日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2014.12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2015.02≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
「 2015年01月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.01.31 Sat
1月31日(土)葛飾郡歴史散歩~荷風にならいて
「1月31日(土)葛飾郡歴史散歩~荷風にならいて」。

今回は、自転車ではなく、徒歩での散策。

この企画は、2年ほど前に私が書いたブログが発端。

永井荷風が1947(昭和22)年に書いた「葛飾土産」という小文があって、その中の、とりわけ、「葛羅之井(かつらのい)」についての実地検分を報告した記事なのですが、書いているうちに、いくつもの疑問が湧き出てきた。
http://danchotei.blog75.fc2.com/blog-entry-775.html

当時、Bさん(鎌ヶ谷)が、それについて、詳しいコメントを何通も寄せてくれる(因みに、Bさんとの出会いはこのブログ記事がきっかけ)。

いずれ、再度、実地調査をしなければということを確認しつつ、そのままになっていたのですが、つい最近、同地に土地勘のある壽光庵さんという方が、様々な疑問に答えるべく、丹念に調査してくれた結果をコメントに書き込んでくれた。

それではこの際、Bさん、壽光庵さん、そして私の3人で、実地調査をしてみようということになった次第・・・。

永井荷風が、戦後「発見」した「葛羅之井」の石碑を手がかりに、謎の「葛飾明神社」と「萬善寺」の比定地を探索。
さらに、古道を辿りつつ、日蓮と縁が深い中山一帯を散策。
10キロほどの道のりを、輩(ともがら)5名とてくてく。

ああだこうだ言いながらの行きつ戻りつの散策は、とても楽しかった。

〆は、荷風御用達の「大黒家」で、荷風セット(カツ丼+お銚子)。
五臓六腑に染みわたる。

やはり、その土地を本格的に探るには、自転車はダメ。
人間は、時速10キロを越えると、路傍の詳細が「触知」できなくなるからだ。

最終にして最高の移動手段は、古今東西において、「徒歩」であることを痛感。

順路;

経路地図(Bさん作);
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=ca5fea7cc809da534588c4647b940385

京成線西船橋駅(南側の1番出口)に10時半集合。
→「勝間田の池」跡(「勝間田公園」・「船橋街道の傍」)
→現「葛飾神社」
→「磯丸水産」にて、軽い昼食を取りながら作戦会議。
http://tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12032925/
→「葛羅之井」
→「葛飾明神社」比定地・「萬善寺」比定地探索
→「常楽寺」
→「明王院」
→「若宮八幡宮」(現「若宮八幡神社」・「奥の院より1丁ばかり東」)
→「奥の院」
→「中山法華経寺」(茶屋「額堂」で休憩)
→「高石明神社」(現「高石神社」・「八幡より東の方、佐倉街道鬼越村深町の入口、道より左の岡)
→「葛飾八幡宮」
→「大黒屋」(反省会)
http://tabelog.com/chiba/A1202/A120202/12000794/

・Bさん(鎌ヶ谷)のこの日のブログもご参照。
http://blog.livedoor.jp/kyf01405/archives/43186881.html

・ギブさん(市川)のこの日のブログもご参照。
http://blog.livedoor.jp/gibson1798/archives/51795106.html

http://6119.teacup.com/danchoimage/bbs/1439

スポンサーサイト

小さな旅    Comment(0)   Top↑

2015.01.22 Thu
1月18日(日)常陸サイクリング~笠間観音・十割蕎麦「泰然」・板敷峠・清瀧寺
1月18日(日)常陸サイクリング~笠間観音・十割蕎麦「泰然」・板敷峠・清瀧寺

5時起床。
フェイスブックでいろいろとごそごそとやっているうちに、うっかりラジオ体操に行き損ねてしまう・・・。

ここ数年、輪友のBさん(鎌ヶ谷)が自転車での走破をめざす「坂東三十三観音霊場巡り」のうち、今回は、笠間観音(正福寺・笠間市)と清瀧寺(土浦市)を参る。


(当日の実走経路地図。友部駅~笠間観音・十割蕎麦「泰然」・板敷峠・清瀧寺~土浦駅)

松戸駅から常磐線友部駅(茨城県)まで輪行。

■松戸
|  常磐線(勝田行) 83.1km
|  07:52-09:18[86分]
|  1,490円
■友部

友部駅で自転車を組み立ていざ出発。
メンバーは、総勢6名(企画先導は、鎌ヶ谷のBさん)。
全員ロードで、クロモリ3、カーボン3。

IMG_0253_20150122052036acb.jpg
(常磐線友部駅から出発)

