日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2015.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2015.10≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
「 2015年09月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.09.21 Mon
9月5日(土)~6日(日)信州サイクリング(後篇)~旧道の素晴らしさ~県道275号(上生坂信濃松川停車場線)と県道276号線(下生野明科線)
昨日(9月5日)の午後から犀川沿いの道を遡って走っている。

このルートを通る幹線道路としては、国道19号線(西街道)ということになるが、やはり二桁国道だけあって、走っていてもほとんどまったく面白くないので、極力旧道を追いかけている。
残念なことに、ときたま国道と合流していまう区間があるが、そういうときは、目をつぶって、鼻をつまんで我慢して、猛スピードで走るほかはない。

そしてまた、旧道に戻ると、江戸期以前の道祖神やら馬頭観音やらの石碑が現れてホッとするという繰り返し。

IMG_5262.jpg
(旧道の石碑)

近代国道の面白くない点は、クルマの交通量が多いことに加えて、道筋が「合理化」されてしまっていること。

対するに、伝統的な道は、等高線に抗(あらが)わないようにゆったりと道をつける。
なので、必然、道は曲がりくねることになる。
この曲がり方が何ともエロティックでよい。
ただ、川の冠水や浸食によって道が損壊することを恐れてか、河岸段丘上に道が回っていることが多く、かえって勾配はきつくなることもしばしばである。

ヤマト政権期、列島侵略を企んだ朝廷は、直線の幹線道を全国に敷こうとした。
ローマ帝国によるアッピア街道も然り(日本では、鎌倉みちや信玄の「棒道」など)。
これまた、軍用道路でもあるので、叛乱地に鎮圧部隊を急行させるためにも、まっすぐな道(=最短距離道)が必要となったのである。

なので、古代の幹線道は、起伏のある地形でも、等高線を無視して、直坂道を築こうとする。
勾配が厳しすぎる場合は、切通しを削り、場合によっては隧道(トンネル)を掘る。
谷の川を渡ると時間がかかるので、谷には立派な橋を築く(アッピア街道の例)。

こういう直線道の設計思想は、ずっと後(近代)になって、鉄道建設の際に「見事に」蘇ることになる。
鉄道は直線道建設の技術を極限まで推し進め、しかもそこに、「馬よりも速い」スピードが加わった。

建設されたばかりの鉄道に乗った体験を非常によく表現しているのは、明治末期に作られた文部省唱歌「汽車」である。

今は山中 今は浜
今は鉄橋渡るぞと
思う間も無く トンネルの
闇を通って広野原(ひろのはら)

遠くに見える村の屋根
近くに見える町の軒(のき)
森や林や田や畑
後(あと)へ後へと飛んで行く

廻り灯籠(どうろう)の画(え)の様に
変わる景色のおもしろさ
見とれてそれと知らぬ間に
早くも過ぎる幾十里

直線道を築くための重要なアイテムたる鉄橋とトンネルが先ず登場する。
これによって、空間(地形)の天然の連続性が断ち切られる。

dc7b7d55.jpg
(19世紀初頭イングランドの鉄道建設。まっすぐな切通しを開削して、地面が分断されててしまったので、橋を建設している。右の崖上には長閑な旧道が通っている)

7c6439a0.jpg
(明治20年代の鉄道建設。大規模な切通しを開削中)

遠くの風景はよく見えても、近くの景色は「飛んで」いってしまう。
路傍に咲く花々や道祖神を見ながらゆっくりと旅をする従来の旅情は破壊されて、絵葉書のような遠景だけを見ようと努めることになる。
そういう遠景ばかりを「鑑賞」している内に、あっという間に目的地についてしまう・・・。

まっすぐな道は、権力の道である。
軍事の道である。

権力の道は、「断固として」まっすぐに築いた道なので、庶民が自分のペースで、自分の行きたいところに行くことを許さないような雰囲気がある。
近代国道を自転車で走っていても、それは、「走っている」のではなくて、「走らされてる」感じがしてならない。
だから、面白くないのだ。

