日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.01.30 Tue
女性出産装置論の周辺
柳沢厚生労働大臣が、少子化対策に触れて、女は「子供を産む機械」と発言して物議を醸している。
格差増大主義者の小泉くんや、強制教育主義者の安部くんや、女性差別論者の石原くんのあまりにも低脳な発言に普段から慣らされてきたためか、私は、大して驚かなかった。
この手の連中は、そもそも、国民を「私利を肥やす機械」「票をもたらす機械」「搾取すべき機械」ぐらいにしか思っていないので、女性のことを産む機械だと思ってしまうのは、むしろ、予想通りだと感じたからだ。
列車強盗は「手を上げろ」と言うものだし、八百屋は「え~、っらっしゃい!」と言うものだし、夜鳴きラーメンはチャルメラを吹くのと同じぐらい、今回の暴言(失言ではない)は、あぁ~、やっぱりねという感じである。

今回の発言に対し、女性たちはかなり心が傷ついたということは察するに余りある。
また、同大臣が「15~50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」などとほざいていることから分かるように、女性が安心して子供を産める環境作りは、端から推進するつもりはなく、ただ一人一人の女どもよ、頑張って「産め!」と命令しているようなものである。
つまり、今度の件で、政府が、女性・出産・教育という、利権をむさぼれない分野のことは、まったく真剣に考えていないことも、案の定、判明した。
ただ、マスコミ等では、この発言を「時代遅れ」の考え方だという批判(男性の識者にこの発言が多い)も聞こえてくるが、これはどうであろうか。
「古い」から、駄目なのであろうか。

だが、たとえば、ちょっと過去の、明治・大正あたりの小説など読んでいても、女性のことを「産む機械」だという考えを持つ登場人物には、ほとんど出くわさない。
むしろ、貧しいながら、現代よりもずっと子供を大切に思っている社会が感じられる。
毎日のように、親が子を子が親を平気で殺すような今の社会とはずいぶん違う。

昔も今も、女性のことを産む機械だという考え方が罷り通るのは、皇室ぐらいなものではなかろうか。
そう言えば、先頃、天皇の息子の嫁が、なかなか子供(とりわけ男児)を産まないのを由々しきことのように言っている連中がいたが、そうした輩は、多かれ少なかれ、女性出産装置主義者ではないだろうか。
あれでは、天皇の息子の嫁がかわいそうで、精神的な病になっても不思議ではない。
子供を産めない女をすぐに捨てて、何人も妻を変えるという、記紀万葉時代からの皇室の伝統(女性出産装置主義)は、男系の血筋が家督を継ぐという利権主義から発生しているもので、封建時代には、日本だけではなく、イギリスあたりにも見られる現象ではある。

ただ、女が産む機械だとすれば、男は産ませる機械に他ならないことも、肝に銘じなければなるまい。

因みに、先に「残業賃金不払い法案」を強力に推進したのも、同厚生労働大臣である。
やはり、国民は「働く機械」に過ぎないという考え方が根底にあるようで、滑稽なほど符丁が合う。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記
エッセイ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/18-a808ceff

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。