日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.12.07 Sun
自転車徘徊老人の優雅な一日
4時半起床。

PCの前でいろいろとごそごそやりながら、夜が明けるのを待つ。

ここ数日、あまり自転車に乗っていないので、禁断症状が出ている。
予報によると、冬らしい快晴ということなので少し遠出をしてみたいと思うものの、「川越」などの地名が浮かんでは消えるが、走りたい気持ちばかりが先行して一向に行き先が定まらない。

そそくさと腹を作って、レーシングタイツを履いて身繕いをして、お茶を焼酎用プラスティック製ワンカップ(冬は余り水分を必要としないのでこれを利用している)に詰めて、空気圧を調整して(23Cの場合、最近は、7.5気圧にしている)、ロードバイクに乗っていざ出発!

ウォームアップに、水元公園を一周。
いや~、すごく寒い。
特に、手と耳が切れるようである。
薄手の軍手をはめていたのだが、サドルバッグに予備として入れておいた厚手の軍手に付け替える。

水元公園桜土手を走って、江戸川の土手に上がる。
対岸には、新しい太陽が黄金色に輝き、目を塞ぎたいぐらいに眩しい。

う~ん、北風なんで、取りあえず、葛西臨海公園でも行ってみるか。
南に進路を取る。
柴又公園まで走ったところでトイレ。
冬に自転車に乗っていると、冷えるのかすぐトイレに行きたくなるのだ。
トイレに行って、顔を洗う。

そう、自転車で出かけるときは、通りすがりの最初の公園の水道で顔を洗うのが慣わしである。
家の洗面所で顔を洗うより、およそ15倍ぐらい気持ちがいいからだ。
とはいえ、家では滅多に顔を洗わないのだが・・・。

再び、江戸川サイクリングロード(西岸)を走り出して右の方を見ると、朝日に映し出されるように、雪を被った富士山がくっきりと見えるではないか。
そうだ、この先で市川橋を渡って、国府台に行ってみよう。
国府台下の土手からは、よく富士が望めるからだ。

市川橋を渡って、北進すると、途端に向かい風になって、速度が落ちる。
国府台下の土手からは、案の定、富士が「遮蔽物」なしによく見えた。

IMG_1451.jpg
(国府台より富士を望む)

富士の写真を撮ると、何だか急に葛西臨海公園に行く気がしなくなった。
だって、昨日まで伊豆に行ってたんだし、思い出してみれば、海は存分に見たわけだし。

急に、手賀沼に行きたくなった。
手賀沼の朝ぼらけの風景が見たくなった。

風に逆らって、下ハンドルを握って、江戸川を北進。
ただ、手賀沼まで走るとすれば腹が持たないので、松戸の100円ローソンに寄って、最近お気に入りの漬け鮪のお握りなどを買い込む。
ついでに、耳が凍り付きそうなので、毛糸の帽子(税込105円)を買って、ヘルメットの中に被る。
ただ、今日は迂闊にも(自転車用)眼鏡を忘れたので、滂沱の走行になる。

その後は、ほぼ東葛人さんの豊四季ルートを辿ることに。

富士川まで来たところで、またトイレに行きたくなったし、空腹も覚えたので公園で休憩。
お握りを食べて、お茶を飲む。
ついでに、新坂川沿いの100円自販機で買ったコーヒーも飲む。

IMG_1452.jpg

上の写真の案内板は、その富士川沿いの公園の一角にあるものだが、この手の看板の地図としてはすこぶる出来がよい。
しげしげと見ていると、いろんな発見があった。

いつもは、富士川沿いに走るのだが、この地図に従って、台地の道に上がってみた。

IMG_1453.jpg

林道のような舗装路を抜けると、「前ヶ崎城跡」に出る。
立派な説明板を読むと、戦国時代(16世紀後半)の出城跡だという。
前ヶ「崎」という地名から分かるように、台地の尖った突端が谷を前に突き出した地形である(古地名は、聞いただけで地形が分かるので大変に便利である。無碍に地名を変えないでほしいものだ)。
周囲は、富士川と坂川を擁する谷になっていて、これが天然の壕の役目を担っていると同時に、江戸川からの水運にも便利だったはずである。

IMG_1455.jpg

自転車を担いで城跡に上がってみる。
途中、すれ違った散歩中の老婦人(75歳ぐらいか)から話しかけられる。
自転車を持って登っているのにびっくりしたという。
二言三言話を交わしたあと、お別れを挨拶をする。

別れ際に、「元気の素ですね。転ばないようにお気をつけていらっしゃい」と言われた。
またまた自転車徘徊老人と間違われたのかもしれない(いや、図星だったりして・・・)。

