日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2015.02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2015.04≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
「 2015年03月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.03.31 Tue
3月31日(火)「明神の湯」~水元公園散歩
「3月31日(火)「明神の湯」~水元公園散歩」

(今日は、もう眠いので簡単に)

朝、柴又帝釈天でラジオ体操。

午前中は、足立の「明神の湯」へ。
入浴後、マッサージ。

整体師から、長時間自転車に乗った後は、ちゃんと整理運動をするように注意される。
足の筋肉が異常に凝っているとのこと。

亀有の「ビストロビスク」で昼食。
ステーキランチ。
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13058907/

その後、「肉のハナマサ」で、買い物(焼酎・スパゲッティ・トマト缶など)。

いったん帰宅して、水元公園を散策。
昨日にも増して、桜が満開。
桜の樹の下で、漱石の『虞美人草』を読む。

夜は、蕎麦を茹でて食べる。
冷やし納豆蕎麦。

さて、明日から新年度。
春の憂鬱とは、このことか。

走行距離:27キロ(ACクロス+ルイガノクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/676195002489924

スポンサーサイト

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.03.31 Tue
柴又帝釈天のラジオ体操
「柴又帝釈天のラジオ体操」

私にとっての春休みも今日でおしまい。
明日からのことを考えるだに憂鬱である・・・。

天気もよくて暖かいので、今朝は、ちょっと足をのばして、柴又までラジオ体操に行ってみることにした。

往きは、江戸川CR経由(自転車)。
朝日が川面に映って眩しい。

やや早めに到着。
家から4キロちょっとぐらいだろうか。
当然だが、帝釈天参道は、まだ、どこも店が開いてなくてとても静かな佇まいである。

帝釈天境内には、既に、三々五々、近隣住民が集いつつあった。
どこからともなく、「男はつらいよ」テーマ曲前奏が繰り返し流れている。
いつも私が通っている水元の会場(理科大葛飾キャンパスのサッカーグラウンド)に較べて、大変に賑やかで明るい人々が多い。

「これね、夕べ作ったんだけど、余っちゃったから食べてくれる」と言って、ご近所の人におかずを配るオバサン。
何やら世間話で大笑いしているオジサンの一団・・・。

同じ葛飾区でも、柴又の街は古い。
私の住んでいる水元地区などは、せいぜいが、昭和40年代になって、田圃を潰して住宅地になったところ。
ご近所の親密性の度合が違うのかもしれない。

もう一つの違いは、服装である。
ほとんどの人が、ラジオ体操連盟「公認」的な、白い体操服で身を固めている。

いよいよラジオ体操が始まる。
帝釈天の境内は体操する人で一杯。
入りきれない人は、山門の外でやっている。

何となく落ち着かない気分で、「よそ者」の私も、一緒にラジオ体操をやる。

体操をしているうちに、ちょっと膝が重くなってくる。
気がついてみれば、境内の大半が敷石なので、跳んだりはねたりすると、膝に負担がかかるからであろう。
そういう意味では、水元会場のサッカーグラウンドは人工芝なので、膝に優しいし、体操をしていて気持ちが良い。

体操が終了。
何組かのグループは、これから江戸川土手をジョギングするらしい。
今夜の飲み会の打ち合わせをしているオジサンたちもいた。

私は、最短距離たる「帝釈道」を辿って帰宅。
やはり、ラジオ体操は、いつもの理科大会場のが良いと思った次第・・・。

註:「帝釈道」については、以下をご参照。
http://danchotei.blog75.fc2.com/blog-entry-739.html

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/675880835854674


日録    Comment(0)   Top↑

2015.03.30 Mon
3月30日(月)近場のお花見サイクリング
「3月30日(月)近場のお花見サイクリング」

昨日は、運動不足だったので、今朝は、案の定、身体が重い。

ラジオ体操。

体操後、世話役のオジサンが近づいてきて、「旦那さんは、毎日来ているようなので、これを上げます」と。
見れば、スタンプカードだった。

呑ちゃんは、年休。

急いで洗濯を済ませて、久々に、二人でサイクリングに出かけることに。
実に久し振り。

柔らかい春風に押されるように走り出す。

水元公園桜土手→江戸川CR左岸→国府台→「オープンオーブン」(遅めの朝食)→「肉の山崎」でコロッケを食べる→「弘法寺(ぐほうじ)」(奈良時代創建)→真間川桜並木→イタリアン「BUONO」(八幡)で昼食→江戸川CR右岸(寅さん公園)。