合理性と効率性を追求する道は、プロセスを楽しむことを拒否している。
その最たる例は、高速道路と新幹線(いずれもトンネルと橋の連続)。
高速道路は、クルマで走っていてもちっとも楽しくない。
ただただ、目的地に着くことばかりを希求して、そのプロセスは忍耐の時間と化する。
近く開通予定のリニア新幹線なぞ、路線の9割がトンネルだという。
こうなると、もはや、早くて便利な移動手段も、旅の破壊行為でしかないであろう。

近代とは何であったか。
一言でいえば、「プロセスの排除」である。
旅も、人生も、料理も、恋愛も、犯罪も、街並みも、どんどん利便性と効率性が追求されて、行為そのものが「合目的的」なものに限定され、そのプロセスを排除するようになった。
列車の旅と言えば、その車中で、「退屈」な時間をスマホいじりで時間潰しをすることとほぼ同義になってゆく。

前置きが長くなった。

さて、二日目。
一晩中、犀川の流れる音聞きながら眠る。

5時半過ぎに起床。
ちょっと肌寒い。
朝食が出るわけでもないので、缶コーヒーを飲んで、そそくさと旅支度をして6時半頃出発。

IMG_5242_2015091907313995f.jpg
(一晩中、玄関で待機していた私の自転車)

今にも泣き出しそうな曇天。
当初は、松本から白樺湖まで登ってそこで宿泊する目論見だったが、甲信地方の天気予報では、午後から雨で、しかも、明日も雨だという。
松本で二泊して好天を待つのもよかろうが、宿泊代ばかりがかさんでしまうので、とにかく、走れるところまで走って、今日中に、一旦、東京に帰ることにする。

しばらくは、国道を走るほかないが、幸いなことに日曜の早朝なので、交通量は少ない。
清々しいのを通り越して、やや寒いので、途中で防風衣を羽織る。

IMG_5249_20150919073141f65.jpg
(国道19号線沿いのダム橋にて)

しばらくは、国道を走る。
湯ノ沢温泉の所で、大日向橋を渡って、旧道(県道275号・上生坂信濃松川停車場線)に入る。
随所にて、犀川の眺望が開ける、実に素晴らしい道である。
この道は、事実上、恐ろしげな生坂トンネル(全長1.2キロ)の迂回路でもある。

IMG_5250_201509190731419cb.jpg
(旧道たる県道275号)

生坂トンネルの出口で再び国道と合流。
しばらく走ると、眼前に地獄のようなトンネル(名称不明・約400メートル)が現れた(地図)。
こんなトンネルを走れば、死ぬかもしれないと思い、側道から細い分岐道に入ってみる。

犀川沿いに廃道のような細道が延びている。
地図には、はっきりと道が出ているぞ。
ところが、車両通行止の標識があって、車止めもある。

やっぱりダメかなと思いながら進んで行くと、江戸期の一里塚跡の説明版あり(写真撮影失敗)。
なるほど、トンネルと並走するこの道こそ、旧道であると確信した。

IMG_5251.jpg
(トンネル脇の旧道)

IMG_5252_20150920163702da6.jpg
(トンネル脇の旧道)

草が生い茂っていて、自転車を降りて押さなければならなかったが、かすかに舗装路面が残っていた。
蚊に刺されながら、どうにか通過して、おまけに地獄のトンネルも回避することができたのである。
よかった、よかった(4輪での通行は無理)。

しばらく進むと、また旧道が現れた。
県道276号線(下生野明科線)がそれで、国道の対岸を通っている。
多少起伏が激しいが、犀川を右側に見渡しながら走るこの道は、本当に素晴らしかった。

以下、その写真をご覧いただきたい。

IMG_5253_201509201658110c8.jpg
(旧道たる県道276号)

IMG_5254.jpg
(旧道たる県道276号)

IMG_5258_20150920173647704.jpg
(旧道たる県道276号)

IMG_5259.jpg
(旧道たる県道276号)

IMG_5266.jpg
(旧道たる県道276号)

IMG_5267.jpg
(旧道たる県道276号)

IMG_5268_20150920182905ba6.jpg
(旧道たる県道276号)

この道筋にも、戦国期の城跡がいくつかあった。
思えば、この道は、甲信越を結ぶ経路のひとつなので、川筋の高台に城を築いたのであろう。

IMG_5256.jpg
(城跡の説明版)