転ぶほど大した坂ではないが、登ってみると、いかにも城跡ふうに、切り開かれた空き地があった。

IMG_1454.jpg
(前ヶ崎城跡)

空堀もあって、一応、城跡らしいが、多分、「前哨基地」という位置づけのものであろう。
百の軍勢なら1時間もあれば攻め落とせるような小規模な出城跡だと思う(私なら、城下を包囲し、台地の付け根から主力を繰り出して攻めるであろう)。

約450年前の城跡を散策して大満足の私は、この後、気持ちのよい大堀川沿いに手賀沼に出る。
私の大好きな「道の駅・しょうなん」に到着して、ここをもって、午前中の目的地としようと思った。
本当は、利根川まで出て、印旛沼経由で帰りたいと思ったが、昼飯までに帰れなくなるので諦める。

道の駅・しょうなんに到着して、また、しまった!と思う。
ここは、周辺の農家からきわめて良質安価な農産物が集まって、休日にはそれを求めて車で多くの人がやって来る。
前回、ここに来たとき、今度は必ずリュックを背負って来ようと思ったのだが、すっかり忘れてしまって、ヒップポーチ一つを着けて来てしまった。

IMG_1457.jpg
(道の駅・しょうなんの農産物市)

腹が減っていたので、肉まん(美味しかった)を頬張って、ヒップポーチにも収まる手賀沼名産の「白樺派のカレー」(レトルト)を二つ買って帰路に着く。
白樺派のカレーとは、手賀沼が志賀直哉をはじめとする白樺派の中心メンバーのメッカだった頃、私の私淑する柳宗悦の婦人が、バーナード・リーチの助言のもとあみだしたカレーのことである。

IMG_1456.jpg

帰りは、大堀川沿いの遊歩道が未舗装になるところまで西進して、方角だけを頼りに江戸川を目指し、流山橋の少し上流から江戸川サイクリングロードを下って、ずっと富士の峰を右に見ながら帰宅。

IMG_1458.jpg
(江戸川)

帰宅すると、呑ちゃんが洗濯などが終わらせたところだったので、お握りやサンドイッチなどを持って水元公園の遅めの紅葉狩りに出かける(ママチャリ内装3段)。

毎日のように訪れている水元公園だが、もう晩秋というには冬に食い込みすぎている。
撮影した写真の何枚かをここに貼り付けておこう。

IMG_1459.jpg

IMG_1464.jpg

IMG_1463.jpg

いや~、何百回来ても、水元公園は素晴らしい。

一端帰宅して、5分ほど休んで、再度、ロードでお出かけ。
特に行く当てはなかったが、三郷界隈をうろうろ。
前から気になっていた、大場川の屋根付きの橋の写真を撮る。

IMG_1469.jpg
(名付けて、「三郷郡の橋」?)

暗くなる前に家に戻る。
ラグビー早明戦、明治が勝ったということを知って、ちょっと驚く。
おいおい、じゃあ、筑波や帝京に負けるんじゃないよ、と半分嬉しく、半分腹が立つ。

伊豆から買い込んできた鯖の文化干しと鯵の開きで、丼飯を3杯食べる。
実に有意義な一日だった。

走行距離:89キロ(ロード+内装三段ママチャリ)

小さな旅(自転車)    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
三段豪華重。 Posted by しゃあ あずなぶる
盛り沢山の一日でしたね。
前ヶ崎城跡と屋根付き橋に興味があります。

本当に完オフって日が少ない、因果な役回り
を忘れて行って見たい場所です。
「もっと有能なら出来ますよ」って声が聞こえそう。
あはは。
2008.12.09 Tue 08:18 URL [ Edit ]
提案 Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん、夜明けとともに旅立ちましょう!
車に自転車を積んで、手賀沼でサイクリング。
フィッシングセンターでご飯を食べて帰るというコースなぞいかが?
http://www.teganuma-fish.com/index.htm
しゃあさんがご都合がよければ、こちらはいつでもOKです。
温泉もあるでよ。
http://www4.ocn.ne.jp/~manntenn/
2008.12.09 Tue 23:51 URL [ Edit ]
おっ? Posted by しゃあ あずなぶる
いいかも・・・です。でも年内は無理そうです。
マジで検討ですね。
今日は一日、この件が頭から離れないでしょう。
2008.12.10 Wed 04:12 URL [ Edit ]
楽しみですね Posted by 断腸亭髭爺
道の駅・しょうなんに無料で車を止められます。
http://www6.ocn.ne.jp/~shonan/

来年には、実現させましょう!
2008.12.10 Wed 06:43 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/228-b066928f

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。