日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.06.04 Wed
自転車文化センターにゆく
8時半起床。
曇り後晴れ。

せっかく天気が良いのに、不覚にも寝坊してしまった。
いそいそと洗濯をして、宅急便の荷物(ユニクロのスポーツウェア)を受け取って、駿河台へ出かける。

職場で用事を済ませるとまだ13時だった。

今日は、かねてより一度は行ってみたかった、北の丸公園内にある「自転車文化センター」(科学技術館内)に足を延ばしてみよう。
この日のために、以前から割引券を財布に忍ばせておいたのだし。

駿河台から北の丸公園(九段)までは、靖国通りを西進し九段坂を登ればよくて、たった5分ぐらいで着いてしまう。

田安門から旧江戸城内に入る。
自転車で江戸城に「入城」するのは初めてである。
武道館を左に見ながら、奥深き城内の緑の杜に入っていく。
新緑の木漏れ日が気持ちよい。

IMG_0564.jpg


「自転車文化センター」のある科学技術館前には、修学旅行中だろうか、中学生が集合していた。

割引券を出して入館(100円割引の500円)。
さっそく、2階ににある「自転車文化センター」に上がると、中学生の嬌声が響いている。
あまり、スペースは広くないが、以下の3室からなる。

・実物展示で自転車の歴史を説明する部屋(「自転車広場」)
・資料等が展示閲覧できる部屋(「情報室」)
・自転車の原理を模擬的な装置で体験する部屋(「北の丸サイクル」)

「自転車広場」には、自転車の初期モデルから最新式の物までがずらっと展示してある。
有名な「オーディナリー自転車」から最近のロードバイクやマウンテンバイクまで。

IMG_0553.jpg


最初期の木製自転車。
まだペダルもチェーンもなくて、地面を足で蹴って走っていたのだ。
IMG_0554.jpg


明治時代頃流行したオーディナリー自転車。
IMG_0555.jpg


そして、最新式の自転車。
IMG_0556.jpg


変速機系のユニットは、もちろん、シマノの最高峰「デュラエース」(但し、ちょっと前の9速モデル)。
IMG_0562.jpg


IMG_0563.jpg


隣の「北の丸サイクル」の部屋に行ってみると、修学旅行の中学生たちが犇(ひし)めいていた。
可動展示物は、中学生の占領するところとなっており、まさにゲームセンターか花屋敷と化していた。
その光景が可笑しくて、写真を撮っていたら、「どうして写真撮ってるのぉ~?」と聞かれたので、「いやね、とっても楽しそうだからさ」。

IMG_0557.jpg


IMG_0559.jpg


そうこうするうちに、空腹を覚える。
そう言えば、昼飯がまだだった。
そうだ、九段には美味しくて有名なラーメン屋「斑鳩」があることを思い出したが、面倒くさいので科学技術館の地下にあるレストランで醤油ラーメン(500円)を啜った。

IMG_0560.jpg


科学技術館の自転車以外の展示室もささっと見学して、外に出ると、眩しいほどの陽光が降り注いでいた。

北の丸公園を出て、内堀を時計回りに走っていく。
平川門の所に出たので、中に入ろうと門の前まで乗り付けると、「自転車は乗り入れ禁止」だという(なぜだっ!)。
仕方がないので、前で写真を撮る。

IMG_0565.jpg


さらに堀沿いに進んで、大手側の大広場に出る。
このあたりに来るといつも感じるのだが、戦国時代以来発展してきた築城術が、この江戸城に至って見事に完成しているものだと。

IMG_0568.jpg


IMG_0569.jpg


帰りは、竹橋から白山通り→靖国通り→日光街道→蔵前橋通り→水戸街道を時速30キロ以上で爆走したら、途中で疲れてしまって喉も渇いたので、隅田公園で休憩(だらしない)。

IMG_0570.jpg

(隅田川と言問橋)

気持ちよく走れた一日だった。

夕飯は、刺身コンニャクと冷やし中華。

--------------
本日の走行距離:46キロ[江戸城往復・フジクロスバイク+近所買い物ママチャリ変速なし]
今月の積算走行距離:165キロ
昨年11月以降の積算走行距離:6508キロ
--------------

小さな旅(自転車)    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
やってしまいました(涙 Posted by だっコアラ
唐突ですが、E-COM8が廃車に・・・。

今日、自宅前の路地に、車道から進入をする際、追走してきた自動車に後輪を引っかけられてしまい、あえなく横転。

私は擦り傷程度で済みましたが、E-COM8は左リアエンドが歪曲してしまい、使用が困難になってしまいました。

後続車の接近が予測できた事、手信号を挙げなかった事、最後にスポーツ車の性能と自分の脚力を過信し、「車の追走を振り切り、路地へ進入出来る」と考えてしまった事を踏まえても、私自身、十二分に猛省する事故でした。

髭爺さん、くれぐれもご注意下さい。
スポーツ車は快適なライドを提供してくれますが、本人の脚力次第では、可能な限り無理も利いてしまいます。
それが、対人や対物にせよ、走行中の周辺状況にせよ、思わぬ事態への誘因へとなる場合があります。

この先の自転車旅行もあることでしょう、快適なライドを求めると同時に”安全第一”を求める事は自転車人にとって何よりも重要で大事であると言うことを、情けなくも、この事故を経験して痛感した次第です。

合掌(号泣
2008.06.05 Thu 11:06 URL [ Edit ]
心からご同情申し上げます Posted by 断腸亭髭爺
だっコアラさん、それはまた何と痛ましい!
私の愛車と異母兄弟のようなE-COM8が「廃車」になってしまうとは、我が事のように胸が痛みます(よりによって、急所中の急所であるリアエンドが破損してしまうとは不運!後輪のインター8内蔵ハブもダメですか?保険は効きませんか?)。
だっコアラさんご自身が軽傷に済んだことがせめてもの不幸中の幸いだったとはいえ、心からご同情申し上げます。

自転車を本格的に乗るようになって日の浅い私ですが、やはり、ひやりとしたことは何度かありました。
その度に、その場では反省するものの、月日が経つと忘れがちになります。
だっコアラさんの事故を教訓として、十分気をつけて参ります。
ありがとうございます。

しかし、これもまた何かの縁。
新しい自転車を入手する機会を与えてくれたと思うしかありませんね・・・。
気分を一新できればと念じております。

もし、私が同じ目にあったら、内装8段は気に入っているので、これを買うかも知れません(ホイールをR500にして)。
http://www.rakuten.co.jp/artcycle/669546/669113/
2008.06.05 Thu 18:30 URL [ Edit ]
あっ、 Posted by 断腸亭髭爺
前後輪とも、R500は無理でした。
失礼。
2008.06.05 Thu 22:31 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/151-26dd5b62

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。