日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2000.12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2003.11≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
「日録 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.11.15 Sun
「11月15日(日)『暁の挑戦』と午後の饗宴」
「11月15日(日)『暁の挑戦』と午後の饗宴」

朝から雨。
鶏の水炊きを拵えて食べる。

ケーブルTVで、『暁の挑戦』(1971年)を見る。
大正末期の「鶴見騒擾事件」をモデルにした作品。
土方と暴力団の抗争を描く。
珍しく、渡哲也が悪役に徹する。
傑作であった。

午後から友人宅へ(晴れる)。
誕生日会も兼ねた饗宴。
腕によりをかけた料理の数々に舌鼓。
談論風発の楽しいひとときだった。

走行距離:3キロ(ママチャリ)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/769631099812980
スポンサーサイト

日録    Comment(0)   Top↑

2015.11.14 Sat
「11月14日(土)雨の日の過ごし方~雨の日はしょうがないが・・・」
「11月14日(土)雨の日の過ごし方~雨の日はしょうがないが・・・」

この何週間か、週末は連続してサイクリングに出かけていたが、今週末は土日とも雨降りなので、いずれも中止。
中止になれば、もちろん、残念ではあるものの、反面、ホッとするような心地もして、不思議なもんだと思ったりする。

注文しておいたのんちゃんの自転車が届いた。
宮田自転車の「Quartz XLクオーツ エクセルライト」。
オートライト(ハブダイナモ式)で内装3段変速(26インチ・フルアルミフレーム)。
http://www.miyatabike.com/miyata/lineup/quartz_xl/quartz_xl.html

さっそく、車庫に持ち込んで、不要なる後輪のガードを外して、サドルとシートポストをスポーツタイプに交換。
これだけで、550グラムの軽量化。
ペダルの交換は、また、後日。

午前中、語り部の友人の「お話し会」を聞きにゆく(水元図書館)。
朝鮮の民話(「おむこさんの買い物」)、イギリスの昔話(「イグサのかさ」)、鹿児島の昔話など。
雨の日こそ、こういう物語世界が花開く。
人の声を介して物語を聞くと、独特の想像力を刺激されるものである。
とても気持ちの良い体験だった。

のんちゃんのお父さんと三人で、ランチ(水元の「ワンプレート」)。
赤葡萄酒でスパゲッティ。
雨の降るバス通りを眺めながら、談論風発の楽しい食事。

午後は、案の定、映画(『キラーエリート』)を見ながら、昼寝に勤しむ。

晩餐は、語り部の友人たちと近所のお好み焼屋(「道頓堀」)で、賑やかな一時。
関東では、お好み焼きは自分で焼くのである。
これは、BBQ的な楽しさがあって良い。
Eさんは、とても上手に、いかも、手際よく、もんじゃ焼きやお好み焼きを仕上げてくれる。
いわば、われわれの専属シェフ。

傘をさして歩いて帰る。
水たまりに街灯が滲む。

明日も、雨か。
「雨の日はしょうがない」(別役実)が、これはこれで、なかなかいいもんだ。

この日ののんちゃんのブログもご参照。
http://marichandengana.blog80.fc2.com/blog-entry-760.html

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/769253496517407

日録    Comment(0)   Top↑

2015.11.14 Sat
「ラジオ体操~やっぱり家でもやるか」
「ラジオ体操~やっぱり家でもやるか」。

私は、生来、身体が固い方なので、10ヶ月前からラジオ体操を始めた。
最初の頃は、月に20回ほど行っていたが、最近は、週1回ぐらいしかやらなくなってしまった。

すると、身体は正直で、腰や背中が重くなってきて、整体師からも、注意を受けるようになった。

家からラジオ体操会場までは、約1キロ。
自転車で会場近くまで行って、ラジオ体操(第一と第二)をして帰ると、約30分を要する。

ところが、この30分がなかなか取れない。
仕事の日は、朝方、いろいろ準備があるし、そもそも、ラジオ体操が始まる前に家を出なければならない日もある。
しかも、私の通っている会場は、日曜祝日と雨天は休み。

そんなわけで、今後は、場合によっては、家でやってみることにした。
ただ、これまでは、室内でラジオやテレビを視聴しながらやることだけはしたくないと思っていた。
何となく、陰気臭くてねえ。

ネット上で、ラジオ体操の動画を探してみた。
何とか、楽しくやれそうな動画を発見した。
体操のお姉さんが一杯出ていて、しかも、晴れやかな水着姿。

これなら、室内ラジオ体操も、明るくエンジョイできそうである。

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/768930013216422

日録    Comment(0)   Top↑

2015.11.13 Fri
「11月13日(金)通常通勤」
「11月13日(金)通常通勤」

ラジオ体操。

9時出発。
寒いので防風衣を羽織る。

遅めの朝食は立ち食い蕎麦。
駿河台に自転車を停め、神保町から鉄道。

学生たちとランチ(ローストポーク)。
どうして母親が、出かける際にあんなに時間がかかるかという話題で盛り上がる。

駿河台から自転車に乗って帰る。
途中、向島散歩。

のんちゃんが飲み会で遅いので、一人で貧しい晩飯を食べる。

走行距離:37キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/768802273229196

日録    Comment(0)   Top↑

2015.11.12 Thu
「11月12日(木)ゆったりと休む」
「11月12日(木)ゆったりと休む」

久々にラジオ体操。
ちょっと肌寒い。

足立の「明神の湯」へ。
湯に浸かって、整体。
いつもの整体師にいつも通りやってもらうも、身体がガチガチ。
大分、仕事のストレスが溜まっているようだ。

亀有の「ビストロ ビスク」でステーキランチ。
う~ん、ここはやっぱり良心的だなあ。
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13058907/

