日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.05.03 Sat
禁煙計画始動+自転車関係書籍
7時起床。
雨。

以前から徐々に考えていた「禁煙」をそろそろ実行に移そうと決意した。

そう考えるに至ったきっかけは、これまたやはり自転車に乗るようになったことである。

自転車通勤を始めてから3月ぐらいたった頃、煙草の本数が減っていることに気づいた。
以前は、一日40~50本ぐらい吸っていたのだが、今では20~30本ぐらいしか吸わなくなった(約半減)。
不思議だが、別に減らそうと努力しているわけではなく、自然とそうなっているのである。

なぜ、自転車に乗ると煙草の本数が減るのか、いろいろと推測してみた。

最初は、自転車に乗っている最中は煙草を吸うのが不可能というわけではないが、吸いにくいし、また、あまり吸う気にもなれないないので、その分本数が減ったのだろうと考えていたが、どうもこれは違うようだ。
なぜなら、電車に乗っている最中だって吸えないのはまったく同じなわけだから。
月日が経過し、いろんなケースを考慮するに、自転車に乗るようになってからストレスが軽減したことによって、煙草の本数が減ったのではないかということがだんだんと分かってきた。

電車で通勤することでストレスが増すというよりは、むしろ、自転車を漕ぐとストレスが解消され、その分、煙草を欲しがらなくなるという感じだろうか。

煙草の本数とストレスとは、私の場合、まったく正比例している。
自転車に乗るようになっても、極めてストレスの多い日は、100本を越えることもあった。

ということは、煙草はストレスを減らす効果もあるようで、心と身体の総体としては、必ずしも煙草は健康に悪い物ではないのかもしれない。

自転車に乗れば、煙草は減るのだから、別に止める(禁煙する)ことはないじゃないか。
そうなのだ、私は今でもそう思っている。

しかし、ここで、煙草を吸い続けることによる、ある重大な側面が、私の中で浮上してきた。
それは、煙草にかかる費用の問題である。

私の好きな煙草は「エコー」という銘柄で、一箱180円である。
この煙草を一日に2箱吸い続けたとして、一年でどのぐらいの費用がかかるるのか?
計算すればすぐに分かる。

360円(180円×2)×365日=131,400円

そう、何と、一年間13万円以上を煙草に費やしていることになるのである。

いやはや、確かに驚くべき金額ではあるが、しかし、これとて以前からずっと分かっていたことであるし、私のような愛煙家は、むしろ、好きな煙草のために13万ぐらい払うのはちっとも惜しくはないと思っているからこそ、吸い続けているわけで、別にこれが禁煙する理由にはならない(ある物に金がかかるという理由でそれを止めてしまえば、最後には生きられなくなるであろう)。

ここからが本題なのであるが、私が禁煙をしようと思い立ったのは、13万あれば結構良い自転車が買えるという事実に思い至ったからである。
10年止めれば、高級な自転車が10台、ママチャリなら100台揃うことになり、小さな自転車屋が開けるほどである。
私の場合、これが決定的だった。


(13万円で買える自転車の一例)

今でも、煙草は大好きで、煙草を止め「たい」などとは微塵も思っていない。
できれば、止め「たくない」。
でも、自転車には代え難い!
つまり、煙草よりも、自転車の方が好きになったというわけである。

禁煙計画の要諦

・自転車通勤を始めた場合と同様、前一月(5月中)は準備期間とし、一日10本に減らす。
・0本にできると思ったら、5月中でも禁煙を始める。
・ただし、6月1日から0本(禁煙)とする。
・煙草が嫌いで止めるわけでもないし、健康オタクでもないので、回りの人が私の横で煙草を吸っていてもまったく問題なし。間接喫煙でタダで煙が吸えるのだからむしろ願ったりかなったり。
・将来煙草が吸いたくなったら、自転車を止めることとする。

以上。

付記:本日の所業

朝起きたら雨なので、読書をしながら、晴れるのを待つ。
今日読んでいたのは、昨日アマゾンから届いたばかりの本。

『ロードバイクの科学―明解にして実用!そうだったのか! 理屈がわかれば、ロードバイクはさらに面白い! 』(SJセレクトムック No. 66)


この半年間、自転車にまつわる本は数十冊読んできたが、ベスト5に入る。
著者の藤井氏は、本田技研のエンジニアで、車の設計等を手がけるその道のプロであるが、そのノウハウと原理を自転車に応用したのが本書。
一言で言えば、自転車を徹底的に「科学」する本。
世間で言われている自転車の性能に関する評価は、多分にフィーリングに依存しているが、本書は、そこに科学のメスをを入れている。
自転車の走行現象への物理学的な分析がメインだが、一般道路の安全な走行法なども示されている。
たとえば、空気抵抗や乗る人の体重の問題などを、物理式を使いながら分かりやすく解説している。
タイトルに、「ロードバイク」という言葉が入っているが、無論、ママチャリをはじめとする、ロードバイク以外の殆どすべての自転車にも適応することが書いてあると言える。
また、自転車を漕ぐ人間の身体運動論にまで話は及び、自転車乗りには必読の書と言えよう。

