日々の身辺雑記や考えたことなどを徒然なるままに書き連ねる「断腸亭日録」です。
映画の日々 | エッセイ | 思い出 | 身辺雑記 | 日録 |  | 自転車 |  | 小さな旅(自転車) | 小さな旅 | 旅(自転車) | 未分類 | 自転車文学 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
断腸亭日録~自転車日記
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

higedancho

Author:higedancho
断腸亭髭爺です。
自転車関係の日記が多いです。
よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
ブロとも一覧
「小さな旅(自転車) 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.11.07 Sat
「11月7日(土)美味しい餃子を求めて」
「11月7日(土)美味しい餃子を求めて」

輪友から、千葉に美味しい餃子屋があるというので、数人で話しを合わせて食べに行くことにした。

やや早目に出発。

最近、歩行量が少なくなりがちなので、途中、「里見公園」(国府台)に寄って、ウォーキングをする。

その後、「葛飾八幡」(菊祭り開催中)の大銀杏の色付き具合を確認。
もうちょっとかな。

京成八幡駅から勝田台駅(京成線)まで輪行。
集合場所の勝田台駅南口のコンビニへ。

6台で(ロード5、ミニベロ1)車列を連ねて、旧道と谷津道を走り抜ける。

「餃子の並商」(千葉市若葉区若松)に到着。
http://tabelog.com/chiba/A1201/A120105/12033918/

開店前に到着。
黒いトレーラーハウスを改造した店。
駐車場広し。

開店と同時に入店。
私は、餃子定食ダブルを注文。
こんがり狐色に焼き目のついた、いかにもウマそうな餃子(ワンタンスープと焼売付)。

餃子は大したうまさで、これなら、3枚ぐらいは食べられそうである。
ご飯ものや麺類を頼んだ仲間もいたが、こちらは「普通」だったという。

昼食後、コンビニでコーヒーを飲んで解散。

私は、再び、勝田台駅まで取って返し、京成高砂駅まで輪行。

さて、今夜は、また、のんちゃんのライブである。

この日のエンツォさんのブログもご参照。
http://adversewind.blog.fc2.com/blog-entry-213.html

走行距離:43キロ(VIVALOロード)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/766567130119377
スポンサーサイト

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.11.06 Fri
「11月6日(金)水元公園散歩」
「11月6日(金)水元公園散歩」

休み。

水元公園を自転車と徒歩でのんびりと散策。

冬の渡り鳥が続々と飛来しているようで、鳥オジサンたち、カメラのレンズ越しに樹上を狙っている。

関東南部の紅葉はまだだが、なかには、真っ赤に染まっている樹もある。

豚カツの「林や」(三郷)で昼飯。
その後、「カワセミの里」で、読書→昼寝。

買い物(ペット茶、野菜類など)をして帰宅。

晩飯は、味噌ラーメンを拵えて食べる。

走行距離:15キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/766233060152784

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.11.05 Thu
「11月5日(木)仕事帰りに谷中散歩~墓場で弁当を食べてたら写真を撮られる」
「11月5日(木)仕事帰りに谷中散歩~墓場で弁当を食べてたら写真を撮られる」

晩秋の好天。
8時に出発。
蔵前橋通りの立ち食い蕎麦屋で朝食。

昼下がりには業務終了。

まだ日が高いので、ルンルン気分でサドルに跨る。
さあ、腹が減ったぞ。
天気が良いので、どこぞで弁当を買って、野外で昼飯を食べたい気分。

とりあえず、上野公園へ。
不忍池には、焼きそばや焼き鳥を売る露店はあっても、適当な弁当屋が見つからない。

仕方なく谷中(やなか)へ抜ける。
戦災に遭わなかった谷中は、古い町並みが残っていて楽しい。

谷中銀座で弁当を確保(480円)。
さっそく、「谷中墓地」で食べる。
桜の切り株に腰かけて。

空腹だったので、夢中で弁当を食べていると、何やら背後で人の気配がしたので振り向くと、外国人観光客(白人)複数が、こちらにカメラを向けて笑っている。
何を撮っているのかなあと思ったら、どうも、弁当を食べている私を撮影しているようである。
なるほど、墓場でランチボックスを広げているのが珍しかったのかな・・・。
はいはい、勝手に撮りなさい。

