日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.04.06 Mon
レーパン&サイクルジャージでお仕事した日
楽しかった春休みも終わって、いよいよ新年度初日である。
新年度最初の会議やら、説明会やらがあって、大変に慌ただしい一日になることは分かっており、前の晩から憂鬱でたまらなかった。
もし、どうせ関東大震災が起こるなら、今日にしてくれという気分だった。

それでも、せめての救いとして天気がよくて、自転車で通勤するにはうってつけの日和にて、7時過ぎにロードに乗って元気に出かける。
本当は、通勤の主力マシーンたるフジのクロスバイクに乗っていきたかったが、先日、フロントディレーラー(前変速機)が壊れてしまって、これを機に、BBとクランクセットとシフター(変速操作レバー)も丸ごと交換することを目論んでいるのだが、注文しているシフター(フラットバーロード用・左のみ)がまだ届かなくて、乗れない状態なのである。

今日の目的地は、京王線の明大前の近くにある職場。
ルートにもよるが、だいたい30キロぐらい。

最近は、サイクリングロードや田舎道を走ることが多かったので、朝のラッシュアワーの幹線道路を走るのは至極疲れる。
車に追い立てられるように走らなければならないので、望んでいないぐらいの高速を維持しなければならないし、急に車線変更してくるトラックを上手にかわしたりもしなければならない。
東神田から九段あたりまでの靖国通りは最悪で、まるで地獄のようのである。
「交通戦争」という古い言葉を思い出す。

九段坂を登ったら、何だか疲れてしまったので、靖国神社でしばし休憩。

IMG_1697.jpg
(定めし、昨夜猥雑な花見が行われたであろう、靖国神社の参道脇)

靖国通り沿いの桜並木も満開で、気温も上がってきて汗が出てきたので、防風衣(ウィンドブレーカー)をリュックにしまう。

新宿で甲州街道に入って、西新宿から、甲州街道の北を平行に走っている通り(通りの名前不明)を西進。
職場に到着。

コーヒーを飲みながら、説明会の「予習」をして、さて、そろそろ会議の時間なので、リュックからスーツとワイシャツを取り出す。
着ていたサイクル・ジャージを脱いで、ワイシャツを着てネクタイを締めて、さて、ズボンを履こうとリュックの中から取り出そうとすると、何と、ズボンがない!
おかしいな、入れたはずなのに・・・。
しかし、何回探してもやはりない。
これは困ったぞ。

下は、黒のぴちぴちのレーシングタイツを履いていた。
でもまあ、レーシングタイツとは言っても、ズボンの一種なので、下はこれで良かろうと思って、試しにスーツも着こんで、その姿を鏡に映してみた。
ところが、これが、自分でも吹き出してしまうほど滑稽な風体なのである。
これは、本当に困った。

しばらく考えた結果、今日はレーパン+サイクルジャージ姿で会議にも説明会にも出席することにした。

会議場に向かうべく、エレベータに乗ると、たくさんの同僚が一緒に乗り込んできた。
誰しもが、びっくりしたような顔をして、頭のてっぺんからつま先までなめまわすように見てから・・・、
「どうしたの?」だの、「山でも行ってたの?」だの矢継ぎ早に質問された。
事情を話すと、やれやれといった表情をする者、大笑いをする者、その反応はいろいろだったものの、これで何だか吹っ切れて、どうにでもなれという気分になった。

会議が始まった。
会議と言っても、80名ぐらいの大きな会議である。
新年度最初の会議とあって、いつもは比較的気楽な格好をしてくるような同僚でも、びしっと背広で決めている。
そんななか、私だけが、オレンジ色のサイクルジャージでちょこんと座っているわけで、どう見ても奇妙な図である。

そんな会議もやっと終了。
終了後も、何人もの人に声をかけられた。
「なかなか決まっているので、これから毎回その格好で会議に出て下さい」という励ましとも冷やかしとも取れるような言葉もあった。

問題は、この後の「説明会」。
約5百人の会場の前で、私は壇上に立たなければならない。
既に予定が組まれてしまっているので、変更はきかない。
第一、服装のために代わってくれというのは、筋が通らない話だ。

私は、すっかり観念して、会場の控え室に入った。
係の人は、「えっ、その格好でやるんですか?」と目を白黒させている。
私は、事情を話して、「裸でやるわけにはいかないでしょ」とうそぶくことしかできなかった。
説明会のプログラムは着々と進行し、司会の紹介の後、壇上に出て行くや、5百名の会場からどよめきのような声が上がった。
そりゃー、びっくりするわな。
私は仕方なく、ここでも、ちょっと面白おかしく事情を説明すると、一同爆笑となった。

そんなこんなで、冷や汗の新年度初日の仕事が終わって、同僚たちと食事をすることに。
夕方近くだったが、まだ明るいので、井の頭公園の桜でも見てから一杯やろうという流れになったので、私は職場に自転車をおいたまま、みんなと一緒に電車に乗って井の頭公園に向かった。

井の頭公園は、満開の桜を楽しもうと、平日にもかかわらず、夥しい人が集まっていた。
それにしても、作り込みすぎた公園だな、ここは。
水元公園のが遙かに素晴らしいぞ。
以下は、同僚が公園で撮ってくれた写真。
これを見れば、私の当日の格好が分かる。

P1010422.jpg

公園をそぞろ歩いているうちに、いい時間になったので、われわれは、吉祥寺のハモニカ横町の飲み屋に滑り込んだ。
われわれが吉祥寺に来るといつも飲むのは、ハモニカ横町の「美舟(みふね)」
串物も、魚も美味いし、安い。
雰囲気も抜群である。

必ず注文するのは、これ。
その名ぞ、「ポコ天」!