因みに私の自転車関係書籍ベスト5をついでに挙げておこう(順不同)。


伊藤礼『こぐこぐ自転車』(平凡社)
70歳で大学を退職した伊藤氏が、自転車の魅力に目覚め、瞬く間に6台の自転車を所有して、あちこちサイクリングに出かけるようになるまでを綴ったエッセイ集。
伊藤礼は、チャタレー裁判で有名な作家、伊藤整のご子息。
とぼけたような独特な文体が秀逸。
本書に関しては、自転車に興味がない人でも大変楽しく読める一冊。



・河村健吉『自転車入門~晴れた日はスポーツバイクに乗って』(中公新書)
これまた、銀行を退職してから自転車に目覚めた人が書いた本。
自転車についての、実に真面目かつ包括的な解説が役に立つ良書。



疋田智『自転車生活の愉しみ』(朝日文庫)
90年代後半以降の自転車通勤ブームに火を付けたのが、この疋田智氏。
私は、いわゆる「親しみやすい」氏の文体が好きではないが、随所から自転車への愛が伝わってくる。
類書は多数だが、内容は似たり寄ったりなので、一番安い本書がお薦め(パックンとの対談も収録)。
ヨーロッパの自転車事情に関するレポートは、一読の価値あり。



・・・とここまで全部で4冊挙げてきたが、5冊目はなかなか決定できず、また、後日への課題としたい。

さて午後は、呑ちゃんと二人で自転車で出かける(ママチャリ)。
新緑が眩しい水元公園を周遊した後、ウォーキング。
気持ちが良かった。

その足で、三郷市に買い物に行ったのだが、期せずして呑ちゃんの幼年時代の思いでの地を自転車で巡ることになる。
しかし、その詳細については、本人のブログを参照のこと。

帰りは、江戸川土手自転車道(右岸)に上がって、水元公園桜土手を経由して帰還。
土手08-05-03_16-43

(江戸川土手自転車道をママチャリで疾走する)

有意義な一日であった。

--------------
本日の走行距離:18キロ[水元三郷周遊12キロ・ママチャリ+買い物6キロ・フジクロスバイク]
今月の積算走行距離:57キロ
昨年11月以降の積算走行距離:5800キロ
--------------

自転車    Comment(7)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
書き足すんですね。 Posted by しゃあ あずなぶる
それは、楽しみです。
ボクは(イヤイヤ)禁煙した先輩って視点で
続きが楽しみです。
2008.05.03 Sat 16:31 URL [ Edit ]
おっと。 Posted by しゃあ あずなぶる
書き足すのは「記録」の部分ですね。

では・・・。ボクの禁煙ですが・・・・。
「私は、アナタに付いて来た。だから、我慢出来る。でも、お腹の子は・・・」
と、妻に言われて仕方なく禁煙しました。実際、子供が出来たのは、3年後でしたが。
当時(23年前)ボクは「エプソン」と言う銘柄が好きで、確か220円位だったと
思いますが、ソイツを2箱/日でしたね。禁煙しても、その分のお金って、残らない気がするなぁ。
吸ったつもりで、その都度貯金箱に入れれば、良いのでしょうか。
とにかく、ココは「頑張れ断腸さん」ですね。
2008.05.03 Sat 16:42 URL [ Edit ]
Posted by やまびこ
ふえ~~ん、断腸さん、わたしより先にタバコやめないで!

わたしは一日20本は吸わないけれど、禁煙したいな。
2008.05.03 Sat 17:04 URL [ Edit ]
Posted by 呑
びこさん!これを機会に一緒に禁煙しよう\(^o^)/
共に戦う人がいるほうがやめやすいぜよ♪
私はこれから、デルタの喫煙率減少に力を注ぎます★
(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
2008.05.03 Sat 22:12 URL [ Edit ]
Posted by やまびこ
呑!

いや~ん、こわい~~~~ん@@/

組織を作って禁煙する方法があるらしいね。
でもデルタは喫煙率高いよ~。
男性はしゃあさんやBAJAさん除いてほぼ全員じゃん?
2008.05.03 Sat 22:56 URL [ Edit ]
ボクの止め方。 Posted by しゃあ あずなぶる
周囲に禁煙宣言をして、タバコ関連のグッズを
全て廃棄処分。
高かったライターも、まだ10本以上入っている
吸いかけのボックスも、その場でバッサリ棄てます。
さあ、もう戻れない。少しづつ減らすのは、強い意志
がないとキビシそうですよ。
2008.05.04 Sun 05:40 URL [ Edit ]
禁煙の心理 Posted by 断腸亭髭爺
20年ぐらい前に、1年間だけ禁煙したことがあります。
吸いたくなったら水を飲むという方法で、のたうち回りながら禁煙しましたが、1年後には元の木阿弥。
今度はそうならないように、「ちょっと一本」は禁物です。
翌日から2箱になりますからね。

喫煙は、その人その人の、かなり個人的な「習性」と意識に関係があるので、集団禁煙は相応しくないような・・・。

今回の私にしたって、自転車という存在がなければ、止めようなどとは夢にも思いません。

その人なりの「理由」がないと、馬鹿らしくて禁煙はできないと思います。
2008.05.04 Sun 07:40 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://danchotei.blog75.fc2.com/tb.php/122-264b7cac

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。