谷中を抜けて、西日暮里~町屋~千住~綾瀬で帰宅。

ラグビー・スコットランド×サモア戦の再放送を途中から見る。
サモアが勝っていれば、日本が決勝リーグに出られたのだが。
3点差でスコットランド勝利。

さて、夕飯は、豚鍋にするつもり。
そろそろ、のんちゃんが帰ってくるぞ。

走行距離:41キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/765827320193358

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.11.04 Wed
「11月4日(水)大川の夕景」
「11月4日(水)大川の夕景」

昨日の疲れがちょっとねえ~。
でも、好きでやってることには、文句は言わないっ!・・・。

6時に出発。
指切り手袋では寒い。

隅田川堤で缶コーヒー。
冷たい。

駿河台に自転車を停め、駿河台下の立ち食い蕎麦屋に飛び込んで朝飯。
懐かしい神保町の裏路地を歩く。
若い頃には、こういう魅力には気付かなかった。

新宿線で杉並の職場へ。

昼下がりに、「強引」に業務終了。

駿河台に停めてあった自転車を拾う。

大川(隅田川)夕景を望む。
泣きたくなる・・・。

夕飯は、のんちゃんと待ち合わせて、金町「ラグー」。
土曜ライブの打ち合わせ。

眠たい、眠たい、眠たい・・・。

走行距離:36キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/765529940223096

小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.11.03 Tue
「11月3日(火)晩秋・筑波サイクリング~自転車ゼミ走行実習」
「11月3日(火)晩秋・筑波サイクリング~自転車ゼミ走行実習」

わが自転車ゼミの走行実習として、晩秋の筑波山に登ってみることにした。
そもそものプランを立てたのは、ゼミ員の男子学生だが、私がそれに手を入れて、経路やスケジュールを立案した。

その実走経路地図;距離約50キロ、累積獲得標高505メートル


参加者は、今年度の自転車ゼミ員5名、去年のメンバー2名、その他の学生1名。
それに、サポーターとして、テガさん(我孫子)、均ちゃん(行徳)、亀さん(幕張)、NOBさん(三郷)、しゃあさん(足立)が馳せ参じてくれた。
つまりは、総勢14名。
自転車の内訳は、ロード9、クロス5。
男女内訳は、男12、女2。

私は、三郷中央駅まで自走、そして輪行。

9時半に、つくばエクスプレスのつくば駅A2出口に集合とのことながら、何名かが遅刻。
しかも、自転車の組み立てに手間取る(クイックレバーの締め方を未だに体得してない者2名)。
整備不良もあった(ブレーキの片効き、空気圧不足など)。
また、ヘルメットを忘れてきた学生も1名。

10時にやっと出発。
私が先導して、車列の所々に、サポーターに入ってもらう。

筑波山の裾野に広がる田園地帯を縫うようにして、古道や農道を走り抜ける14台の自転車。
やがて、山頂に雲を従えた筑波山の山容を眼前に捉える。

登り口に近い平沢官衙(ヤマト政権時代の、常陸国筑波郡の役所)跡で休憩。
テガさんによる不動峠攻略指南の後、いよいよ登り始める。
しばらくして、後ろの方で、女子学生の悲鳴。
何かと思って戻ってみると、単に急坂に驚いたというだけだった・・・。

先発隊は、テガさんに率いられて、どんどん登ってゆく。
私は、後発隊を要所要所で待って、休憩を取りながらゆっくり登る。
見晴らしの良い所や、湧水の出ている所。

やっとのことで、全員、不動峠を登り切る。
賑々しく記念撮影。

しばらく、歓談休憩の後、次は、風返し峠を目指して出発。
筑波スカイラインの起伏を走る。
登ったり下ったり。

筑波スカイラインは、基本的に尾根道なので、ときたま、常陸国の実り豊かな田園地帯が一望できる場所がある。
そんなところで休憩を取りながら、だらだらこつこつと走る。

何だかんだの八百八町。
これまた、やっとのことで、風返し峠に到着。
先発隊は、かなり待ちぼうけを食らうことになったのではないか。

ここで、さらに上にあるつつじヶ丘への道を見上げれば、かなりの交通量。
しかも、食堂も大混雑であると思われる。
加えて、ここまでの登攀に予想以上の時間を食ってしまったので、時間も押している。