買い物(牛乳、豆乳、ビールなど)をして帰宅。
ケーブルTVで映画(『テレマークの要塞』「原子爆弾を阻止したスキーの男たち」)を見ながら昼寝。

夕飯は、のんちゃんと待ち合わせて、金町の「まねき」で。
明太焼うどんがウマかった。
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13134810/

走行距離:16キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/768438083265615

日録    Comment(0)   Top↑

2015.06.22 Mon
6月22日(月)「通常自転車通勤~夏至の夜~金町の店を開拓」
6月22日(月)「通常自転車通勤~夏至の夜~金町の店を開拓」

夏至。

最近の自転車通勤では、ルートも夏仕様。
なるべく日陰のある道を求めて、たとえば、首都高の下などを走る。
陽光は、雨と同様、天からふりそそぐものなので、結果として、雨の日の通勤ルートに近くなるわけだ。

夕方に業務終了。
冬ならば真っ暗な時間帯だが、夏至の今頃は、まるで昼間のように明るい。

呑ちゃんと金町の通称「もつ焼き街道」で待ち合わせ。
何だか今夜は、新しい店を開拓したい気分。
こうした高揚感も、夏至の夜(ミッドサマーナイト)のせいだろうか。

西欧では、夏至の夜、深い森の中に妖精たちが集うという(シェイクスピアの『夏の夜の夢』)。
人間たちも、この夜だけは、平素の常軌を逸した大胆な行動をしたりするともいう。

もつ焼き街道の京成線踏切から数軒目の「食粋まねき」(葛飾区金町5-36-8)に入ってみることに。
夫婦で切り盛りしている席数17~8の小さな店。
http://dinner.tokyo-review.com/2013/07/post-498.html

つくね、豚肉の西京漬け、焼きナス、枝豆、揚げ出し豆腐、自家製糠漬け、刺身類・・・。
どれを頼んでも、きちんとした手際が冴えわたっている。
〆は、おにぎりとシジミの味噌汁。

帰り際、わざわざ厨房からご主人まで出てきて丁寧な挨拶を受けた。
素晴らしい店であった。
これからも度々来ることにしよう。

夏至の夜は、昼の終わりではなく、昼の延長線である。
床についてから、さまざまな不思議な夢を見たのは、言うまでもない。

走行距離:36キロ(VIVALOロード)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/711531015622989

日録    Comment(0)   Top↑

2015.06.21 Sun
6月21日(日)「朝の自転車散歩~肉の買い出し~映画・午睡・料理」
6月21日(日)「朝の自転車散歩~肉の買い出し~映画・午睡・料理」

今日の予報は一日中雨である。

運動不足にならにように、降っていないうちに自転車で出かける。

今朝は、起きた瞬間から、ローストポークが食べたくて、そのための買い出しが当面の目的である。
こんな時にありがたいのが、「肉のハナマサ」。
24時間営業だからである。
中川を渡って亀有の「肉のハナマサ」へ。

店に着く直前から雨が降り始めたので、猛スピードでペダルをこぐ。
途中、寺の境内に3メーターもあろうかという立葵に驚く。

路地では、酔っ払いが朝から喧嘩をしていた・・・。

豚肩塊1キロ、アバラ薄切り500グラム、バカルディ・モヒート、ニンジン、玉ねぎなどを買う。

大急ぎで帰宅して、さっそくローストポークの仕込みを始める。

遅い朝食は、味噌汁・納豆・卵焼き・焼き海苔。

あとはソファに寝転んで、ケーブルTVで映画三昧。

・『天国と地獄』(1963年、黒澤明監督)
濃密な時間と軽快なテンポの両立に驚く。
横浜のどや街の映像は、時代のドキュメントとしても素晴らしい。
三船の演技に感心。

・『雨あがる』(2000年、山本周五郎原作、黒澤明脚本)
とにかく脚本が良い。
寺尾聡と宮崎美子の演技とカメラワークだけでもっている作品。
名優で固めながらも、脇役はほぼ全滅(殿様役は素人並)。
脚本さえよければ、そこそこの映画が作れるという良い見本。

映画の後は、モヒートを飲んで昼寝。
眠たくはないものの、横になると、いくらでも眠れる

夕食は、仕込んでおいたローストポークを焼く。
出来は、まずまずか・・・。

走行距離:10キロ(VIVALOロード)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/710959802346777

日録    Comment(0)   Top↑

2015.06.18 Thu
この3日間
この3日間。

どうも仕事が忙しくて、あたふたしている今日この頃。

自転車で走っていると、どこからともなくクチナシの花の香。
イチジクの香も漂ってくる。

クチナシも、イチジクも、何だか桃源郷を連想させるような気がする。
秘密の花園で、ゆっくりと休みたいものである・・・。

三日間の走行距離:130キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/709500952492662

日録    Comment(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。