日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.05.14 Wed
タイヤ換装
6時起床。
雨のち曇り。

雨なので、自転車をいじる。

LGS-TR8のタイヤを交換。
LGS-TR8には、元々、35ミリのタイヤが付いていたが、細いタイヤのが走りやすいと感じて、フジのABSOLUTE3.0に付いていた28ミリのタイヤ(Kenda Kontender, 700 X 28c)をはずして取り付けてあった(2台の自転車のタイヤは互換性あり)。
もう3000キロも走ったろうか、何となくボコボコしてきたので、以前買っておいた「vittoria(ビットリア) 700X28Cザフィーロ2」(イタリア製)を履かせてみた。



タイヤ(やチューブ)の交換は、最初は確かに手こずるが、もう十数回もやっているので、大分うまくなったようだ(と勝手に思っている)。
また、苦にもならなくなった。

自転車を軽快に走らせるために、各種部品を交換するわけだが、一番効果的かつ確実かつ安価な方策は、実はタイヤの交換でなのである。

夕近くになってやっと雨が上がったので、さっそく試し乗りに水元公園に行ってみた。
雨上がりの公園は、空気が澄んでいて、新緑から酸素が大量放出されているのが分かるようである。
IMG_0122.jpg

う~ん、なかなか滑らかな走りになったような気がする。
新しいタイヤで走ると、気分も爽やかになり、新鮮な心持ちになるものだ。

IMG_0125.jpg


--------------
本日の走行距離:9キロ[金町及び水元公園周遊・ルイガノクロスバイク]
今月の積算走行距離:440キロ
昨年11月以降の積算走行距離:6183キロ
--------------

自転車    Comment(7)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
私はE-COM8 Posted by だっコアラ
TR8、良いですよね。残念なのはフロントフォークがストレートから変更になってしまった事でしょうか。
私は、TR8が買えず、代わりに同装備のE-COM8(2006)を購入したのですが、翌年からカタログから消えたので、ある意味レアな買い物だったかなと思い大事にしています。
以前、茨城ー京都間を婦人車で旅行したのが忘れられず、2006年の夏、E-COM8と共に、県内往復200キロの旅行をしたものです。
今年も決行しようかと模索・準備中です。
とにかく、この自転車は本当に楽しませてくれます。
通勤に往復24キロ、たまに50キロから走りますが、疲れないし、「スポーツ」しないで走れる気軽さが大好きです。
いま一番望むことは、内装変速機の進化でしょうか。
初のスポーツ車で、これ以上ない相棒に出会えたと思っています。
長文すいませんでした。
2008.05.24 Sat 14:14 URL [ Edit ]
ありがとう! Posted by 断腸亭髭爺
だっコアラさん、コメントありがとうございます。
E-COM8については、初めて知りました。

調べてみると、E-COM8とTR8は、フレームが違うだけの異母兄弟みたいなものですね。

もしかして、茨城県にお住まいですか?
茨城ー京都間をママチャリ旅行とは、すごいことです(1000キロ以上になりますね)。

私も、ママチャリからロングライドを始めたので、E-COM8をご購入してからの「楽しさ」は、よ~く分かるつもりです。

車体がやや重めなので、現在は、泥よけを外し、シートポストを標準のサスペンション仕様からノーマル仕様に変更し、タイヤを28Cに換えて乗っています。
変速段数については、TR8の8速で(ギヤ比も)十分だと思っていますし、何しろ、停止中でも変速ができるので、ストップ&ゴーが多い都心の通勤にも最適です。
また、外装変速機と違って、雨の日に走っても、殆どメンテ不要なのも便利です。
ただ、堅牢極太のアルミフレームは乗り味がコチコチで、もう一台の愛車フジのAbsolute3.0(クロモリフォーク)と較べて、60キロ以上走ると手首と尻が痛くなります。

だっコアラさんと同様、私も、内装変速機の進歩に非常に興味があり(というより、自転車の変速システムそのものに非常に関心あり)、現在の後輪が痛んだら、ホイールごとシマノのアルフィネに交換しようと思っています。
でも、あと3万キロぐらい走ってからかな。

これからも、よろしくお願いします。
2008.05.24 Sat 18:06 URL [ Edit ]
こちらこそ Posted by だっコアラ
一時(2年半ほど)、茨城に住んでいた時がありまして。

実家の福島に帰省する少し前に、旅行をしました。
1000キロ以上ですか。自分は計算なしに行きましたので、そこまでとは思いませんでした(汗

自分にとって、内装変速機は理に叶っていると思います。
外装変速機はスポーツとしての利点が多いだけで、生活の足としても使う私には、変速機自体の軽さと変更可能なスプロケット(くらい)しか魅力がありません。
そこにきて、仰るとおり、停車中の変更、ローメンテナンスこそ、私が求めるシステムであったりします。

昔のインター3はペダルかハブを回さないと変速出来なかったんですよ。凄い進化だと思いました。

フレームに関しては同じ思いです。愛用のシティサイクルの「しなり」を味わっていると、むーんと考えてしまいます。アルミの欠点ですよね。
最初はシティサイクルとの重量差に驚いたものですが、慣れると「あれ?」っと思ってしまって(こらっ)、浮気心に花が咲く思いです(汗

前回書きそびれてしまいましたが、インター8のラチェット音(3,4段目のチキチキ音)はどうにも気になってしまい、チェーンをきっちり張ったシティサイクルの無音走行に思いを馳せてしまいます。
そういうポイントでは、変速機なしのシングルスピードも魅力的です。
アルフィーネではだいぶ改善されているそうですよ。