相談の上、つつじヶ丘は諦めて、麓に降りて昼食をとることに。
県道42号を下る。
登り車線は、紅葉狩りのクルマで大渋滞。

この下りで、学生の一人がパンク。
それに、別の一人が転倒(左手指に擦過傷)。
いずれも、サポーターの助けを得て、事なきを得るも、パンク学生は、チューブ不携帯にて、均ちゃんたちのお世話になる(感謝)。

飢餓状態すれすれの一行は、りんりんロード(CR)を走って、途中のラーメン屋(「北条」)で、やっと昼食にありつくことができた。
http://tabelog.com/ibaraki/A0802/A080201/8017168/

帰路は、芝畑、キャベツ畑の続く長閑な田園地帯を走る。
16時過ぎにつくば駅に到着。
均ちゃん、亀さん、NOBさんの助けを借りて、学生たちの自転車バラしとパッキング。

やっとのことで、つくばエクスプレスに乗り込む。
つくばエクスプレスは、2及び5号車に、車椅子スペースあり。

絵の具で染めたような夕日に富士山のシルエット。
三郷中央駅で下車。
既に真っ暗であった。

水元公園まで均ちゃんと走ってお別れ。
温かい夜道を帰宅したのだった。

サポートしてくれた皆さん、ありがとう。

夕飯は、近所のお好み焼屋「道頓堀」。
のんちゃんが、もんじゃ焼きを焼いてくれた。

反省点が多いサイクリングだった。
来週にも、きちんと議論しておく必要あり。

走行距離:64キロ(VIVALOロード)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/765318136910943

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.10.31 Sat
「10月31日(土)買い物サイクリング~靴を探して~交通事故に遭遇」
「10月31日(土)買い物サイクリング~靴を探して~交通事故に遭遇」

昨日、のんちゃんの通勤用ママチャリ前輪がパンク。

しかし、いわゆる穴あきパンクではなく、弁の劣化であった。
虫ゴム(英式バルブの弁)を探すべく、押し入れの段ボールを引っ掻き回していると、出てくる出てくる、消費税が上がる前に買いだめしておいたロード用のタイヤの数々。

こんなにたくさんストックがあるのをすっかり忘れていて、その後、この5月ごろ、さらに買い溜めしてしまっていたのだ。
タイヤは、使わなくても経年劣化するので、さっそく今朝、朝っぱらからタイヤの交換。
でも、交換を要するのは、通勤用自転車(ACクロス)の後輪と、近所移動用自転車(ルイガノクロス)の前輪ぐらい。

ロード(VIVALO)の前輪は、あと1000キロは走れそうだし、後輪もまだ大丈夫だけど、この際だから、明日あたり、交換しようか。

このところ、毎週末、サイクリングで遠出していたので、生活物資が枯渇してきた。
自転車(ACクロス)に乗って、買い物に。

先ずは、痛んできた靴を買いに、市川大野のホームセンターへ。
普段、私が使っている靴は、ダンロップの運動靴。
この数年間、ずっと同じ靴を買い続けている。
現在使っているもので、7足目。

どうしてこの靴が良いかと言えば、トゥークリップ(ペダルと靴を固定する器具)との相性が抜群だからである。
しかも、歩き安く、壊れにくく、比較的軽量(550グラム)で、価格も安い。
3年ぐらい前までは、3000円ぐらいだったが、アベくんの仕業で、近頃は、20%ぐらい高くなってしまった。

