日も、病院に行くべく、自転車で出発。
午後から雨という予報なので、リュックにカッパを詰め込んで、ルイガノのクロスバイクに乗って出かけた。

蔵前橋通りを中央通りで左折。
秋葉の街を快走して、外堀通りの坂を上がる。
この坂の名前は、昌平坂という。
しばらく登ると、左手に湯島聖堂の土塀が、右手に神田明神の鳥居が見えてくる。

湯島聖堂は、元禄期に綱吉が建てた儒教の聖堂である。
その後、この地には、幕府の学校「昌平坂学問所(昌平黌)」が置かれ、旗本のボンボンたちが通うことになる。
明治期になって、最初に文部省が置かれたのも、この土塀の中だったのだ。

IMG_1768.jpg
(湯島聖堂の土塀)

病室に入り、仕切カーテンを引くと、お袋はベッドの上で本を読んでいた。
何を読んでるの、と聞くと、昨日私が届けた本であった。

昨日、お袋に届けた本は、エミリー・ブロンテの『嵐が丘』と、



ドナルド・キーンの『明治天皇(全四巻)』。



『嵐が丘』について、お袋は、「以前にも読んだことがあるけど、すごく面白い」と。
キーンの『明治天皇』については、「当時のことが分かって面白い」という感想。
後者については、これは小説ではなく、評伝なので、多少内容が重いかもしれないと思いつつ買って届けたわけだが、いずれもお袋には好評なようで良かった。
入院すると、たくさん読書ができるんで、長く入院すると学者さんになれちゃうよ、などと冗談が出てくるほど、快調というわけなのであろう。

来月に再度入院になるが、一応、今回は明日退院というお触れが出たそうで、明日の昼飯に、神田界隈で美味しいものを食べることを楽しみにしているようだ。

お袋と別れて、来た道を戻る。

そろそろ昼時なので、今日も、墨堤通りの激安弁当屋で、焼肉弁当(250円)を買い込んで、向島百花園前の公園で食す。
お茶の持ち合わせが少なかったので、公園の水道の水をがぶがぶ飲んだ。
うまかった!

IMG_1767.jpg
(神田明神下の乙な民家)

走行距離:35キロ(ルイガノクロス+ママチャリ6速)

小さな旅(自転車)    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/259-d5924a52

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。