冷たい西風が吹きすさぶ。
筑波の連山を仰ぎつつ、南北に通る古道(国府・石岡への道)を辿る。
向こうから、木枯らし紋次郎や座頭市が歩いてきても不思議ではない古寂びた里山の道。

IMG_0258_20150122052038779.jpg
(笠間観音)

IMG_0260_201501220520408bc.jpg
(笠間観音の石段)

IMG_0314_20150122053236489.jpg
(清瀧寺の山門)

昼食は、笠間市内で、極上の蕎麦を食す(「泰然」)。
「三種そば」なるものを注文。
さすがそば処だけあった、清冽たる美味さ。
http://tabelog.com/ibaraki/A0801/A080103/8014409/

IMG_0262_20150122052041db4.jpg
(笠間の蕎麦屋「泰然」)

IMG_0267_20150122052042785.jpg
(上から田舎そば、発芽そば、更科そば)

あちこちに、二十三夜塔(月待塔)の石碑あり。

IMG_0294_20150122052853c72.jpg
(左は文政年間、右は明治末期のもの。新暦が施行されてからも、二十三夜の行事が大切にされていたことが分かる)。

冬枯れの田圃。
どっしりと構える長屋門。
枯れ木で囀る野鳥。
曲がりくねった道。
野焼き・・・。
まるで、万葉の世界である。

以下、その風景を何枚かご紹介しておこう。

IMG_0275_201501220536265a9.jpg

IMG_0281_2015012205362916b.jpg

IMG_0284_201501220536302ee.jpg

IMG_0268_20150122053624723.jpg

IMG_0288_20150122053627660.jpg

土浦の街で精進落とし。
五臓六腑に染み渡る熱燗の杯に、波紋となって、筑波山が浮かび上がるようだった。

IMG_0316_2015012205395850d.jpg
(つくね)

土浦駅から輪行帰還。
泣きそうなほど寒かった。

主催のBさん(鎌ケ谷)のブログもご参照。
http://blog.livedoor.jp/kyf01405/archives/42966927.html

走行距離:74キロ(VIVALOロード)

テーマ:茨城県 - ジャンル:地域情報
小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.01.22 Thu
漱石再読の試み
最近になって、学生時代に読んだきりの漱石を読み返している。

漱石の作品は文章(日本語)は比較的平易だけれど、内容的には奥が深くて、青年時代の私にして、ほとんどちゃんと読めていなかったことを痛感。
また、明治期の風俗も、細かく書き込まれていて、その辺も、今回の再読では新たな発見をする思いである。

数日前に『それから』を読み終えて、今朝から『草枕』を読み始める。
学生時代に読んだときは、何てつまらない作品だと思ったのに、今回は、何て面白い作品だろうかと感心。

ただ、50年前の角川文庫版は、読んでいる内に装丁が崩れて壊れてしまったので、本屋に買いにゆく。

実は、岩波版漱石全集を持っているのだが、あんな重い本を持ち歩くわけにはいかない。
もったいない話だが、職場の近くの書店で、新たに文庫版を買うことにする。

ついでに、漱石の他の作品もたんまり買い溜めしておいた。
本は、痛むけど、腐らないのがありがたい。

今回、漱石の文庫版は、ほとんど岩波のものを買ったが、『草枕』だけは、新潮文庫版を買った。
カバーの絵が素晴らしかったから。
安野光雅の画であった。

ちょうど、作品中の次のような描写に相当するものと思われる。

「立ち上がる時に向うを見ると、路から左の方にバケツを伏せたような峰が聳えている。杉か檜か分からないが根元から頂きまでことごとく蒼黒い中に、山桜が薄赤くだんだらに棚引いて、続ぎ目が確(しか)と見えぬくらい靄が濃い。少し手前に禿山が一つ、群をぬきんでて眉に逼る。禿げた側面は巨人の斧で削り去ったか、鋭どき平面をやけに谷の底に埋めている。天辺に一本見えるのは赤松だろう。枝の間の空さえ判然(はっきり)している。行く手は二丁ほどで切れているが、高い所から赤い毛布(けっと)が動いて来るのを見ると、登ればあすこへ出るのだろう。路はすこぶる難義だ」(新潮文庫版『草枕』7頁)。