因みに、最初に自転車の空気タイヤを考案製造したのは、ダンロップ社である。

この靴は、いつも、市川大野のホームセンターか、その並びにある「靴卸売センター」に来れば、すぐに手に入る。
ところが、今日は、目を皿のようにして探しても見つからない。
つま先がワイドの類似品はある。
しかし、これでは、トゥークリップを捕まえにくい形状である。

がっかりして帰路に着く。
おまけに雨まで落ちてくる。

地元に戻って、買い物(うどん、トイレットペーパー、ペット茶、ビールなど)をして、いったん、帰宅。

昼は、夕べの鍋料理を仕立てなおして、鍋焼きうどんを拵えて食べる。

ちょっと休憩をして、今度は、立石のホームセンターに行ってみることに。
市川大野のそれと同系列の店だからである。

売場を懸命に探し回ると、ありました!
しかも、ラスト一足商品として、1割引き。
良かったぁ~。
喜び勇んでレジで会計を済ます。

これに味をしめて、青戸の靴屋も寄ってみる。
こうなったら、片端から買い占めてやろうという悪徳不動産のような心境である。
あったぁ~、と思ったら、サイズ違い。
26センチのものは在庫なし。
店のお姉さんに聞いたら、やはり、生産終了商品だという・・・。

青戸の路地を抜けて、久しぶりに環七を走ると大渋滞。
なんだろうと思って先へ走っていくと十字路で事故。
まだ、起こったばかりのようである。

状況からして、直進するバイクと右折するクルマとの衝突事故。
バイクの運転手とみられる若い男が歩道で、通行人から介抱を受けている。
いわゆる「右直」事故。
信号次第だが、たぶん、右折のクルマに非があると思われる。
いやいや、他山の石とせねば・・・。

地元のスーパーで買い出し。
4リットル焼酎、1リットル麺つゆ、豚肉、豆乳など。

道のあちこちに、西欧の悪魔や妖精のような恰好をした子どもたちが歩いている。
何という馬鹿らしいことをしていることか。

さて、今日はのんちゃんの誕生日。
夕飯は何にしようかな。

走行距離:44キロ(ACクロス)

https://www.facebook.com/atsushi.nagae.9/posts/764081393701284

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

2015.10.22 Thu
10月22日(木)両総谷津道サイクリング~レバテキを求めて
「10月22日(木)両総谷津道サイクリング~レバテキを求めて」

輪友の愚兵衛さん(白井)から、美味しいレバテキを食べさせる店があるので、行ってみませんかというお誘い。

四足(牛や豚)であれ、二足(鳥類)であれ、無足(魚介類)であれ、肝臓(レバー)には目のない私は、二つ返事で同道をお願いした次第。

成田山新勝寺総門前に、9時半集合とのこと。

私は、例によって、京成高砂駅から輪行。
平日の通勤通学時間帯とあって、車内が混雑していて、多少苦労する。

成田山新勝寺総門前。
朝から、英語、中国語、韓国語が飛び交っている。
山門前の石燈籠に座って煙草を吸っていると、チタンのロードに乗った愚兵衛さん登場。

IMG_5957.jpg

今日の道筋は、下総と上総の国境付近の谷津道を巡るルート。
「道の魔術師」の異名をとる愚兵衛さんだけあって、道筋の風景は、涙がでそうなぐらい懐かしい雰囲気を醸している。

IMG_5969.jpg

そうなのである。
愚兵衛さんが、道を「辿って」いるのではない。
道の方が、愚兵衛さんに「吸い寄せ」られて、眼前に湧き上がってくるが如し。

IMG_5974.jpg

里芋、ニンジン、そして何よりも、全国でも有名な落花生の畑が続く。
土と肥(こえ)の匂いに、訪れたことのない「古(いにしえ)」を感じる。

IMG_5990.jpg

ちょうど11時に、レバテキと担担麺の店「中華料理 佐久間」(千葉県山武市埴谷)に到着(因みに、佐久間という性は、大網周辺に多し)。
http://tabelog.com/chiba/A1205/A120503/12025648/