国道19号線の道路標識は、常に「名古屋まで何キロ」という表示なので、東京方面に向かっているつもりの私には、何だか奇異な感じがする。
しかし、それもそのはず、この国道19号線を、このままずっ~と南下すると、塩尻からは、中山道となって、木曽路を経て名古屋に至るからである。

快適な県道276号線も、明科(あかしな)で途切れて、再び国道と合流する。
交通量の激しい国道を走っていると、いつの間にやら、左手に鉄道が見えてくる。
篠ノ井線である。
もう松本も目と鼻の先であることが分かるが、どうも空模様が怪しくなってきた。

明科から先にも左側に旧道らしきものを目撃して入ってみる。
非常に細い道だが、石碑の存在から、これも旧道であることが分かった。

IMG_5272.jpg
(明科付近の旧道)

IMG_5273_201509201821558cd.jpg
(明科付近の旧道)

IMG_5274.jpg
(明科付近の旧道)

国道には、もう「松本城」の道路標識が現れ始めたのだが、予報通り、雨が落ちてきた。
時計を見れば、まだ、午前10時半。
未練は残ったものの、松本城には、もう何回も行ったので、このまま松本駅まで走って輪行で帰ることにした。

松本駅に着いた頃には、雨も本降りとなっていた。
駅頭で自転車をばらして、駅前の蕎麦屋に入る。

IMG_5276.jpg
(今回の旅は、冷酒と蕎麦で〆)

例によって、中央本線の普通列車を乗り継いで、両国駅で下車。
雨が降っていたので、簡易合羽を着て、自走で葛飾の自宅に帰ったのだった。


(この日の実走経路地図)

走行距離:58キロ(VIVALOロード)

一日目の記録は以下。
http://danchotei.blog75.fc2.com/blog-entry-901.html
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
旅(自転車)    Comment(3)   Top↑

2015.09.20 Sun
9月19日(土)流山ぶらりサイクリング~リハビリ中の輪友との午後~曼珠沙華のことなど
「9月19日(土)流山ぶらりサイクリング~リハビリ中の輪友との午後~曼珠沙華のことなど」

久々に青空。
涼しいものの、空は夏模様。
東の地平線には積乱雲。

9時過ぎに家を出る。
目的地はない。
ただ漠然と、米が残り少なくなっていたので、「かしわで」(柏市の産直売場)あたりで米でも買い出ししようかという感じ。

三郷放水路(埼玉県)まで来て、輪友のJさん(流山)のことを思い出して会いたくなって電話をしてみる。
江戸川台駅(東武野田線)で待ち合わせの約束。

IMG_5380.jpg
(三郷放水路)

Jさんは、4月下旬、筑波をサイクリング中に落車して大腿骨骨折。
長らく入院していたが、現在は退院して、家でリハビリ生活を送っている。

三郷放水路から大場川沿い。
流山橋を渡って、江戸川サイクリングロートを走り始めるが、1キロも走らないうちに飽きてしまう。
たまには直線道を走る練習もしなければならないのだが、どうもツマラナイので、堪え性のない私はすぐに飽きてしまうのである。

流山の100円ショップで買い物をしてから、おおたかの森を抜ける一般道を走って、江戸川台駅へ。
Jさんは、駅前広場のベンチで待っていた。

駅までは自転車(ジャイアントのクロスバイク)で来たという。
まだ、怖くてロードバイクには乗れないとのこと。
お元気そうだが、自転車の乗り降りの際には、まだ患部が痛むらしい。

IMG_5383.jpg
(自転車に乗るJさん)

Jさんのクロスバイクは、そもそもは、マウンテン仕様の3×7段であったが、クランクセットは、ロード仕様(50・34t)に改造してある。
とはいえ、マウンテン仕様のフロントシフターと互換性がないため、FDも取り去られていて、事実上、50tのシングルで乗ってるという。
スプロケが特長的で、今は懐かしいメガレンジ仕様(たぶん14-16-18-20-22-24-34T)で、ローギアが格段に大きい。
メガレンジ仕様は、なかなか良いアイディアで、私もそれらしきもののロード仕様を「自作」したことがある