弘法寺のしだれ桜は圧巻。
樹齢400年とか。
焼き鳥を食べる。

真間川の桜並木は、桜の理念型と言っても過言ではない。
自転車を停めて、川辺をゆっくりと散歩。

昨日からの暖気によって、一斉に桜が開花した感じ。
次々と花が開く「音」が聞こえてきそうなほど。
ポンポンポンと花開く。

帰宅して、しばし午睡。

買い物。
巨大な春キャベツと肩ロース厚切り肉。
さて、夕飯の準備に取りかかろうか。

・呑ちゃんのブログもご参照。
http://marichandengana.blog80.fc2.com/blog-entry-737.html

走行距離:37キロ(ACクロス+ルイガノクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/675338725908885

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.03.29 Sun
3月29日(日)水元公園で花見~夜は餃子大会
「3月29日(日)水元公園で花見~夜は餃子大会」

天気予報が好転して、朝から晴れ間が広がった。

呑ちゃんと水元公園で花見をすることに。
まだ、3~4分咲きぐらいか。

「ホットーモットー」で、弁当を買って、「アコレ」で、酒類やつまみを買う。

桜の樹の下にゴザを敷いて、酒類やつまみを並べる。
この瞬間が嬉しい。

ビールと日本酒を飲んだところで、眠気がやってくる。
ゴザの上で寝転がる。

気持ちが良い。
野鳥の囀りを聞きながら、しばし昼寝。

昼頃になって、空が曇って風が出てきたので、退散。
ソファーに横になりながらまた昼寝。
昨日のサイクリングの疲れが出ているようだ。

夕方、雨が落ち始める。

買い物に出る。
豚挽肉1キロ弱、泥ネギ、ニラ、卵、缶ビールなどを購入。

夜は餃子大会。
餃子の餡を1キロほど作る。
結構疲れる。

定番のネギ・白菜・ニラ・ニンニク・ショウガのほか、今回は、干し椎茸、シメジ、シラス、そして、隠し味に、とり野菜みそを入れてみる。

ビールを飲みながら、餃子を40個ほど食べる。
お腹がパンパンで苦しい。

床の中で、春の夢を貪る。

走行距離:6キロ(ルイガノクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/675158879260203

日録    Comment(0)   Top↑

2015.03.27 Fri
3月27日(金)東都桜事情~隅田川堤~不忍池~千住大橋
「3月27日(金)東都桜事情~隅田川堤~不忍池~千住大橋」

ラジオ体操。

お袋が通院のため上京するので、文京区の病院へ(自転車)。

途中、隅田川堤の桜の咲き具合を確認する。
まだ、肌寒い午前中にて、1分咲きといったところか。

午前の診療を終えたお袋と病院で落ち合って、タクシーで浅草見物に出かける。
浅草界隈は、内外の観光客で一杯。

浅草寺をお参りして、人形焼きを買って、六区を散策して、鰻丼を食べる。
今日のお袋は、ことさらに元気で、歩くのを苦にしない。

午後の診察のため、再び病院へ。
今日の病院はあまり込んでいない。
問診の後、御茶ノ水駅までお袋を送る。

帰路は、上野・三ノ輪・千住・綾瀬経由。
不忍池のソメイヨシノは、やはり、1分咲きといったところだが、早咲きの桜は今が盛りかもしれない。
気が早い花見客は、さっそくにゴザを敷いて、宴会をやっていた。

