日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2014.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2014.12≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
「 2014年11月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2014.11.30 Sun
11月30日(日)晩秋房州サイクリング~ハマグリラーメンと小松寺
11月30日(日)晩秋房州サイクリング~ハマグリラーメンと小松寺

朝まだき、5時半過ぎに出発。

まだ真っ暗ながら、さほど寒くはない。
夕べは、遅くなってから濃霧が出たせいか、路面はしっとりと濡れている。

市川駅から輪行。
15両編成の最後尾に乗る(車椅子スペースあり)。

千葉駅で内房線館山行きに乗り換え。
こちらも最後尾車両。

■市川 4番線発 |  総武線快速エアポート成田(成田空港行) 23.8km
|  06:30-06:51[21分]
|  1,944円
◇千葉 10番線着・4番線発 [7分待ち]
|  内房線(館山行) 89.7km
|  06:58-08:49[111分]
|   ↓
■館山

田園を朝日が照らし、水蒸気が低く立ち込める。
万葉集の世界。

館山駅で自転車を組み立てて出発。
内訳は、ロード2、小径車1、リカンベント1。

房州名物、ハマグリラーメン(千葉県南房総市千倉町白間津)を食べる。
http://tabelog.com/chiba/A1207/A120704/12007800/

山奥の林道を上ったり下ったり。
途中、幹枝が不気味に光る蜜柑の樹を発見。

深山幽谷を分け入って、小松寺(千葉県南房総市千倉町大貫)へ。
8世紀初め創建の古刹。

小松寺で買った房州蜜柑がすこぶる美味かった。

折からの紅葉が見事。
晩秋の素晴らしいサイクリングだった。

実走経路図;


主催のBさん(鎌ヶ谷)のブログもご参照;
http://blog.livedoor.jp/kyf01405/archives/42186892.html

走行距離:71キロ(VIVALOロード)

http://6119.teacup.com/danchoimage/bbs/1406

スポンサーサイト

旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2014.11.28 Fri
11月28日(金)アリランラーメンの再現実験完了
「11月28日(金)アリランラーメンの再現実験完了」

今日の夕飯は、「白菜と豚肉の地層鍋」を拵えた。
これの作り方については、かつてブログに詳しく書いたことがあるので、ここでは繰り返さない。
http://danchotei.blog75.fc2.com/blog-entry-432.html

さて、その傍ら、先日のサイクリングの際に食べたアリランラーメンを再現すべく、チャーシューを試作してみることにした。
http://6119.teacup.com/danchoimage/bbs/1399

豚もも肉(700グラム)。
フライパンで、「焼きごて」を入れるような感覚で、表面に焼き色を付ける。
これによって、うまみを肉の内部に閉じ込める効果があるのだ。

大きめの鍋には、ネギの青いところ、タマネギ、ニンニク(約10かけ)、ニンジン、ショウガ、白菜の芯、昆布、砂糖、卵(3個)などを入れ、日本酒(1合)と赤ワイン(半合)と水を満たす。
卵は、丸ごと入れるのであって、割ってはいけない。
卵の殻には、アクをを吸収する効果があるのと、副産物として、煮卵ができるので嬉しい。

フライパンで炙った肉塊を鍋に入れて、90分ほど弱火で煮込む。
そして、火を消して一晩ほどそのまま置く(スープが冷える際に味が入る)。

きょうはそこまで。
明日は、もう一度、チャーシューに火をを入れて、ラーメンを作ってみよう。

そうそう、麺を買ってこなければ。

http://6119.teacup.com/danchoimage/bbs/1400

昨日から仕込み始めたアリランラーメンの続き。

麺を仕入れる。
太麺系のが良いのだが、一応、「札幌生ラーメン」と「喜多方ラーメン」を買ってきた。

今日のところは、縮れ細麺の「札幌生ラーメン」で試してみることにした。

チャーシューのスープを別鍋にとって、タマネギぶつ切りとニンニクスライスを煮る。
丼にスープをはって、茹で上がった麺を投入。
ニラと煮卵をのせて出来上がり。

う~ん、がつんとくる濃厚な醤油味。
ほぼ、本場のアリランラーメンに近い味になったと思う。
大成功である。

タレは、もう少し甘い方がよいようなので、明日は、少し砂糖を加えてみよう。
また、隠し味に、一味唐辛子を加えると、より、本場の味に近づくかもしれない。


https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/620069608102464

   Comment(0)   Top↑

2014.11.07 Fri
11月2日(日)筑波巡礼サイクリング~元気になる
11月2日(日)筑波巡礼サイクリング~元気になる

体調がなかなか回復しない。
身体の中心が空っぽになって、全身に力が入らないような感じ。

そんななか、聞くところによれば、輪友のBさん(鎌ヶ谷)は、朝から筑波に出かけるという。
私もすごく行きたいけど、こんな体調では同行するのは無理そうなので、前の晩までは完全に諦めていた。
家でゆっくり養生しよう・・・。