IMG_5382.jpg
(Jさんのクロスバイク)

少しだけ自転車に乗って、近くの野馬土手に行ってみる。
野馬土手(のまどて)というのは、江戸期に幕府によって設けられた、下総北西部の広大な馬放牧場の囲い土手のこと(ちょっとした長城の趣)。
戦後になって随分と破壊されてしまったが、まだ、所々に残っている。

IMG_5386.jpg
(野馬土手散策)

IMG_5385.jpg
(野馬土手の説明版)

自転車を停めて、二人でそぞろ歩き。
野馬土手には、松、銀杏、栗、椎の木などが植わっている。
そして、あちこちに曼珠沙華(ひがんばな)。

IMG_5390.jpg
(野馬土手に咲く曼珠沙華)

IMG_5389.jpg
(銀杏とどんぐり)

季節柄、今が盛りの彼岸花は、江戸川の土手にも、農道の路傍にも、家の庭先にも咲いていた。

曼珠沙華は、墓や血の色を連想させるので、気味の悪い印象がある。
たとえば、白秋の次の詩のように。

「曼珠沙華」(北原白秋)

GONSHAN.(ゴンシャン)GONSHAN. 何処へゆく
赤い御墓の曼珠沙華(ひがんばな)、
曼珠沙華、
けふも手折りに来たわいな。

GONSHAN. GONSHAN. 何本か。
地には七本、血のやうに、
血のやうに、
ちやうど、あの児の年の数(かず)。

GONSHAN. GONSHAN.気をつけな。
ひとつ摘んでも、日は真昼、
日は真昼、
ひとつあとからまたひらく。

GONSHAN. GONSHAN. 何故(なし)泣くろ。
何時(いつ)まで取っても、曼珠沙華、
曼珠沙華、
恐(こは)しや赤しや、まだ七つ。


註:「GONSHAN.(ゴンシャン)」は、福岡柳川弁で、「娘さん」の意。

でも、私は、あまり含みのない漱石の俳句の方が好きだ。

曼珠沙華 あつけらかんと 道の端(漱石)

そうなのである。
彼岸花は、清々しくも唐突に咲き、あっけらかんと道端に佇んでいるのが良い。

閑話休題。

リハビリのこと、自転車のこと、酒煙草のこと、流山のこと・・・。
いろんな話をしながら野馬土手を歩く。

IMG_5394.jpg
(自転車を停めて散策)

腹が減ってきたので、Jさん御用達の「ココット」(江戸川台駅近く)という洋風レストランに入る。
Jさんはチキン。
私はポーク。

IMG_5396.jpg
(駅前の「ココット」で昼食)

駅前で、ハーフクリップの話などをして別れる。
Jさん、もう一歩、頑張ってね。

帰路も、おおたかの森を抜ける。
そこここに曼珠沙華。
そして、ときたま、萩の花。

主水新田までは、土手脇の道(たぶん、近代堤防が築かれる前の自然堤防)を走り、途中からCR。

IMG_5398.jpg
(江戸川左岸の道・たぶん、元々の自然堤防)

IMG_5400_20150920040842552.jpg
(江戸川左岸のサイクリングロード。正面遠景は松戸の市街地)

水元公園を散策。
野外ステージで、ビートルズのコピーバンドのライブをやっていた。
ちょっと下手だけど、熱意を感じる。

IMG_5404.jpg
(ビートルズのコピーバンド)

買い物(4リットル焼酎、薬用焼酎、ビール、ペット茶など)をして帰宅したのだった。


(本日の実走経路地図)

走行距離:51キロ(VIVALOロード)

テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報
小さな旅(自転車)    Comment(2)   Top↑

2015.09.15 Tue
9月13日~15日 自転車ゼミ夏合宿
「9月13日~15日 自転車ゼミ夏合宿」

・一日目;大月駅~富士吉田の合宿所

東京駅まで自走。
中央本線大月駅まで輪行。
極力旧道を辿りながら、富士みち(国道139号)を登る。
前方に富士山の威容。
昼はうどん。
15時ごろ、富士吉田の合宿所に到着。

IMG_5294.jpg
(うどん屋にて)

IMG_5296.jpg
(富士みち旧道)