本屋で、こんなにたくさんの本を買うのは久しぶりである。

メモ;
漱石E-Text集。
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person148.html

http://6119.teacup.com/danchoimage/bbs/1435

身辺雑記    Comment(0)   Top↑

2015.01.17 Sat
1月17日(土)銚子サイクリング~寒鯖を食べに
1月17日(土)銚子サイクリング~寒鯖を食べに

成田線笹川駅まで輪行。

■松戸
|  常磐線快速(取手行) 15.6km
|  08:33-08:45△[12分]
|  1,663円
◇我孫子 1・2番線着 [1分待ち]
|  成田線[我孫子-成田](成田行) 32.9km
|  08:46-09:28[42分]
|   ↓
◇成田 [11分待ち]
|  成田線[佐倉-銚子](銚子行)
|  09:39-10:28[49分]
|   ↓
■笹川

笹川駅で自走組メンバーと合流。
総勢5名(全員ロード)。
内訳は、カーボン2、クロモリ2、チタン1。

東庄(とうのしょう)の旧道や農道を上ったり下ったり。
東庄は、中世の荘園がその起源。
江戸期は、豊かな天領であった所。

刑部岬(飯岡)の「海辺里 (つべり)」で、鯖や背黒イワシやフグ刺を食べる。
http://tabelog.com/chiba/A1205/A120502/12002007/

銚子みち(古道)と(いわゆる)軍用道路を辿る。

下総の最高峰、愛宕山(標高約74メートル)に登る。
屏風ヶ浦、筑波山、利根川、太平洋を一望。

その後、犬吠埼灯台、銚子港、銚子大橋を巡って、駅前の「かみち」で晩餐。

輪行で帰宅(船橋経由)。
寒かった。

実走経路地図;


・この日の「全貌」を的確に記録した均ちゃん(行徳)のブログも是非ご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/liveokubo/archives/52162167.html

・ギブさん(市川)のこの日のブログもご参照。
http://blog.livedoor.jp/gibson1798/archives/51793990.html

走行距離:60キロ(VIVALOロード)

http://6119.teacup.com/danchoimage/bbs/1434

旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.01.13 Tue
1月11日(日)江戸初詣サイクリング
前夜午前様にて、寝坊。
ラジオ体操に間に合わず・・・。

今日は、「走り初め」に、自転車仲間と都内東部の寺社に初詣に出かけた。

水元公園(葛飾区)に9時半集合。
総勢7名。
ロード4、ミニベロ3。

IMG_0168_20150112072557ca6.jpg
(水元公園に集合・船橋のエモさんお見送り)

足立を抜けて、千住新橋(荒川)を渡り、4号を走り、隅田川右岸筋を遡って、町屋の「ときわ食堂」(荒川区荒川)で、遅めの朝食。

IMG_0171_20150112072600fc6.jpg
(「ときわ食堂」)

七草粥定食を食べる。
飲み疲れた五臓六腑に、優しい熱さが染みわたる。
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132401/13080522/

IMG_0170_20150112072559e48.jpg
(七草粥定食・500円)

藍染め川通りを経て、日暮里の台地(谷中墓地など)を走り抜けて上野公園へ(視界にビルが建ってしまい、富士見坂からはついに富士が拝めなくなる)。
大道芸を見た後、 「清水観音堂(寛永寺)」にお参り。

IMG_0173_2015011207260233d.jpg
(上野公園の大道芸)

IMG_0176_20150112073426e2d.jpg
(「清水観音堂(寛永寺)」)

清水観音堂
(江戸期の「清水観音堂(寛永寺)」)

IMG_0177_201501120734279cd.jpg
(「清水観音堂(寛永寺)」から不忍池の弁天堂を望む)

今日の都心は、日曜にもかかわらず、とても交通量が多い。
平日よりもクルマも人も多いぐらいで、自転車の走行にも支障をきたすほど。

それも、どうも、遅めの初詣客の殺到が原因らしい。
不景気の時ほど、初詣の人出は多いという法則通りである。

現政権の幼稚きわまりない愚策によって引き起こされたインフレ&低賃金。
それに起因する経済状態の蟻地獄(物価高騰による負のスパイラル)の深い闇は、深くて底知れないものがあるようだ。

「湯島天神」は、参拝客が多すぎたため、断念、素通り。
「神田明神」は、参拝客の長蛇の列。

IMG_0181_20150113071239a72.jpg
(神田明神)