千住大橋の袂の河岸テラスで休憩。
現在の千住大橋は、昭和2年(1927年)の竣工。
隅田川の鉄橋は、そのほとんどが、米軍の空爆に耐えたことになる。
橋の下から、しげしげと観察。

夜。
均ちゃん(行徳)の緊急指令により、自転車仲間数名と、千住の韓国料理屋で一杯(電車)。
チヂミ、サムギョプサル、豚足、キムチなどをマッコリや焼酎で。
ふらふらになって帰宅。

走行距離:36キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/674582085984549

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.03.26 Thu
3月26日(木)春先の水元公園散歩
「3月26日(木)春先の水元公園散歩」

晴天なれど、北西の風、冷たし。

ラジオ体操。
途中、地震速報で一時放送が途切れる。
千葉県東方沖震源・・・。

昼前に自転車散歩に出かける。
ホットーモットーで弁当を買って、水元公園へ。

早咲きの桜は、もう葉っぱが出ているぐらいだが、ソメイヨシノ系は、蕾(つぼみ)がぱんぱんにふくらんでいるものの、まだ殆ど咲いてはいない。

日当たりの良い水辺のベンチで弁当を使わせてもらうことにする。
幸せの「のり弁」(300円)と漱石の『虞美人草』。

『虞美人草』は、漱石作品のなかでは、ちょっと高踏的な感じで、読みやすい作品ではない。
漱石自身も、かなり苦しんで書いているような気がする。

ともかくも、『虞美人草』を読みながら幸せののり弁食べる。
ページに直射日光が当たって、眩しくて眼が疲れる。

園内を自転車で周遊。
「カワセミの里」で、また、イスに腰掛けて『虞美人草』を読み始めるが、暖かくて良い気持ちになってしまい、しばし昼寝。

公園の中ほどに自転車を停めて、歩いてみることにする。
柔らかい土の感触が、春の訪れを告げているようである。

秋には蕎麦畑だった所は、今は、菜の花畑になっている。
コブシの花は今が盛り。
柳の新芽も吹き出している。
カルガモたちの行列がのんびりと路を横切っていく・・・。

自転車の所に戻って、帰り道に買い物。
「赤霧島」5合瓶(何と1100円)、韓国焼酎「済州」(4合瓶)、豆乳、ペットボトル茶、野菜ジュース、缶ビール、インスタントコーヒーなどをリュックに詰めて帰宅。

味噌汁に、卵焼き、納豆などの簡単な夕飯。

よく歩いたので、心地の良い眠気がやってきた。

走行距離:13キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/673646996078058

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.03.26 Thu
ロードのアウターギア交換
ロードのアウターギア交換。

一昨年の秋、通勤用クロスバイクのフロントギアがすり減って交換した件については、既にブログに書いた。
http://danchotei.blog75.fc2.com/blog-entry-788.html

ところが、今度は、VIVALOロードのアウターギアも、寿命を迎えつつあることが判明(実は数ヶ月前から分かっていたのだが)。

やっと交換した次第。
たぶん、105の57シリーズのものから、買い置きのティアグラ45シリーズのもの(同じ50t)と交換したのだと思う(何でも同じです)。

フロント周りの音が静かになって、大分、気持ちよくなったが、チェーンも交換期を迎えていることも判明。

そのうち、やりましょう。

外したギアは、大分摩耗していて、限界に達していたことが分かる。
概算、2万キロぐらい使ったかな。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=673275226115235&set=a.209915155784580.43371.100002982915997&type=1

自転車    Comment(0)   Top↑

2015.03.25 Wed
3月25日(水)ラジオ体操~「鳥房」(立石)
「3月25日(水)ラジオ体操~「鳥房」(立石)」

北西の風強くちょっと肌寒い。

ラジオ体操。

体操終了後、数年前にこのラジオ体操会場(葛飾区ラジオ体操連盟・理科大前みらい公園)を創設した会長さんの引退挨拶。

80数才のご婦人。
「始めた頃は、何人の方が来てくれるか不安でしたが、今ではこんなに大勢(約80名)に参加いただいてありがたく思っております・・・」。

毎朝、会場を設置するのは大変な作業だったと思う。
ご苦労様でした。

夕方、就職で愛知の犬山に旅立つ若い友人の送別会(二人だけ)。
久々の立石「鳥房」。

はるばる名古屋から来た4名客が、酔っ払って大声で騒ぐなどして、オバサンに怒られまくっていた。
この店の「しきたり」は、モツ焼き屋の「うちだ」と並んで、厳しいのである。

