日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.11.25 Tue
クランクころりん事件
私の通勤先は3ヶ所ある。

近い順に書くと(いずれも、葛飾区水元からの距離)、

1.千代田区神田駿河台:片道17キロ
2.杉並区永福:片道27キロ
3.茨城県竜ヶ崎市:片道40キロ

1と2は、必ず、たとえ雨の日でも自転車で通勤する。
3は遠すぎるので、その日の状況によって、松戸駅(片道3.5キロ)、柏駅(片道16キロ)、取手駅(片道26キロ)まで自転車で行って、あとは列車(とバス)で通う。さすがにこの竜ヶ崎の職場まで自転車で通勤すると往復80キロにもなり、疲れて仕事になりそうもないからである(仕事のない日に試走したことはある)。

今日は、最初2に行ってから1に移動するという日で、自宅からの往復距離は約54キロになる。

午前中、2から1に移動した後、1の職場で仕事を済ませて、夕方帰路に着く。
靖国通りを「東神田交差点」で左折して蔵前橋通りに向かう途中、左のペダルに異変を感じた。
何となくグラグラしている感じ。
気のせいだろうと思って、そのまま走り続けるが、そのグラグラがひどくなってきたので、歩道に上がってペダルを確認してみるが、ペダルのねじ込みが緩んでいる様子はない。
もう少し走ってみようかとこぎ出して、国6号に合流する手前の信号でペダルを踏み込んだ瞬間、カランコロンと金属音がしたかと思う間もなく、左足の力が抜けて、足先から左のペダルが消えた。

一瞬、何事が起こったかと思って、ブレーキをかけて取りあえず自転車を止める。
なんと!、左のクランクが無いっ!
数メートル後を見ると、路上に左クランクがペダルごと転がっていた。
そうか、クランクが緩んでいたのだ。

今日、私が乗っていた自転車は、フジのクロスバイクで、クランクとボトルブラケットの形式は、いわゆる「スクエアテーパー」式で、クランクの止めは、8ミリの六角ネジ止めである。

無惨にも路上に転がっている左クランクを大急ぎで回収して、近くを探すと、六角ネジも転がっていた。
自転車を歩道に上げて、クランクをBB(ボトムブラケット)軸に入れて、8ミリの六角ネジで止めようにも、8ミリの六角レンチはさすがに持っていない。
六角レンチセットはいつも携行しているのが、この種のセットに8ミリのレンチはまず付いていない。
仕方がないので、指で六角ネジを無理矢理回して、かろうじて止まるところまで回してみる。

一応、こげる状態になったので、道路を走ってみるが、2,3百メートル走ると、また、だんだん緩んできてグラグラしてくる。
グラグラしだしたら自転車を止めて、六角ネジを指で締めて走るという繰り返しを何回も続けるが、これではいつになったら帰れるか分かったものではない。

道筋に自転車屋を探すが、一向に現れない。
国6号沿いの東向島のあたりで、やっとバイク屋を一軒を見つけたので、その店に飛び込む。

「すみません、左クランクが外れそうなんですが、8ミリの六角、拝借できませんでしょうか?」。

バイク屋のお兄さんは、最初、状況が読み取れなくて不審な顔をしていたが、すぐに了解してくれて、柄の長いプロ用の8ミリ六角レンチを出してきてくれた。

私はすぐさま六角レンチを手にすると、自転車を上から抱きかかえるようにして、クランクのネジを強く締め込んだ。

これで一安心。

レンチをお返ししながら、「お代を払いたいのですが・・・」と言うと、「いや、いいですよ!」と言ってくれた。
感謝!
今度、お礼に差し入れに何かを持ってこようと思いながら、走り出す。

当たり前だけど、クランクが付いた自転車は実に走りやすかった(無いと走れないけど)。

思えば、一月ほど前、BBハンガーの掃除とのグリースアップをした際に、クランクを外したのだが、その際に締め込みが足りなかったのだと思う。
人里離れた田舎の旅先でこんなことになったら大変である。

日頃のメンテナンスの大切さを身に染みて感じた体験だった。

走行距離:55キロ(フジクロス)

自転車    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
お怪我は? Posted by しゃあ あずなぶる
ボクは以前、ドンキで購入した「激安折り畳みチャリ」のペダルが外れ、大コケしました。
思いっきり体重を掛けていた時なので、痛い目に遭いました。

1~2間は、クルマより自転車の方が早そうですね。
2008.11.27 Thu 14:02 URL [ Edit ]
あわや大惨事 Posted by 断腸亭髭爺
それは大変でしたね。
今回のクランクころりんも、場合によっては大惨事につながる危険があったので、反省してます。

永福から駿河台までは、約30分ぐらいで、少なくとも電車利用よりはやや早いです。

甲州街道がめちゃくちゃ空気が悪いので、都庁あたりから平行して走る道(旧道なのかなあ)に逃げるようにしてます。
御苑あたりから九段までの靖国通りは走りやすいですね。
2008.11.28 Fri 07:52 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/220-57549aa6

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。