実走経路地図;

(累積獲得標高:547メートル)

走行距離:42キロ(VIVALOロード)

・二日目;富士吉田⇔河口湖・西湖周回

8時半に合宿所を出発するものの、メカトラブル頻発。
最低限のブレーキと変速調整ぐらいは、自分でできるようにすべきと叱咤激励する。
富士浅間神社参拝(交通安全祈願)後、河口湖と西湖を周回。
富士、見えず。
予定では、山中湖にも行くつもりであったが、無理そうなメンバーがいたので断念。

IMG_5306.jpg
(河口湖)

IMG_5310.jpg
(西湖)

実走経路地図;

(累積獲得標高:330メートル)

走行距離:47キロ(VIVALOロード)

・三日目;富士吉田~河口湖~御坂峠~甲府

富士吉田の合宿所を8時半に出発。
御坂峠を登る。
学生たち、頑張る。
御坂峠の「天下茶屋」でほうとう鍋を食す。
「太宰治文学記念室」を見る。
甲府駅まで下って、御茶ノ水駅まで輪行。

IMG_5329.jpg
(御坂道)

IMG_5343_20151013061539087.jpg
(天下茶屋)

IMG_5335.jpg
(御坂峠)

実走経路地図;

(累積獲得標高:554メートル)

走行距離:68キロ(VIVALOロード)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.09.12 Sat
9月5日(土)~6日(日)信州サイクリング(前篇)~妙高・飯綱高原・坂中峠・善光寺・西街道
妙高高原(新潟県)で二泊三日の(職務上の)合宿後、帰路は自転車で信州を南下してみることにした。

先に、一日目の実走経路地図を示しておこう。


(距離:73キロ、累積獲得標高:1012メートル)

信州(長野県)は、これまでにも何回も自転車で走り回ったことがあるが、その度に何とも広大な地域であることかと感心していたら、全国都道府県では、列島で4番目に面積が広い県であるという(因みに千葉県は28位)。

それだけでなく長野県は、平均標高では堂々日本一の889メートル!(因みに千葉県の平均標高は46メートル)。
何と「平均」標高からして、関東の名峰筑波山の標高(877m)を凌ぐ。
まさしく、業平橋の新電波塔(634m)なぞ、長野県民からすれば、足下に睥睨する対象でしかなかろう。

「そんな山奥に暮らすのは大変でしょうね」と関東の人は言うかもしれない。
しかし、さにあらず。

長野県は、旧石器時代から関東なぞより人口も多く(野尻湖人)、新石器時代(縄文)の遺跡もたくさんあって、同時期の関東に引けを取らないほど人煙豊かな地であった。
とりわけ、ヤマト政権期以来、古代・中世・近世を通じて、関東と関西をつなぐいくつかの幹線道は、事実上、長野をその要衝としていた。

IMG_5156.jpg
(約4万年前、旧石器時代人が集住して獲物を捕獲していた野尻湖畔)

IMG_5150.jpg
(野尻湖人によって捕獲解体されたナウマン象の骨)

長野の旧名を「信濃(しなの)」という。
古代の信濃国府は、北国街道(現国道18号)沿いの上田あたりにあったらしい。

古代には、「科野(しなの)」と表記することが多かった。
「シナ」とうのは、古代語では、段差のある崖のような地形を表す言葉である。

「科野(しなの)」。
山々が重層的に連なっている光景を思い浮かべる。
まさしく長野県の地形そのものと言える。
長野県内の埴科(はにしな)、更級(さらしな)、蓼科(たてしな)などの地名の「シナ」もこれと同様であろう。

IMG_5198_20150912033950cb1.jpg
(典型的な長野県の風景・飯綱高原付近)

妙高の合宿所を、学生たちに見送られて9時半頃出発。

IMG_5141.jpg
(妙高の合宿所近くの、廃校になった学校グランド。正面の山は黒姫山)

長閑な山間の集落が連なる県道119号線から県道37号線を経て飯綱高原へ。
トンネルを迂回して、旧道の坂中峠を越える。

IMG_5190.jpg
(黒姫駅付近)

IMG_5191.jpg
(坂中峠への道)

IMG_5192.jpg
(坂中峠への道)