IMG_5981.jpg

ご主人はとても気立てと愛想の良い人柄。
朗らかで屈託がない。

さっそくレバテキ定食を注文。
豚モツ煮込みのサービスあり。
内臓料理の好きな私にはたまらない美味しさ。
ビールがあったら、最高なのに。

レバテキ定食。
甘めのタレ。
薄切りのレバーにしっとりと味がよく絡む。
新鮮な千切りキャベツのザクザク感もたまらない。

IMG_5984.jpg

愚兵衛さんは、担担麺も頼んだ。
お裾分けしてしてもらって食べた。
優しい味付けである。

変なこだわりも、グルメを気取るでもなくて、安定感のある、居心地の良いお店。
この店は、いずれ、飲みに来たいものだ。

帰路も、谷津道をを軸に走る。
途中、八街(やちまた)で大休止(ソフトクリーム)。

「八街郷土資料館」見学。
野馬土手や御成道関係の展示あり。

IMG_6005.jpg

IMG_6000.jpg

佐倉で愚兵衛さんと別れる。
感謝。

京成佐倉駅から高砂駅まで輪行。

蟹、糠漬けなどを買い出して帰宅。

実に有意義な一日だった。

今日の実走経路地図;


走行距離:60キロ(VIVALOロード)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用
小さな旅(自転車)    Comment(1)   Top↑

2015.10.18 Sun
10月18日(日)上総サイクリング~「元祖」九州ラーメンを求めて
「10月18日(日)上総サイクリング~「元祖」九州ラーメンを求めて」

輪友Bさん(鎌ケ谷)から、「毎度バカバカしい」サイクリング企画のお誘い。

上総(かずさ)国は君津に、「元祖」九州ラーメンを食わせる店があるという。
しかも、一杯270円だとも。
九州ラーメンの「元祖」が千葉県にあるというだけで、思い切り眉唾物であるが、何というか、そこんところの、ある種の不可解性が面白くて参加した。

京成高砂駅から京成ちはら線の学園前駅まで輪行。
駅に降りてみると、誰もいない。
今日は、ちはら台駅集合に変更になったという連絡。
急いで自転車を組み立てて、ちはら台駅まで走り、どうにか集合時間(8時)に間に合う。

メンバーは、私を含めて4人。
ロード3(クロモリ2、カーボン1)とリカンベント1。

上総の長閑な山里を抜ける。
気持ちの良い秋風が背中を押してくれて快走。

IMG_5880.jpg

IMG_5885.jpg

すっかり稲刈りが済んだ田園には、一面の大根畑。
収穫の終わった落花生畑(いわゆる「ぼっち」があちこちに)。
農家の庭先には、意表を突くように、真っ赤な鶏頭。
コスモス畑。
そして、柿。
至る所に色づいた柿、柿、柿。

IMG_5900.jpg

IMG_5887.jpg

いくつかの小さな峠を越えて、君津のラーメン屋に到着。
満席にて、15分ほど待って、入店。
全員、奮発して、チャーシュー麺を注文。
と言っても、450円だけど。

IMG_5905.jpg

食べてみると、見てくれはともかく、これが何と、ほとんど九州ラーメンぽくない。
ただし、チャーシューがウマい。
煮豚ではなくて、ちゃんとローストしたもののようである。
九州ラーメンだと思うと首をかしげるが、普通のラーメンと思って食べるとウマい(おでんが有名らしく、ほとんどのお客さんがおでんも注文していた)。
http://tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12007487/

IMG_5908.jpg

「元祖」と銘打っているのは、九州ラーメンの「元祖」ではなく、千葉県君津市の中では「元祖」という意味だと了解した次第。

帰路は、海岸線よりの幹線道や旧道を走り継ぐ。

人見神社の石段を登る。
絶景であった。

IMG_5913.jpg

IMG_5921.jpg

五井駅(内房線)で終了。
ささっと軽い「反省」をして、内房線~総武線を乗り継いで、小岩駅下車。

上総の国に、九州を探すのは困難であることが分かったサイクリングだった。

走行距離:約100キロ(VIVALOロード)

テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報
小さな旅(自転車)    Comment(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。