赤い顔をして入店しようとした威勢のよいオジサンのグループなぞは、店のオバサンに厳しく叱られて入店を拒否され、しょんぼりと退散。
大笑い。

ここの唐揚げは、やはり絶品である。
先日の上総サイクリングで、野に遊ぶ鶏を見て以来、こういう豪快な鶏料理が食べたかったのである。
唐揚げのほか、鶏刺しも注文。
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13018201/

二軒目は、「えびすや食堂」。
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13098025/

〆は、「けんけん」でラーメン。
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13018195/

犬山に行っても頑張れよ。
夏には遊びに行くから、木曽路サイクリングをしようではないか・・・。

走行距離:13キロ(ルイガノクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/673212692788155

日録    Comment(0)   Top↑

2015.03.10 Tue
3月10日(火)自転車通勤~東京大空襲の日だから~「上総屋」(向島)~向島百花園
「3月10日(火)自転車通勤~東京大空襲の日だから~「上総屋」(向島)~向島百花園」

今朝は暖かい。
ラジオ体操。

8時頃、自転車で出発。
立ち食い蕎麦屋で朝食(冷やしたぬき蕎麦)。

午前中は会議。
喫煙室で同僚たちと馬鹿話。

昼下がり、業務が終了したので、帰路に着く。
すごく冷え込んでいて驚く。

浅草を抜けて、向島へ。
言問橋東詰の「上総屋」(墨田区向島)で遅めの昼食(生姜焼き定食600円)。
http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13069809/

この定食屋(&飲み屋)は、たまにしか行かないけど、私のお気に入り。
私が相席をしたのは、ハットを被りステッキを引いた御年90才の老紳士。
その姿は、永井荷風を彷彿とさせる。
これから、水戸藩邸跡の庭園を散策するとのこと。

今日は、3月10日にて、すみだ郷土文化資料館の「東京大空襲・七十年」に寄る。
入館料は100円。

住宅密集地へのこの空爆では、幼児の死亡率が大変に高かったとのこと。
いつものことながら、胸苦しくなりいたたまれない気分になる。

たった一晩で10万人を殺戮したこの日の出来事は、日本人としてよりも、人類として記憶しておかなければならない。

日本で、ドイツで、ベトナムで、そして現在は中東で殺戮を繰り返している「空飛ぶ死神」(=米空軍)の恐ろしさを目の当たりにする想い。

東京大空襲については、改めてここに書くのがつらいので、かつて私がブログに書いた記事をご参照のこと。

「東京大空襲の記憶~焦土と化した下町」
http://danchotei.blog75.fc2.com/blog-entry-520.html

まだ時間があったので、「向島百花園」へ。
さすが梅屋敷の異名を取るだけあって、風流な気分になる。
しかしながら、思えば、ここも、米軍の空爆で全焼したのである。

夕飯は、「とり野菜みそ麻婆豆腐アリランモヤシソバ」なるものを拵えた。
これが我ながらなかなか美味くて、定番メニューに加えることにした。

走行距離:37キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/666850386757719

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.03.06 Fri
3月6日(金)楽しき午餐
「3月6日(金)楽しき午餐」