その後も、交通渋滞と人の多さに苦しめられながら、「浅草寺」を参拝。
浅草寺境内に繰り出した露天は、なかなか良い。

IMG_0186_201501130712402c5.jpg
(浅草寺)

IMG_0184_20150113071241606.jpg
(浅草寺の旧五重塔の跡)

向島からは、江戸期以来の「薬師道」を通って、木根川橋(荒川)。
「薬師道」というのは、江戸から木下川薬師に参るための古道。
木下川薬師自体は、大正期、荒川放水路開削にあたり、葛飾区に移転した・・・。


(「薬師道」経路地図)

暗渠跡の桜並木(四ツ木)を経て、柴又帝釈天へ向かう。
帝釈天の参道もかなりの人出ではあったが、ちゃんとお参りすることはできた。

IMG_0190_201501130725192d9.jpg
(柴又帝釈天)

IMG_0191_20150113072520e89.jpg
(柴又帝釈天の参道をそぞろ歩く)

柴又駅前の立ち食い屋で、370円のラーメンを食べる。
これがウマかった。

IMG_0192_20150113072521cc0.jpg
(柴又駅前の立ち食い屋)

皆さんとは、江戸川CRで解散。
お疲れ様でした。

夕食は、亀有メンチ。
特製ボールで一杯。

IMG_0199_20150113072523bbd.jpg

走行距離:たぶん45キロぐらい(VIVALOロード)

追記;
この日のシャオさん(松戸)のブログもご参照。
http://blog.livedoor.jp/xiaoxiong/archives/8683864.html


小さな旅(自転車)    Comment(2)   Top↑

2015.01.09 Fri
1月9日(金)自転車通勤~初詣のハシゴ~向島百花園
「1月9日(金)自転車通勤~初詣のハシゴ~向島百花園」

昨日に引き続き、ラジオ体操に行く。
出かけるまでが億劫だけど、体操を終えて帰ってくるときは爽快な気分。

10時前に出発(VIVALOロード)。
途中、自転車仲間のYさんのお家(葛飾区)に寄って、味噌と梅干しをいただく。

いつもの金曜日より、クルマが混んでいる。
年末年始で休みが続いたしわ寄せかな。
不景気がさらに拍車をかけているのかもしれない。

面談業務。
深刻な事例あり。
悩ましきこと多し。
昼下がりに業務終了。

まだ日が高かったので、浅草寺に初詣。
人の多さに驚く。

その後も、調子に乗って、初詣のハシゴ。
向島の牛嶋神社~三囲神社。

それでも時間があったので、今年初の「向島百花園」へ。
真冬とあって、梅の花もまだ遠く、何の花も咲いておらず、松の青さばかりが目立つ。
茶屋で甘酒を買って啜る。
足下で、雀が一羽踊っていた。

亀有の「ハナマサ」に寄って、ステーキ肉を買って帰る。

夕飯は、ステーキ。
呑ちゃんは、女子会。

走行距離:41キロ(VIVALOロード)

http://6119.teacup.com/danchoimage/bbs/1431


小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.01.09 Fri
1月9日(金)自転車通勤~初詣のハシゴ~向島百花園
「1月9日(金)自転車通勤~初詣のハシゴ~向島百花園」

昨日に引き続き、ラジオ体操に行く。
出かけるまでが億劫だけど、体操を終えて帰ってくるときは爽快な気分。

10時前に出発(VIVALOロード)。
途中、自転車仲間のYさんのお家(葛飾区)に寄って、味噌と梅干しをいただく。

いつもの金曜日より、クルマが混んでいる。
年末年始で休みが続いたしわ寄せかな。
不景気がさらに拍車をかけているのかもしれない。

面談業務。
深刻な事例あり。
悩ましきこと多し。
昼下がりに業務終了。

まだ日が高かったので、浅草寺に初詣。
人の多さに驚く。

その後も、調子に乗って、初詣のハシゴ。
向島の牛嶋神社~三囲神社。

それでも時間があったので、今年初の「向島百花園」へ。
真冬とあって、梅の花もまだ遠く、何の花も咲いておらず、松の青さばかりが目立つ。
茶屋で甘酒を買って啜る。
足下で、雀が一羽踊っていた。

亀有の「ハナマサ」に寄って、ステーキ肉を買って帰る。

夕飯は、ステーキ。
呑ちゃんは、女子会。

走行距離:41キロ(VIVALOロード)

http://6119.teacup.com/danchoimage/bbs/1431

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。