IMG_5199.jpg
(坂中峠。眺望なし。小さな祠があるのみ)

山奥で選挙の街宣カーの人員が、アナウンスの練習をしていたのには驚いた。
聞けば、街中で練習すると、選挙違反になってしまうとか。

至るところにリンゴ畑、蕎麦畑、そして稲田。
山道では、胡桃の樹が大きな実をつけていた。
房州の「千枚田」なぞ嘲笑うかのような壮大な棚田(稲刈りはこれから)。

IMG_5195.jpg
(リンゴ畑)

IMG_5189.jpg
(蕎麦畑)

IMG_5257.jpg
(棚田)

11時半頃、長野善光寺に到着。
土曜日なので、参拝客多し。
善光寺には、また来月に来る予定なので、簡単にお参りを済ませる。
善光寺参道では大道芸フェステバルをやっていた。

IMG_5204.jpg
(善光寺への道・下に見えるは県道37号線)

IMG_5202.jpg
(善光寺への道)

IMG_5209.jpg
(長野善光寺)

IMG_5212_20150912042922600.jpg
(善光寺参道では、大道芸フェステバルをやっていた)

長野市内を抜けて、犀川の流れに沿って走る国道19号線(西街道)筋に出る。
のどかな旧道がよく残っている。

IMG_5214_20150912043730482.jpg
(国道19号線の旧道・安茂里)

IMG_5213.jpg
(国道19号線の旧道・安茂里)

合宿所で朝飯を食べて以来、何も食べていないのでかなりの空腹なのだが、旧道ばかり走っているせいか、なかなかこれといった店が現れない。
仕方がないので、途中の産直販売所で買っておいたおやきを、犀川にかかる両郡橋の手前で頬張る。

IMG_5217_201509120454553ee.jpg
(補給食のおやき)

その後も、国道19号線の対岸を走る旧道を辿ったので、店は一軒も現れない。
このままではエネルギー切れになってしまうと心配していると、小笠橋を渡ると、旧道は一時的に新道(=国道)と合流。
国道筋のラーメン屋(「八珍」)なる看板が見えたので、大喜びで入店して、特製味噌ラーメンを食べる(ウマかった・長野市篠ノ井山布施)。

IMG_5218.jpg
(国道の対岸を走る旧道)

IMG_5220.jpg
(「八珍」の味噌ラーメン)

旧道は、クルマが来ないので快適だが、かなり起伏が厳しい。
山間の集落では、ご老人がのんびりと農作業をしている。
中世戦国期の城跡などを訪ねる。

IMG_5237.jpg
(旧道の風景)

IMG_5225_20150912051012da0.jpg
(旧道の風景・犀川)

IMG_5233_2015091205101576e.jpg
(戦国期の城跡)

IMG_5230.jpg
(その説明版)

所々、犀川の翠色の流れと随走する。

IMG_5223.jpg
(犀川)

国道沿いに「ふれあいセンター・さざなみ」(長野県大町市八坂)の看板。
もう17時を回っているので、ここに泊まることにした。
素泊まりで2700円(温泉あり)とは安い。
しかも、18畳敷きの巨大な部屋だった。

IMG_5243_20150912052036445.jpg
(犀川の畔にある「ふれあいセンター・さざなみ」)

IMG_5247_201509120520331d0.jpg
(18畳の大きな部屋に私ひとり)

洗濯機があったので、3日分の洗濯を済ませ、風呂に入って、食堂で、瓶ビールと豚しょうが焼き定食。

IMG_5245_20150912052034e34.jpg
(共用だが、洗濯機と冷蔵庫完備)

IMG_5241_2015091205203960f.jpg
(風呂から上がって食堂でビール)

宿舎は、元々学校か公民館だったものを改修したもののようである。
120人ぐらいは収容できそうな大きな木造家屋だったが、泊まっているのは私一人だけ。
しかも、夜になるとスタッフも家に帰ってしまうので、広々とした廊下を渡って便所に行く際には、座敷童でも出てきそうでちょっとばかり怖かった。

IMG_5246.jpg
(怖かった板廊下)

走行距離 :73キロ(VIVALOロード)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
旅(自転車)    Comment(2)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。