日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.05.28 Wed
江東を走り回る
08-05-28_17-181.jpg

(丸の内を疾走する私・呑ちゃん撮影)

曇り時々晴れ。
9時半起床。

夕べは、遅くまでごそごそやっていたので、ちょっと寝坊。

駿河台で用事があるので、昼過ぎにルイガノのクロスバイクのタイヤに空気を充填して出かける(ついでに、ブレーキ関係のネジを増し締め)。
イタリアに出かける前に、タイヤの気圧を1気圧に落としておいたから。
私の場合、23Cは8気圧、28Cは7気圧、26インチのママチャリと16インチの折りたたみ車は3気圧と決めている。
ちなみに、パナレーサーの空気圧計付空気入れだと、ママチャリの英式バルブでも、大体の空気圧が分かる(700Cサイズのタイヤは仏式バルブで、慣れれば、こちらの方が使い勝手がよい)。



今日も、いつもの道(水戸街道→蔵前橋通り→日光街道→靖国通り)ではつまらないので、往きはゆっくりと大回りをすることに。
四ツ木で荒川右岸サイクリングロードに出て、河口付近まで下り、そこから、できるだけ知らない道を選びながら、江戸川区・江東区・中央区を貫くように西進して千代田区の駿河台へ。

荒川河川敷には、ポピー(ひな罌粟とも虞美人草とも言う)などのお花畑が至る所にあって、今が盛りと咲きほこっていた(そう言えば、シチリアでも、罌粟の花畑と麦畑が素晴らしいコントラストだったなあ)。
やや(南東の)向かい風ながら、気持ちがよい。

IMG_0509.jpg


IMG_0511.jpg


葛西橋の先で土手に上がり、一般道へ。
海沿いに行こうとするが、砂町付近ではダンプカーだらけになり、そのダンプカーの車列にくっついて走っていくと、巨大な工場の入り口に着いてしまう。
門番のオジサンから「どういうご用でいらしたのですか」と注意されて、「いや、「ご用」はありませんが、ここ、裏に抜けられますか?」と尋ねると、何とも不思議なことを聞くものだという顔をして、「抜けられません」という返答。

仕方がないので引き返して、とにかく方位磁石を手がかりに、海沿いの道を捜しながら走るも、この海浜一帯は、江戸時代以来の無秩序な埋め立てにより、海岸線がギザギザで水路で道が途切れたり、袋小路になっていたりで、さっぱり分からない。
もちろん地図(東京都23区)は持っていたが、彷徨(さまよ)っている感覚が楽しくて、敢えて地図は見ず、たまに見かける住所板と方位磁石だけを手がかりに走り回る。

途中で、辰巳の森海浜公園というなかなか感じの良い公園が現れたので、そこでしばしビスケットとお茶の休憩とする。

IMG_0512.jpg


IMG_0513.jpg


さらに西進し、門前仲町(いい飲み屋が多いですが)を通過すると、今度は越中島公園の道標に出会ったので、行ってみることにする。
隅田川沿いに展開する長細い公園で、眼前に月島の高層住宅群が聳えていて、面白い風景である。

IMG_0518.jpg


そう言えば、テレビドラマなんかでよく使われる公園じゃなかったかな、ここは。
刑事ドラマなどで、意味もなく、容疑者と刑事がこの公園で出会って話をしたり、恋愛ドラマなどで、登場人物はどう考えても世田谷区あたりに住んでいるはずなのに、夜のジョギング中に恋人となぜかここ江東区越中島で出会ったりする・・・。
お茶で一服してトイレ休憩。

IMG_0515.jpg


永代橋を渡る。
永代橋からの月島(佃島)方向の光景は素晴らしい。

IMG_0519.jpg


こうして、日本橋を抜けて丸の内界隈まで来たときに、同僚からメールが。
夜の会合の時間が変更(遅く)になったとのこと。

IMG_0520.jpg

(江戸城の壕と丸の内のビル群)

08-05-28_17-18.jpg

(丸の内を疾走する私・呑ちゃん撮影)

時計を見ると、ちょうど5時だったので、丸の内で働く呑ちゃんにメールすると、ちょうど退社するところだったので、丸ビル前で待ち合わせて軽く一杯やることにする。
一軒目は、オシャレな欧米風のパブで。
二軒目は、大阪風立ち飲み串揚げの店で(この店「立呑酒処 赤垣屋」がすこぶる良かった)。
ただ、自転車のヘルメットを被ったままで入店したので、仕事をさぼっているメッセンジャーボーイならぬメッセンジャー爺さんだと思われたかも知れない。

IMG_0522.jpg


IMG_0523.jpg


時間になったので、東京駅前の中央郵便局前で呑ちゃんと別れ、駿河台に向かうべく外堀通りを北上した。

大変に有意義な一日であった。

IMG_0510.jpg

--------------
本日の走行距離:58キロ[駿河台往復大回り57キロ・ルイガノクロスバイク+近所用足し1キロ・ママチャリ変速なし]
今月の積算走行距離:590キロ
昨年11月以降の積算走行距離:6333キロ
--------------

小さな旅(自転車)    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by 呑
会社帰りに待ち合わせて軽く一杯ってのもいいね(~o~)
(結局なんだかんだ、軽くじゃなくなっちゃったケド)
たまに飲ろうね♪
2008.05.29 Thu 19:45 URL [ Edit ]
断腸さん。かっこイイですよ。 Posted by しゃあ あずなぶる
カメラマンの腕がいいのか?

ところでタイヤの空気は、何で入れているのですか?
コンプレッサーですか?携帯型の空気入れって
結構、シンドイですよね。
2008.05.30 Fri 04:36 URL [ Edit ]
空気入れは面白い Posted by 断腸亭髭爺
しゃあさん、空気は本文で書いたような空気圧付空気入れを使用しています。8気圧ぐらいまでなら、比較的楽に入ります。

(ホームセンターで売っている中国製の空気入れでも、頑張れば12気圧まで入ります。昔、エアーガンに凝っていた頃、これを使っていました)。

携帯空気入れは、いつも自転車に装着していますが、4,5気圧入れるのも大変なので、普段は使いません。あくまでも緊急用。

それ以外に、圧搾CO2ボンベを携帯して、バルブに圧入する人もいます。これは小型軽量で楽ですが、高価です。

奥の手としては、米式→仏式のバルブアダプター(150円くらい)を持っていれば、ガソリンスタンドで入れることもできますが、車用のコンプレッサーは高圧なので、うっかりすると入れすぎて爆発させてしまうこともあるそうです。

呑ちゃん、また、やりましょう。
2008.05.30 Fri 23:38 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/144-74fb81c3

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。