日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.04.07 Tue
クロスバイクのフロント周り交換
午前中、やっとシフターが届いたので、フジのクロスバイクに取り付けることにした。

フジのクロスバイクAbsolute3.0(08年版)のフロント周り(トリプル仕様)は、購入時は以下の通りであった。

シフター:スラム社製 3×8用グリップシフター
フロントディレーラー:MicroShift社製 R438(3×8用フラットバー仕様)
クランクセット:Fuji Alloy Forged 30-42-52T(3×8用)
BB:4角型

その後、去年の夏頃、シフターを前後ともアリビオ(シマノ社製・マウンテン用)に交換したが、あとはそのまま使用していて何の問題もなかった。
フロントに関しては、シフターがマウンテン用で、ディレーラーがフラットバーロード用という「反則」の組み合わせだったので多少心配だったが、調整が多少厳しかったものの、何とかなったわけである。
(因みにリア周りは、ティアグラGSと13-26t8速スプロケに交換・マウンテンのシフターでロード系のリアメカを動かすことは全く問題なし)。

ところが、去年の晩秋、走行中に左クランクが外れるという事件があった。
「クランクころりん事件」参照。

その事件以降、100キロぐらい走る度に、クランクを固定する8ミリの6角ネジを確認すると、必ず少し緩んでいて、増し締めが必要になった。

そしてついに、一月ほど前、購入後、約1万2千キロぐらい走ったところで、クランクセットを交換する決意をした。
ただ、前ギアを、これを機にダブルにしようか、今まで通りトリプルにしようか迷った。
迷った末に、トリプルにすることにした。
理由は二つ。

・現在所有しているロードバイクがダブルなので、同じ仕様の物にしても「面白くない」から。
・フジのクロスバイクは、その使用目的の第一が日々の通勤であり、ストップアンドゴーの多い都内の通勤では、38から42tぐらいのミドルギアが非常に重宝であるため。

それなら、ノーマル(52-39tあたり)のダブルでもいいじゃないかという声が聞こえてきそうだが、実際は遠乗りにも使うことがあるので、やっぱり30tも欲しい。
でも、本当は、48-36tぐらいのダブルのロード系のクランクセットがあればありがたいのだが、安価で入手できるものがないので諦める。
(シマノさん、36tのギアを作って下さい)

次に迷ったのは、ティアグラにするか、ソラにするか(私の場合、クロスバイクにしても、ロードバイクにしても、9速化はしても、10速化するつもりは、今後ともさらさらない)。
ただこれは簡単に解決。
ティアグラとソラのギアは、塗装と多少の形状が違うだけで、材質も重さもほぼ同じなので、安いソラに決定(左クランクに至っては形状も重量も全く同じ)。

で、注文したのはソラのトリプルクランクセット。
以下のサイトでは8千円であるが、私が買ったときは値上げ前で、6千円台であった。


  (FC-3403)

BBは、順当にティアグラ/ソラ仕様(SM-FC4500)。

さっそく届いたので、古いクランクセットとBBを外して、新しい部品を取り付けた。
ここまではよかったのだが、アウターギアが52tから50tになったので、シートチューブに取り付けられているフロントディレーラーを若干下げなければならず、ネジを緩めて位置合わせをして、ネジを締めこんでいくと、突然「バキッ」という音がしてフロントディレーラーがシートチューブをずり落ちた。
やってしまった!と思ったがもう遅い。
フロントディレーラーをバンド留めするためのネジが、締め込み過ぎで飛んでしまったのである。
修理は可能かもしれないが、仕方がないので、新に注文した。


  (FD-R453-B)

数日して、やっと新フロントディレーラーが届いたので、さっそく取り付けて、変速調整を始めるが、これがいくらやってもうまくいかない。
やはり、マウンテン系のシフターとロード系の前ディレーラーとの相性が問題のようで、アウターギアの可動域を一番締め込んでも、何とディレーラーのプレートがクランクとかすかに接触してしまうのである。マウンテン系のシフターの引き代が大き過ぎるようである(8速用のシフターで、9速用のディレーラーとクランクという組み合わせにも問題もあるかもしれないけど、それにしても、違いすぎ)。
ただ、旧ディレーラーではうまくいったわけで、不思議な現象ではある。

仕方がないので、今度は、フラットバーロード系のシフターを注文した。
フラットバーロード系のシフターは不当とも言えるぐらい高くて、しかも、私の場合、左(前シフター)しか必要ないのだが、基本的に左右セット売りなのでなかなか見つからない。
セットで買っちゃえばいいじゃないかとも思ったが、いずれ、8速のスプロケが枯渇した場合のことを考えて、すでにディオーレの右シフター(9速用)を持っているのだ(マウンテンのシフターは安いので)。
ネット上を探し回ると、8速用だがばら売りがあったのでそれを注文。


   (SL-R440-8)

しかし、シフターの注文をしてから、ちょっと待てよと思った。
いくらシフターとディレーラーの相性が悪いといっても、ガイドプレートが右クランクにあたるというのはおかしいのではないか。
もしかして、クランクとBBの交換によって、チェーンラインが少し内側に来たのではないかと推測した。
フロント周りをためつすがめつ見つめてみると、何となくそんな気がする。
そこで、念のため、BBのスペーサーとフリーバブに噛ませるスペーサーも追加注文した。

1.BBのスペーサー2.5mm:145円
http://www.cb-asahi.co.jp/image/ssd/fc/fcm970-5.html

2.フリーバブに噛ませるスペーサー1mm:94円
http://www.cb-asahi.co.jp/image/ssd/cs/cs7800-14.html

これでやっと、冒頭の段階にたどり着いた。
さっそく新しいシフターをハンドルに装着し、ワイヤーを取り付けて、調整開始。
やっぱり、クランクが内側に移動していることがわかった。
そこで、BBの右を外して、上記1のスペーサーを入れて試してみた。
すると今度は外側に出すぎてしまったようである。
2.5ミリでは厚すぎるようである。

困ったなあ・・・。
そうだ、2のスペーサーが利用できるかもしれない。
2のスペーサーは、本来は、8、9速ハブに10速のスプロケを取り付けるためのもので、BBに取り付けるものではない。
で、BBを外して試してみたら、何とサイズがぴったりではないか。
これには、我ながらびっくりした。

このスペーサーの流用によって、やっと変速調整がうまくいったのである。

IMG_1704.jpg

試走するために外に出た時には、既に昼を回っていた。
4時間近くもクロスバイクのフロント周りと格闘していたわけである。
両手はゴリラのように真っ黒だし、もう、フロント周りの改造はまっぴらという気分であった。

トリプルの自転車だと、やはり坂を登りたくなる。
下総台地を横切るようなコースを走ってみる。

水元公園→江戸川サイクリングロード→里見公園→じゅんさい池緑地→小塚山公園→堀之内貝塚公園→堀之内緑地→紙敷→江戸川サイクリングロード→水元公園

IMG_1702.jpg
(じゅんさい池緑地)

これで明日から、フジのクロスバイクで、快適に通勤できそうである。

付記:チェーンリングが小さくなった(52-42-30t→50-39-30t)のにあわせて、スプロケを13-26tから12-25t(8速)に交換した。また、チェーンは以前から9速用を使用。

走行距離:32キロ(フジのクロス)

自転車    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/248-ded6c6bb

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。