日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.11.23 Sun
東総広域農道を走ってはみたけれど
今日は、銚子から帰る日。

天気予報では、北西の風だという。
こんな日に利根川ルートを取れば、向かい風に死ぬ思いをするに違いない。

仕方がないので陸路ルートで帰ることにした。
いろいろとバリエーションがあるけれども、基本的には国126号→国296号を辿るルートで、距離は短いが、車も多いし坂も多い。
小刻みに田舎の牧歌的な県道を利用すれば多少は快適に走れるが、今回は、以前から気になっていた「東総広域農道」を経由してみることにした。
ということは、その後、私の大嫌いな国296号(成田街道)を走らなければならないのだが。

この手の「農道」は、あちこちにあるが、大抵が田圃を貫くように通っていることが多いので、平坦で走りやすいというのが相場である。

国126号の激坂地帯を抜けて、飯岡に舞い降りる。
九十九里サイクリングロードの方に行きたいが、ここはぐっと我慢して126号を行く。
いつも同じ道ばかり走っていては、成長しないぞ~。

ちょっと迷走したが、「東総広域農道」の入口にたどり着く。
かなり広く舗装状況も良好だが、結局のところ、国296号に直結しているためか、車の数は多い。
加えて、景色も単調。
ただ、126号よりはましかもしれない。

国296号は、いつもうんざりする。
成田方面に向かっているからか、トラックが多いし、三里塚南あたりまでは、ずっとアップダウンが続く。
しかも、今日は、お袋から土産にもらった米3キロ、銚子名産嘉平屋の薩摩揚げ2キロ、温泉卵1キロなどをリュックに満載しているため、腰と尻に負担がかかって、いつもよりずっと辛かった。

296号を完全回避して、しかもなお、遠回りにならない道を開拓しなくては。

復路は、往路の利根川ルートより10キロ以上短いのだが、50キロぐらいよけいに走ったような気分だった。

帰宅して、呑ちゃんと嘉平屋の薩摩揚げで乾杯!

IMG_1317.jpg


走行距離:114キロ(ロード)

旅(自転車)    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
お疲れ様でした~(^^) Posted by やまびこ
お米3キロ、さつま揚げ2キロと温泉卵1キロ!!?

親の愛だね~。
昨日、ひょっこり次男が帰ってきて「なんかもらえるものある?」と聞くのでお米2キロとヤクルト一週間分寄付しました(^^)
2008.11.25 Tue 22:34 URL [ Edit ]
重い思いをして Posted by 断腸亭髭爺
お米などのほかに、通常常備品のペットボトルや携行食や空気入れやチューブや工具などを持ってたので、たぶん10キロ近い荷物を運んでいたことになると思います。
10キロと言えば、当日乗っていた自転車の車体重量と同じぐらいなわけで、もう一台自転車を自転車に積んで走っていたことになるわけです。
道理で、きついわけだ。

「なんかもらえるものある?」とは、さすがにこの歳になると言えませんが、田舎からのお土産は、たとえそれが東京で簡単に手に入るものであっても、嬉しいものです。

ですが、重い思いをして手ずから運ぶのが鉄則でもあるし、また、有り難くもあります。
2008.11.26 Wed 09:30 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/218-37e2fe1b

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。