ただ、アルフィーネと今TR8に装備されているインター8ではエンド幅が数ミリ違いますので、少し広げる必要があり、アルミのエンドだとクロモリの様な柔軟性がない分、フレームのストレスになると言われています。ご注意を。
あと、もしかするとチェーンラインが変わるので、クランク回りも変更になるかもしれません。

そのあたりで、私は見送っています。

またまた長文、すいません。
2008.05.25 Sun 08:25 URL [ Edit ]
追記 Posted by だっコアラ
それから、これこそ本当に書きそびれていたことなのですが、タイヤ交換のレビューは参考になりました。

今、シュワルベというメーカーのマラソンと呼ばれるシリーズを愛用しているのですが、空気圧管理さえ怠らなければパンクは皆無というくらい安心丈夫です。

が、耐パンク性の高さに重量増という犠牲があったので、細いものに切り替えてみようかと思っていた所でした。

タイヤを細い物に切り替えることでのフィーリングの違い、参考にさせて頂きます。
2008.05.25 Sun 08:37 URL [ Edit ]
感謝 Posted by 断腸亭髭爺
昨日、イタリア南部の旅から帰ったところです。
イタリアの南部は、自転車が走るのには道路状況が悪すぎる(路側帯がない・車が交通法規を守らない・敷石路が多い・道路の陥没が多いなど)せいか、殆ど自転車を見かけませんでした。

ただ、大都市(ナポリやパレルモ)では、ママチャリ風(カゴなし)やマウンテンバイクを見かけました(ビアンキ社製が多かったような)。
ロードバイクは、行楽地で登坂訓練をしているプロっぽい人を数名見かけましたが・・・(来月のツール・ド・フランスの練習かな?)。
インター8らしきハブを装備した自転車も2台見かけました。
確率からすると、内装8段の比率は、日本よりも高いように感じます。

物の本でも、ヨーロッパでは、内装8段装備の自転車が多いそうです。
やはり、メンテナンスの点で、圧倒的に有利だからだと思います。
日本でも、電動自転車よりも、内装多段車の開発と販売にもっと力を入れるべきだと思います。

だっコアラさんがご指摘のラテェット音は、私も気になってます。
まあ、機構上のことなので仕方がないと思いますが。

ビットリオのザフィーロ2(28C)は、乗り心地は良いと思いますが、耐パンク性はまだ分かりません。
なにしろ、安いという理由だけで買ったものですので。
もし、数日に渡る遠乗りをする際は、パナのツーキニスト(28C)で出かけるつもりです。
ツーキニストは、計量的にはやや重いタイヤですが、走り心地はなぜか軽やかで悪くありません。しっかりした走りで気に入っています。
本当は、23Cぐらいを履かせてみたいのですが、たぶん、乗り心地が固すぎて駄目だと思います。

アルフィーネについての貴重なご指摘、ありがとうございます。
エンド幅が違うとは困りますね。
ホイールを自分で組むなどという芸当ができないので、現在のホイールが摩耗した際にどうしようかなどと、今から心配しています。

そうそう、インター8の詳しい取り扱い説明書が付いてこなくて困っていたのですが、ネット上にありました(英語ですが、自転車乗りなら分かります)。
http://www.sheldonbrown.com/nexus8/index.htm
シェルドンというアメリカ人の作ったページですが、この人、自転車博覧狂です。
ただ、残念なことに今年の初めに亡くなったそうです。
ページは残っていますが、大変に参考になる自転車に関する「論文」をたくさん書いています。
主人を失ったウェッブページがいつまで存続するか心配で、せっせとダウンロードしているところです。

もし、愛車のE-COM8で東京にいらっしゃる機会がありましたら、是非、ご一報下さい。
葛飾柴又の隣の駅に住んでます。
寅さんみたいですが、柴又の商店街で私のことを聞いても、誰も知りませんが・・・。
2008.05.25 Sun 09:31 URL [ Edit ]
惜しい人が。 Posted by だっコアラ
この日付のページに文章書きすぎですね(苦笑

イタリア南部って・・何者なんですか?

お金も時間もない私には無理ですねぇ(汗
でも人生は長い(もう30歳手前ですけど)、私もチャンスを手にして、他国の大地に自転車を走らせてみたいです。

でも、日本も素晴らしい環境ですので、今は近隣諸県(?)を探検ですね。

例のページですが、一度スプロケットの交換が分からなくて訪れたことがあります。
亡くなられてしまったんですね。
私も、早い内に資料を入手しておきたいと思います。
教えて頂きありがとうございます。

それから、東京の葛飾柴又って、本当に寅さんですよね。
うーん、時間欲しいですねぇ。というか、東京を越えて福島-京都を必ず決行しようと思っているので、その時には必ず寄ります。
その前に東京に行ける時間があったら寄ります!

「自転車は最高!」ではなくて、私にとって「冒険・探検は最高!」ですね。
その為の自転車といったところです。

これからも、色々な所への旅にチャレンジして下さい、応援します!
2008.05.25 Sun 13:05 URL [ Edit ]
今後ともよろしく Posted by 断腸亭髭爺
だっコアラさん、ありがとうございます。
夏のキャンプツーリングに向けて、これからも準備します。
2008.05.25 Sun 22:50 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/133-20097320

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。