日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.07.22 Tue
祭の準備・呑ちゃんライヴ
5時半起床。
晴れ。

夕べの帰り道、ガードレールに足をぶつけたので左足の臑が痛い。

今日は、待ちに待った呑ちゃんのライヴの日。
何となく、こっちまでそわそわする。

身の回りの仕事を済ませた後、そんなそわそわを押さえるために、自転車に乗って出かける。

実は、今夜は、葛飾花火大会の日でもある。
もちろん、赤坂で呑ちゃんのライヴがあるので花火大会そのものは見られないが、その準備状況を見てやろうと思い、江戸川サイクリングロード右岸に出る。

江戸川サイクリングロードの様子もいつもとちょっと違った。
こんな昼下がりの炎天下だというのに(しかも平日)、人出が多い。
目を引いたのは、浴衣に身を包んだ若いカップル。
花火の開催が待ちきれなくて、午餐後の散策がてら現場の「視察」に来たのであろうか。
また、河川敷には、場所取りのブルーシートが敷かれて、その見張り番とおぼしき人が、団扇を盛んに動かしながら、天を仰いで缶チューハイを呷っていたいする。

IMG_0880.jpg

警察や消防の要員も、暑い中、準備に余念がないようである。

IMG_0879.jpg

土手から河川敷に降りて、矢切の渡しの所まで行ったみた。
平日なのに、さすが花火大会の日だけあって、運行していた。
でも、こんな暑いのに、船頭さんも大変だなあ。

IMG_0877.jpg

矢切の渡しを見ていたら、帝釈天のあたりはどんな感じなのか知りたくなったので、土手を越えて参道の方に降りてみた。

IMG_0881.jpg

一見、いつもの参道の様子と同じだが、どこかうきうきした雰囲気が漂っている。
静かな興奮を内包した「祭の準備」がそこにはあった。

そろそろ夕方近くになったので、呑ちゃんのライヴに行く時間になった。
出かける準備である。
最近は出かけるのは大抵スポーツウェア(まあ、平たく言えば「体操服」)なのだが、今日は「盛装」だ。
と言っても、アロハシャツにジーパンだが。
玄関を出るとき、いつもの習慣で自転車のヘルメットを被りそうになる。

金町駅。
以前はこの最寄りの駅から毎日のように千代田・常磐線に乗って通っていたものだが、非常に久しぶりなので何だか気恥ずかしい・・・。
ホームに上がってみると、ベンチが新調され、新たに待合舎のようなものまで増設されていた。
浦島太郎のような気分になって、電車に乗り込む。
自転車に乗るようになってから、列車内での過ごし方が下手くそになってしまった。
何をしたらよいのか分からないという感じ・・・。
本を持ってきても、その本を持ってきたことさえ忘れてしまい、外の風景ばかりが気になってしまう。
その必要もないのに、車窓に映る道の付き方が気にかかってしまう。
普段あまり乗り物に乗る機会のない幼児が、車窓に熱中するのと似たようなものか。

赤坂駅で降りる。
ビルとビルの間の通路を抜けると、「G's Bar」の黄色い看板。
G's Bar・・・、爺のバーか?
ということは、オレのバーだ!
などと馬鹿なことを思いながら表に佇んでいると、店から黒服を来た店のスタッフらしい人が上がってきた。
それがまた、なぎら健壱かと思うような風貌の人で、何だか楽しい気分になる。

地下の階段を降りて店に入ると、さっきのなぎら氏が出迎えてくれた。
私が口開けの客だった。
さっそくビールを注文して、店を眺め渡す。
セッティングも終わっていて、巨大な弦バスとパーカッションセットと縦ピアノが店の一角に静かに居座っている。

そう言えば、以前、こういうライヴやコンサートの裏方をやっていたことがあるので、「本能」的に何かをしなくちゃと思ってそわそわしてしまうのだが、今日は単なる客として来ているわけなので、「しなくちゃいけない」ことなぞあろうはずもない。

SさんやYさんやKさんも来店して、歓談しているうちにライヴが始まる。
今日は、3人のボーカルのソロがそれぞれ2ステージということ。
呑ちゃんは、ファーストステージは3番目、セカンドステージは1番目の出番だった。

002.jpg

さっそうと現れた呑ちゃんは、西欧の大理石像のようで、そこはかとない気品が漂っていた。
曲間のMC(トーク)も、会場のやや固かった雰囲気を解きほぐすものだった。
久しぶりの本番だと言うが、実に堂に入ったものである。
声には、独特の滑らかさがあって、シックなジャズメロディーとも良くマッチしていた。
とにかく感心!

画像 008

ライヴが終わって、外に出る。
赤坂の夜は更けて、さあ帰ろうかという段になって、ラーメンを食べていこうということに。
お洒落なジャズミュージックの〆は、やはり、ラーメンであった。

-------------------------
ライブデータ;
会場    赤坂「G's bar」
       http://www.g-s-bar.com/pc/index.html
ライブ時間 20:00~22:40(2ステージ)
Vocal:【ピジョンズ】
はんだことみ(vo)
新居恵美(vo)
長塚麻里子(vo)
Musician:
斉藤クミコ (p)
高原明彦 (b)
木村陽 (ds)
----------------
--------------
本日の走行距離:18キロ[ルイガノクロス(柴又往復等)+ママチャリ(金町駅往復・近所用足し)]
今月の積算走行距離:771キロ
昨年11月以降の積算走行距離:8855キロ
--------------

日録    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by 呑
来てくれてありがとう!(~o~)
居眠りしなかったかな?笑
みなさん温かいギャラリーのおかげで、私もとっても
楽しく歌うことができました★

西欧の大理石像・・・(笑)
それほどの気品はとてもないけれど、
デカいから気迫はあったかも~!?^_^;
2008.07.26 Sat 10:24 URL [ Edit ]
次も期待 Posted by 断腸亭髭爺
素晴らしかったよ。
次も期待。
2008.07.27 Sun 22:57 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/199-4eb98f9c

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。