起きてみれば、朝から秋晴れの快晴だったので、先ずは洗濯をする。
さて、もう一寝入りするかと私の理性は主張しているが、身体の方は、いつの間にやら、サイクリングの準備を始めていた。

筑波エクスプレスの三郷中央駅まで走る。
家からたった6キロちょっとだというのに、身体が重くて、胸が苦しい。
こんなことで大丈夫かなあ、とやや不安になる。

■三郷中央
|  つくばエクスプレス(つくば行) 39.0km
|  08:21-08:56[35分]
|  822円
■つくば

つくば駅で降りて、Bさんにメールする。
「すみませんが、やっぱり参加します」。

BさんとTCRさん(流山)は、予定より早く出発したようで、駅から5キロほどの地点まで進んでいたが、何とか追いついて合流。

こうして、筑波巡礼サイクリングに参加することとなった。

大まかな経路;
つくば駅(輪行)→筑波りんりんロード→「小田城跡」→「筑波山大御堂」→台湾料理「香味鮮」→真壁→「雨引山・楽法寺」→「下館駅」(輪行・常総線~つくばエクスプレス)→三郷中央駅→自宅まで自走。

今日の実走経路図をあげておこう。



筑波大学校庭の中を通る。
周囲の樹木は、大分、紅葉が進んでいた。

そして、りんりんロード(CR)を走る。
やはり、今日の私にはいささかしんどい。
骨の中心がスカスカになっているような感じがして、ペダルにきちんと力が伝わらないもどかしさ。

一時間ほど走るとちょっと飽きてくる。
りんりんロードは、刻々と変わりゆく筑波の山容を眺めながら走るので、江戸川CRや荒川CRよりも走っていて楽しいのは確かなのだが、サイクリングロードというのは、所詮、クルマで言えば、高速道路みたいなものなので、すぐに倦怠がやってくる。

IMG_0007_20141103065656412.jpg
(雲棚引く筑波山)

ちょうど飽きてきた頃に、中世から戦国期に至る「小田城跡」が現れ、ちょっと、ホッとする。
ここは何回も訪れたことがあるが、どうも、最近になって、復元保存のための工事が行われつつあるようだ。

自転車を停めて、見学。
暗渠跡なども発見されたようで、歴史公園として整備が完成するのが大変に楽しみである。

IMG_0006_2014110306565471f.jpg
(歴史公園風に整備されつつある「小田城跡」)

Pic_odajyou_nawabarizu.gif
(小田城平面図(古絵図による旧状を復元))

りんりんロードに別れを告げて、(これまでは下りでしか走ったことのない)県道42号から筑波山を登り始める。
ところが、途中からものすごい渋滞で、自転車ですら前に進めない状態。
やっとのことで、筑波山神社の鳥居のところに辿り着く。

今回の目的は、筑波山を登ることではなく、筑波神社の隣にある「筑波山大御堂」(8世紀末創建・坂東三十三のひとつ)を訪れること。
境内の外れには椎の巨木(樹齢1000年)が聳え立っている。
今でこそ小さな本堂であるが、明治政府の蛮行(廃仏毀釈)によって破壊される前は、立派な山門や堂宇が存在したらしい。

IMG_0010_2014110307443112b.jpg
(「筑波山大御堂」)

IMG_0011_201411030744291d3.jpg
(樹齢1000年とも言われる椎の巨木)

Bさんが読経をあげたあと、三人でお茶の接待を受ける。
たっぷりのほうじ茶とハッカ飴が美味しかった。

筑波山を下る。
上り車線は、依然として、麓からクルマの大渋滞。

その後も、しばらくは、TCRさんの先導でりんりんロードを走って、(我孫子のテガさん開拓の)台湾料理「香味鮮」(茨城県桜川市真壁町飯塚)へ。
私は、酢豚定食+台湾ラーメン(700円)を注文。
ウマくて量があって安いの三拍子が揃っている。
幸せな気分になる。
http://tabelog.com/ibaraki/A0802/A080201/8015226/

IMG_0017_201411031005380d4.jpg
(酢豚定食+台湾ラーメンのセット・酢豚もとてもウマかった)

一般道に出て、昔の風情を残す真壁の街を抜けて、あちこちに赤い柿の実が点在する田園の中を走って、次の目的地たる「雨引山・楽法寺」(茨城県桜川市)へ。
お寺は、山の中腹にあるが、そこに至る坂道がかなりの急勾配で随分と辛かった。
ただ、この時点で、体調の悪さはどこへやら。
すっかりと回復したような気分になる。
不思議なもので、自転車に乗っているとだんだん元気になってくるようである。