IMG_1699.jpg

果たして、その実体とは!
コレです!

IMG_1700.jpg
(画像は拡大しますが、よく考えてからクリックして下さい)

こうして楽しい夜は更けて、私は井の頭線で明大前までとってかえし、職場でコーヒーを飲んで酔いを醒ました後、甲州街道沿いのお気に入りのラーメン屋「神戸ラーメン」を食べて、自転車で帰ってきた。
道が空いていて、実に走りやすかった。

いろいろあったけど、大変面白い一日だった。

走行距離:61キロ(ロード)

小さな旅(自転車)    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
面白いです。 Posted by しゃあ あずなぶる
「面白い」と思える感覚がイイ。正直、ボクも面白いと思った。
嬉しいことに、コレを読んだ娘の祐奈も「面白い」との感想でした。
メクジラたてるのも結構だけど、事態を受け入れるとか、対処の方法を考えるとか、
それらを半ば楽しむなんて最高の「楽しみ」かも。
結局、ありのままを示すしかないんでしょうが案外に説明会は、上手くいったのでは?



今度ボクと、職場を入れ替わってみませんか?
2009.04.07 Tue 21:09 URL [ Edit ]
Posted by 呑
せっかく前日、慌ててズボンにアイロンかけたのにー!
でもその後、うっかり違う場所にかけてしまったのは
わたしか・・?^_^;
2009.04.07 Tue 22:01 URL [ Edit ]
素晴らしい! Posted by 横山
素晴らしい! のひと言です。

 しばらくはレーパン・ジャージで講義をつづけ、そのうちジテツウ用のロッカー・シャワールームを学部に要求しましょう。そしてゆくゆくは、長距離自転車通勤教授として自転車車会のさきがけとなることでしょう。しかるべく、私のほうでも可能なかぎりマネジメントしたいと思います。

2009.04.07 Tue 22:20 URL [ Edit ]
Posted by 東葛人
断腸亭髭爺さん、お久しぶりです
いつの間にか、ブログの更新を再開されていたのですね。
迂闊にも今まで気づきませんでした。

このエントリー、大笑いしながら読ませていただきました。
それにしても、断腸亭髭爺さんは肝が据わっていますね。
大勢の聴衆を前にして事情を冷静に説明できるとは、もう尊敬です。
小心者の私なんか、このシチュエーションなら間違いなく頭が真っ白です(苦笑)
2009.04.08 Wed 00:04 URL [ Edit ]
御免 Posted by 断腸亭髭爺
呑ちゃん

せっかく用意してくれたのにごめんなさい。
でも、ちゃんと確認すればよかっただけで、悪いのは私です。
でも、お陰で、稀有な体験ができました。
2009.04.09 Thu 05:44 URL [ Edit ]
「窮鼠猫を噛む」 Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん

人間、追いつめられると観念するものです。
ちょっと違うかもしれないけど、「窮鼠猫を噛む」というやつでしょうか。

職場の交代、面白いアイディアですね。
今度やってみましょうか。
少なくとも、しゃあさんに、私の代役は務まります。
2009.04.09 Thu 05:51 URL [ Edit ]
ジテツウの現状 Posted by 断腸亭髭爺
横山さん

コメント、ありがとうございます。

和泉の(職場の)場合は、歴とした駐輪スペースもあれば、シャワーも浴びられるんですよ(人によっては、個室もあります)。

私の場合、自転車に関しては、現段階では、不思議と思想信条のようなものはなくて、とにかく乗ったり、いじったりしていると途方もなく楽しいというだけです。

もう少し経験を積むといろいろ出てくると思います。

和泉の職場で、自転車通勤をしている人は、少なくとも6名います(内、一名は誰であるかを把握)。
一人がマウンテンで、あとはクロスバイクです。
でも、ほんの2年前は1名しかいなかったので、ごく短期間に6倍になったということです。

自転車通勤者にとって、仲間が増えていることは、素直に嬉しいことです。
2009.04.09 Thu 06:08 URL [ Edit ]
ミスター・ビーンになったつもりで Posted by 断腸亭髭爺
東葛人さん

コメント、感謝。

あのような状況に立たされたら、多分、私のような選択肢しかないように思います。
職場によっては、厳しい沙汰が待っているかもしれませんが。

肝が据わっているというより、ミスター・ビーンになったつもりで、観念するしかなかったというのが現実です。

ただ、この一件があってから、同僚の中に自転車に興味を持ち始めたらしい人が出てきました。
それはちょっと面白い現象ですね。
2009.04.09 Thu 06:16 URL [ Edit ]
無題 Posted by 103
ポコ天食べてみたいですね~(笑)
2009.04.09 Thu 13:17 URL [ Edit ]
変な連想 Posted by 断腸亭髭爺
103さん

でしょ?

ポコ天からだと、変な連想かもしれませんが、北千住の永見という飲み屋には、「バイアグラ杯」というドリンクがあります。

飲んだことがありますが、さて、その効果とは?!(ワイドショー風)。
2009.04.09 Thu 17:55 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/247-7696fa12

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。