季節がせめぎ合って、どっちつかずの中途半端な快晴。

ラジオ体操。
グラウンドを緩い駆け足で二周。

午前中、ケーブルTVで、『心』を見る。
1973年の作。
漱石原作の翻案物。

新藤兼人にしては、かなりの駄作。
ATG製作で、金がないことが見え見えの作品。
乙羽信子の演技だけでどうにか「墜落」しなくて済んだようなもの。

昼前に自転車で出かける。
最近また乗るようになったルイガノクロス。
水元公園周回。

その足で、金町の大衆食堂(「田吾作」)で、輪友のTさんと午餐。
定食の小鉢類だけ先に出してもらって、それをアテにビールや日本酒を飲む。
関東東北各地に暮らしたことのあるTさんの地域「勘」が面白い。

昼時の混雑時は狭苦しく感じた店だが、今は昼下がり。
客は、小上がりでちびちびと酒を酌み交わすわれわれ二人だけとあって、がらんと広い。

カウンターから、食器を洗う音。
われわれ二人だけの会話が響く。

東北地方の芋煮会の起源について、話しが沸騰。
これは相当に古い時代まで遡ることのできる風習かもしれない。
今後の二人の課題とする。

閉店時間が迫ってきたので、定食の「本体」(Tさんはレバー焼き、私はロース味噌焼き)を頼んで、それをムシャムシャと食べる。
Tさんとは、金町駅頭で別れる。

明日、友人宅で宴会があるので、そのための買い出しをして帰宅。

夕飯は、急に食べたくなって、アリランラーメンを拵える。
隠し味に味噌をごく少量入れてみたら、かなり本場の味に近づいたようである。

走行距離:10キロ(ルイガノクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/664982923611132

未分類    Comment(0)   Top↑

2015.03.06 Fri
アリランラーメンを拵える
急にアリランラーメンが食べたくなって、自転車を走らせて豚モモ塊肉とニラを買いだし。
2時間で完成。
これで10回めぐらい。
自分なりの味が分かってきた感じ。
今回は、石川の「とり野菜みそ」を隠し味に。
すこぶる美味。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=664824446960313&set=a.209915155784580.43371.100002982915997&type=1


   Comment(0)   Top↑

2015.03.05 Thu
3月5日(木)久々の自転車散歩~金町の至宝「田吾作」
「3月5日(木)久々の自転車散歩~金町の至宝「田吾作」」

最近は、通勤と近所の買い物以外は、ほとんど自転車に乗っていない。
朝のラジオ体操は、週に3日ぐらいは参加。

それで分かったこと。
運動しない日ほど身体が痛くてだるいということ。
適度に動くことこそが、休息たり得る。
人間は、動いてなんぼの存在だということを、改めて感じる。

久々に、自転車で近場を散歩。
市川の国府台の道を辿る。

川筋の北風も、以前ほどの破壊力はもう持ち合わせていない。
庭先や公園の片隅に梅の花を見ると、その度に驚く。
冬の間は、その存在すら不明であったものが、突如として、そこに「出現」する感じとでも言おうか。

金町の「田吾作」で昼飯。
絵に描いたような大衆食堂の理念型(夜は居酒屋)。

いつものように、大工さんや塗装屋さんなどの職人さんで一杯。
昼間から一杯引っかけている人もいる。

食堂の理想的3要件が見事に揃っている。
グルメ志向ゼロ、オシャレさゼロ、ほどよい汚さ。

でも、とてもウマいのである。
金町の定食屋ではナンバーワンだろうな。
結局、こういう店に勝るところはない。
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13105687/

生姜焼き定食(750円)を注文。
カウンターで、漱石の『門』を読みながら待つ。
2ページも読み切らないうちに出てくる。

マグロの中落ち、冷や奴、豆の煮物、お新香、レンコンの煮物の小鉢が付いてくる。
食べるほどに、心身が緩んで、軽い気分になってくる。

勘定をすると、おばちゃんが必ず飴を一個くれるのもありがたい。
「お兄さん、今日は山登りにでも行くの?」とおばちゃん。
「うん、ちょっと北アルプスまで」と言って、私は店を出た。

夜は、またしても、麻婆豆腐を拵える。

走行距離:20キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=664466950329396&set=a.209915155784580.43371.100002982915997&type=1

未分類    Comment(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。