日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.12.01 Mon
本八幡異聞
本八幡の銀行と役所に所用ありて市川方面へ。

水元公園→江戸川サイクリングロード→市川橋→国14号(千葉街道)→本八幡。
今日は、なぜか道が空いていて走りやすい。

あっという間に本八幡に到着して、銀行・役所の用事を済ませる。

あまり時間がなかったが、葛飾八幡宮(9世紀末創建)へ寄ってみることに。
葛飾八幡宮という名から、葛飾区にあってもよさそうなものだが、さにあらず。

奈良時代に(下総国)葛飾郡が置かれた頃のその「葛飾」の示す領域は実に広大で、現在の東京の東部、千葉県の北西部、埼玉県南部、茨城県の西部まで含んでいたのだが、その中心地は、何と、下総国分寺や国府などのクニの重要施設が置かれていた現在の市川市だった。

私が今日走った国道14号が、実は、当時の東海道(古東海道)にあたり、上方から東下する都人は、三浦半島から東京湾を渡って内房に上陸。
その後上総国分寺あたりを経由して湾岸を北上して、ほぼ、現在の千葉街道沿いに市川の国府台(こうのだい)あたりにやって来たと見られている。

そう言えば、時代は下るが、源頼朝が伊豆で挙兵し、石橋山の戦いで惨敗して、わずか12騎を伴って船で安房に逃れ、その後、上記と同様のルートで北上したのも、敗残の末に、奇抜な逃走ルートを選ばなければならかったからではなく、中世になってもなお、このルートがむしろ「大幹線」であったからにほかならない。

その頼朝が、葛飾の地に入って平家を討伐すべく祈願した社が、この市川市の古東海道沿いにあった葛飾八幡宮だったことも、よく知られている。
もちろん、現在の「本八幡」の地名も、この神社に由来する。

自転車に乗って鳥居をくぐると、色づいた銀杏を添えた朱色の門が見える。

IMG_1399.jpg
(内側から撮影したもの)

さらに門をくぐって神殿の方をのぞき見ると、巨大な火柱のようなものが目に入った。
一瞬目を疑ったが、もちろん、炎であるはずはなく、見上げるような大銀杏であった。

IMG_1404.jpg

大急ぎで形だけのお参りだけして大銀杏の下に寄ってみた。

IMG_1403.jpg

石碑があって、「天然物千年公孫樹(イチョウ)」と彫られていた。
樹齢、推定1200年とも言われる大銀杏である。
幹が幾重にも折り重なるようになっていて、蝋燭のロウがしたたっているようにで、いささか奇怪でもある。

IMG_1402.jpg

後で調べてみると、この樹は江戸時代から既に有名で、『江戸名所図会』にも描かれていた。

katusikahati.jpg
(クリックで拡大)

この絵を見ると中央左の一段と高く聳える樹木がこれである。
ついでに、この絵の左下から斜めに伸びる大通りが、現在の国14号で、その通り沿いの鳥居があるところが参道の始まりである(現在の参道は京成線によって無惨にも分断されているが)。

また、絵の右下端には、今も保存されている「八幡不知森(やわたのやぶしらず)」が描かれている。
将門伝説と関係づけられることも多いこの八幡不知森についても、思いをはせてみたいが、今は、私の力に余るので、今後の課題としたい。

yabushirazu1_1.jpg
(現在の八幡不知森)

帰り道、国府台の常緑樹の森を右に見ながら、江戸川サイクリングロードを走った。
そう言えば、戊辰当時、江戸に進軍してきた西軍(官軍)は、一時、この国府台に新都の中心を置こうという案を持っていたという説を思い出した。

奈良時代の制度(太政官制など)を無理矢理復活させることに腐心した明治政府だからして、奈良時代の関東の中心地であった市川の国府台に都を置こうと考えたとしても、あながち不思議なことではないかもしれないと思いながらペダルを漕いだ。

走行距離:34キロ(フジクロス+ロード)

小さな旅(自転車)    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
イチョウの金色 Posted by やまびこ
素晴らしい~!!
1200年の時の移り変わりを見てきたなんて壮大なロマンです。
今日の冬の嵐で散って地面の上はまっ黄色にそまっていることでしょうね。

伊豆、また温泉三昧かしら?
2008.12.05 Fri 20:28 URL [ Edit ]
市川の史跡は面白い Posted by 断腸亭髭爺
やまびこさん

先ほど、伊豆から帰ってきました。
美味しいものをたらふく食べたので、明日は、たくさん走らなければ。

市川の史跡は面白いです。
葛飾八幡宮と並んで、中山法華経寺(下総中山駅)もいいですよ。

大銀杏の樹は、本当に神々しいですね。
2008.12.06 Sat 20:30 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/226-98d8fdb2

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。