日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.08.09 Sat
美濃尾張の旅1(名古屋・恵那)
8時半過ぎの新幹線(のぞみ)に乗って東京駅を出発。

IMG_0962.jpg
車内で食べた弁当は、お気に入りの「深川弁当」(850円?)。
家から持参した缶ビールで、無事な旅路を祈願して乾杯。

IMG_0963.jpg

荷物を棚に上げて、弁当を食べて、トイレに行って、さて一休みと思う間もなく、名古屋駅に到着。
何と2時間もかからない。
早いなあ~。
江戸時代は、歩行の早い人でも(好天で)8日間もかかったというし、自転車でもまる二日はかかるというのに。

これじゃあ、旅情も何もあったもんじゃない。
昔の旅は、「道中」そのものが花だったが、今は、移動手段が高速化されて、目的地が花になったのである。

その花の目的地、名古屋に到着。
岐阜在住のIさんが改札で待っていてくれる。
今回の旅では、Iさんご夫妻(奥さんのKさん)に大変お世話になってしまった。

早速に、昔の旅人の例に倣って、名古屋に来たら熱田詣でだろうということになって、地下鉄で熱田神宮へ。

IMG_0964.jpg

古寂びた鬱蒼たる照葉樹林に囲まれたこの神社は、古墳時代末期の4世紀には既に存在したというのだから、同じ「神宮」でも1915年創建のぽっと出の明治神宮(東京都渋谷区)とはまるで格がちがう。

IMG_0967.jpg

IMG_0966.jpg

社殿は改装中にて、見ることができなかったが、社殿よりもはるかに価値のあるものを、熱田神社では見ることができた。
何と、この聖域に、野生の名古屋コーチンが棲息しているのだ。

IMG_0972.jpg

さすが名古屋。
大きくて立派な名古屋コーチンがこんなところをほっつき歩いているとは!
鶏らしく、鳩と争いながら忙しそうに餌をついばんでいた。
夜は、樹上で暮らしているという(Iさん談)。
美味しそうな「生ける」名古屋コーチンを見ていたら、急にお腹が減ってきたので、名古屋の名物「ひつまぶし(櫃塗し)」を食べに行くことにした。

我々は、神社からほど近い老舗の鰻屋「蓬莱軒」に出向いた。
この店は、そもそもが熱田神社の境内にあったという由緒正しき老舗で、Iさんによれば、「ひつまぶし」はここが一番美味いのだという。

店に行ってみると、まだ昼前だというのに既に長蛇の列。

IMG_0981.jpg

1時間待ちだということなので、とりあえず予約しておいて、しばらく旧東海道を歩いてみることにした。
ただ、そこへ行くためには、化け物のような巨大幹線道路、国道1号線(現在の東海道)を渡らなければならない。

IMG_0980.jpg
(国道1号線・前方は京都方面)

戦争のような国道1号線から裏道に入って、少し歩くと旧東海道にぶつかった。

IMG_0977.jpg

こちらはかなり牧歌的でややホッとする。
そして目の前には、有名な「七里の渡し」が復元保存されて、一帯が公園化されているではないか。
大名行列の一行も、お伊勢参りの人々も、戊辰戦争や冬の陣・夏の陣の軍勢も、この七里の渡しを渡ったのである。

江戸時代の七里の渡しは、安藤広重が描いている。

800px-Hiroshige,_View_of_a_harbour

私が撮影した現在の七里の渡し。

IMG_0974.jpg

IMG_0976.jpg

灼熱の真昼であったが、ここに立っていると、往古の人々の、旅に弾む嬌声が交錯して聞こえてきそうな錯覚におそわれる。

IMG_0979.jpg
(現代の旅人2名)

さて、いよいよ予約の時間になったので、我々は、「ひつまぶし」を食らうべく、「蓬莱軒」に戻った。

いかにも老舗らしい造りの店の階段を上がると、そこは一面、ひつまぶしを食べる人々。
醤油の焦げるいい香りがして、先ほどの名古屋コーチンの記憶も蘇ってきて、涎が出そうになる。

ビール大瓶2本をぐびぐびやっていると、現れました。
ひつまぶし。

IMG_0984.jpg

もうこれは、ちゃらちゃらと言葉を尽くしてみたところで、虚空を撃つようなもので、とても安易な褒め言葉を連ねる愚を犯してはならない。
ただ一言、ウマイ!と言いたい。

満腹になったところで、われわれは、今日の宿泊地、恵那(岐阜県)に向かった。

恵那駅で迎えを待っていると、今夜お世話になることになっている山荘(あかまんま)主宰?のサイクリンググループが駅に到着した。
約40キロのコースを、それこそ、老若男女が楽しく走るというイベントだそうだ。

IMG_0988.jpg

自転車好きな私は、さっそく数人と話をした。
すごく楽しかった。
私も、一生、自転車に乗り続けようと、この時ふと思った。

恵那駅から県道の山道を登り詰めたところに、山荘「あかまんま」はあった。
近傍に二つの小さな湖のある、森林に囲まれたすっきりとした建築物。

われわれは、夕食前の散歩を楽しんだ。

IMG_0991.jpg

夕食は、自然食メニューの豪華版。

IMG_0998.jpg

腹一杯食べて、バタンキューであった。

IMG_0970.jpg
(16世紀、桶狭間の戦いに勝利した信長が熱田神宮に寄進した築地塀)

--------------
本日の走行距離:1キロ[ママチャリ(自宅~金町駅)]
今月の積算走行距離:301キロ
昨年11月以降の積算走行距離:9707キロ
--------------

   Comment(5)   TrackBack(1)   Top↑

Comment
涎モン。 Posted by しゃあ あずなぶる
「ひつまぶし」美味そうですね。ボクはきちんと、お茶漬けまでやった事がありません。
断腸さん。朝から深川飯でしたからグルメな一日でしたね。
2008.08.16 Sat 06:52 URL [ Edit ]
Posted by 呑
お茶漬けで〆ると、お口の中サッパリスッキリよ♪
3杯目まで余力を残しとかんとあかんぜ~
次は是非トライね!(^_-)-☆
2008.08.16 Sat 11:17 URL [ Edit ]
国道1号線 Posted by だっコアラ
グレイト!

茨城県-京都府間のロングツーリングにトライした時、苦労させられた思い出があります。

国道1号線。

確か、高架線があったと思いましたが、思い違いだったでしょうか。

国道1号線さえ分かれば、多少の寄り道をしても京都へ行けるんですよね。

昔の人々に感謝。

京都からの帰路でも、必ず名古屋は通過するので、市街地を抜けるのに大変苦労しました。

行きは甲州街道で、帰りは東海道、東京都内を抜けて日光街道を経由して茨城へ。

西の鈴鹿、東の箱根を制覇出来たことは、今でも自慢です。
2008.08.16 Sat 18:05 URL [ Edit ]
Posted by やまびこ
名古屋の道は広い。
地下道も早くから発達しているし、
名古屋人は先見の明があると思います。

新幹線で名古屋を通ると、根拠もなく本州の中心はここかもしれないと思います。

以前にいっちゃんが話してくれた木曽川、長良川、揖斐川、の輪中地域を見てみたいです。


2008.08.16 Sat 20:50 URL [ Edit ]
これから富岡八幡へ Posted by 断腸亭髭爺
コメント、ありがとうございます。
今日はこれから富岡八幡の祭りに出かけますので、帰ってからご返事しますね。
では、行って参ります。
2008.08.17 Sun 11:32 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/214-cb8b5069
東京建築散歩24コース
東京建築散歩24コース
ロドリゲスインテリーン 2009.12.21 Mon 18:03

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。