「雨引山・楽法寺」(6世紀末創建・坂東三十三のひとつ)。
長い石段を登ると、古風な山門が迎えてくれる。

IMG_0021_20141103101457d1c.jpg
(趣のある長い石段)

IMG_0022_2014110310145936e.jpg
(山門)

山門脇の露天で、呑ちゃんのお土産に、柿を一山買う。
ここ常陸国の筑波山麓は、柿の名産地でもあるのだ。

その堂宇(観音堂)も、素晴らしい佇まい。
七五三の時節とあって、参拝客で賑わいを見せていた。
煌びやかな着物を着せられた子供たちが、境内を闊歩する孔雀に奇声を上げている。
Bさんは、読経を上げている・・・。

IMG_0025_20141103102049e8e.jpg
(観音堂)

IMG_0031_201411031020509f4.jpg
(境内に放ち飼いにされている孔雀)

IMG_0038_20141103102426dba.jpg
(曇っていたが、見晴らしもよい)

IMG_0042_20141103102428677.jpg
(少し離れたところにあった鐘楼も、なかなかの趣があった)

こうして、われわれは「下山」して、常総線の下館駅まで走り、そこから輪行で帰宅(途中、下妻駅も停まる・車中反省会もあり)。
秋の一日、筑波を走ることで、何だか元気になったようで、これが何よりもありがたかった。

このサイクリングを企画してくれたBさんに感謝。
後半、先導してくれたTCRさんにも感謝。

・Bさん(鎌ヶ谷)のこの日のブログもご参照。
http://blog.livedoor.jp/kyf01405/archives/41707699.html

IMG_0019_20141103103111de5.jpg

走行距離:76キロ(VIVALOロード)

小さな旅(自転車)    Comment(4)   Top↑

2014.11.04 Tue
11月4日(火)去れど我らが日々~連休明けはしょうがない
11月4日(火)去れど我らが日々~連休明けはしょうがない

連休明けは憂鬱である。
でも、一昨日の筑波サイクリングで元気になった私は、憂鬱なぞ物ともせずに出かけるのであった(決然!)。

いつものように、蔵前橋通りの「小諸蕎麦」で朝食。

今日は、ちょっと大変。
午前中に杉並の職場に行ってから、駿河台の職場に移動しなくてはならない。

途中、外苑の銀杏並木がどんな具合か確かめに、ちょっと遠回りをする。
四ッ谷三丁目から新宿通り(=甲州街道)を左折。
外苑東通りを進む。
四ッ谷界隈は、何故か、いつも警察官が一杯。

銀杏並木は、まだ、青々としていたので、がっかり。
警邏中のおまわりさんに聞けば、やはり、見頃は、勤労感謝の日ぐらいとのこと(当日は出勤だけど)。
おまわりさんに、自転車を褒められるが、どこか良いのか分からず。

神宮球場では、六大学の早慶戦。
既に、今季は明大の優勝が決まっているので消化試合のはず。
でも、球場からは、学生たちの声援が聞こえてくる。
頑張れ!

国立競技場からは、何やら工事の轟音。
東京五輪のために、疑惑の入札を経ての建設。
くれぐれも無駄な物を造らないように(まあ、言っても無駄だろうが)。

杉並の業務終了。
学生たちとお昼ご飯。
中華。
ウマい、ウマいと言って、学生たち、大いに食べる。
良い学生である。

大急ぎで、自転車に飛び乗って、駿河台へ。
四ッ谷付近、何故か渋滞。

不本意にも、ピストの若者が競走を挑んでくる。
挑んでも仕方がないのに、若いから仕方がない。
若いので、物を知らないのである。
仕方なく受ける。

信号が青になる前に、ピストの若者スタート。
おいおい、ずるいよ、青年。
ところが、何故か、ピストのチェーンは外れ、若者、哀しく路肩に脱落。
私、不戦勝・・・。
だから言ったじゃないの。

駿河台に到着。
会議。
長い会議。
ああ言えば、こう言う。

もつれる会議。
紛糾。
先行き見えず・・・。

誰も悪くない。
誰も良くない。

私が議長なので、大変に困る。
みんな、一生懸命なのに。
私、諦めて、終会を宣言!。

夜、卒業生と会う。
なかなかのナイスガイ(射撃の選手でもあった)。

卒業後、4年間務めた国会議員秘書を辞して、地元(土佐)で、政治家をめざすという。
大いに語り合う。
「頑張れよ!」。
涙が出る。

腹が減ったけど、美容のために我慢して帰宅。

走行距離:65キロ(ACクロス)

http://6119.teacup.com/danchoimage/bbs/1384

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。